Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪って何?

犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


ラジオで絶賛されており購入。

現役弁護士による様々な犯罪をテーマにした短編集。

ドイツで文学賞を席巻したというだけあって一篇一篇は短いが中身の濃いものばかり。

犯罪とは法律を犯して罪となり刑を科せられるもの。

法律があるから犯罪がある。
人を殺したら犯罪。
まぎれもなく。

でもそこにはそこに至る様々な背景や理由、生い立ち、偶発性が重なる。

犯罪で裁かれるのは殺した人。
でもほんとにそれでいいのか?
そんなことを考えさせられる。

昔はもっと単純だった。
社会が固定化されて身分があって宗教があって。
価値観が固定されているから罪も明白。
周りがみても誰が悪いのかがはっきりしてた。
罪を犯したほうだって多分わかってた。

それがこの現代、価値観が定まらない。
宗教が入り混じって、希薄化したり、原理主義に触れたり。
どこにも移民が入ってきて絡み合う。
民主主義なんていって自己責任とか自由とかで貧困がはびこる。
身分なんてないはずなのに歴然とした格差の固定化。
人権とかいってハンディキャップドや精神疾患者を無理やり融合させる。

そんなとこから犯罪が生まれる。
法律ではわりきれない、裁ききれない。
でも裁く。法律だから。

そんな理不尽な割り切れない犯罪の数々を描き出しています。

私が気に入ったのは「サマータイム」という短編。

女子大生がホテルで殺された。

容疑者はパレスチナ難民で元麻薬売人の彼氏か
実業界でやり手で通る大社長か?

単なる交際の乱れの殺人にドイツの社会背景の矛盾がからむ。
結末は理不尽。
それでいてなにか嫌な気がしない不思議な小説です。


以上













追記を表示

人生のリスク分散

大震災の後で人生について語るということ大震災の後で人生について語るということ
(2011/07/30)
橘 玲

商品詳細を見る


ゴミ投資家シリーズからのファンです。

人生について考えさせられる。
というか悩みのたねを与えてくれる。

右肩上がりの成長が終わったことは認識しつつも
それをベースに作られた価値観にいまでもひきづられてしまう。

著者のいう四つの神話の終わり
不動産神話 持ち家買うべし
会社神話  定年まで働くべし
円神話  やっぱ資産は円で
国家神話  年金もらえるよ

神話を神話と思わずにリスク分散しろって指南をしてくれる。
わかっちゃいるけどなかなか思い切れないってのが現状。

ゴミ投資家シリーズは90年代末ですからもう十年以上立つわけです。

でも相変わらず同じ会社にどっぷりですし
ポートフォリオは持ち家ローンがほとんどだし
外国株では大損してやめたし
社会保険料も払い続けてる。

震災後に思うのはひとところに全てをゆだねているのは
やっぱリスクが高いってこと。
でもその反面コミュニティの重要さも再認識させられてる。
このバランスは永遠の課題であります。

ただ一ついえるのは
世の中の流れにただ流されて泣き言いうのではなく
自らが意思をもって進んでゆきたいということ。

そのためには社会の構造と進み方を理解しつつ
ポジションを明確にとっていきたい。

社会でいうなら著者のいう
スペシャリストとバックオフィス、
クリエイティブクラスとマックジョブでいうなら
前者をとりたい。

とりたいというだけで現状はそうなっていない。
取替え可能で拡張性はない。中途半端。

すくなくとも意思だけもって進みたい。
バザールの中を。

以上














維新の裏面から今を見る

西郷隆盛伝説 (角川文庫)西郷隆盛伝説 (角川文庫)
(2010/07/24)
佐高 信

商品詳細を見る


佐高信と西郷隆盛の組み合わせが意外だったのですが
南洲翁遺訓は荘内藩士が編纂したとのことでなっとく。
戊辰の敵国荘内がなんで維新の英雄西郷の?

東北各地と西郷の関わりが濃密に語られます。
現代まで連なる恨みつらみ。
同じ東北でも会津は秋田が大嫌いなんてことはまったくの初耳。

今の震災でもそんな歴史をひきずってたりするのかな?
前復興大臣が「九州人だから東北の地名はわからん」なんていっちゃうのは
薩長にやられた東北からしてみたらとんでもない話かも。


本書では明治維新の裏面史が語られますが私が興味をもったのはニセ官軍。

西郷は江戸末期、倒幕の気運を高めるため、江戸市中を混乱させようとたくらんだ。
その主役となったのが下総出身相楽総三率いる赤報隊。

江戸市中で暴行略奪を繰り返し、豪農に押し入るなどして軍資金も調達した。
それが功を奏して治安は極度に悪化し江戸市民を不安に陥れた。

もうひとつの作戦は人口の80%をしめる農民の薩長支持を取り付けること。
ここでも相楽らが活躍。

徳川の世の中を終わらせれば年貢が半分にするぞ!

こうして農民達は一気に薩長支持に回ったそうです。

そして明治の夜明けがやってくる。
維新の英雄として讃えられる。

と思ったら大間違い。

なんと相楽らはニセ官軍として処刑されてしまった。

なんで?

年貢を半分になんてできないから。
政権打倒のためならなんでも言いますけど
年貢半減なんてはじめからできるわけがない。
そこで考えた。
年貢半減を言いまわっていた奴らは官軍ではない
民心を愚弄したニセ官軍であると。

なんかこれ、今の政治も同じだ。

子ども手当て、高校無償化、高速道路無料化。

政権とったら財源ないよって。
子ども手当てを主張してるグループがもうすぐ切られそう。

挙句は増税?

スケールはちっちゃいが同じことですね。
しかし悲しいのは江戸の農民の時代からちっとも変わってない平成の選挙民。

騙されちゃうんだよね簡単に。

愚者は経験に学ぶ
賢者は歴史に学ぶ


以上

















原発に絡んだ本いろいろ

最近、原発がらみの本ばっかり読んでしまいます。

①そもそも原発はどうやって導入されたのか?
どうせアメリカに無理やりやらされたんでしょ?

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)
(2008/02)
有馬 哲夫

商品詳細を見る


そんなに単純でもないようです。
読売新聞社主 正力松太郎はCIAのエージェントであったといわれていますが
操縦しやすい使いっぱしりではなかったようです。

原子力の平和利用ってのが当時のキーワードだったわけですが
正力さんが推し進めたのは、技術がわかってたわけでもなく
思想があったわけでもなく、
総理を狙うための道具にしたかったんですって。

こんなにも重大な選択をあまりにもあっけらかんと推し進めてた。
ちょっと軽すぎる。

でもアメリカの言いなりじゃなかったのがせめてもの救いかな。

アメリカははじめはむしろ、かつての敵国日本に危険な武器をになりえる
原子力を授けることは躊躇があった。
それをイギリスと競争させてその気にさせる。
なかなかの腹の据わったオヤジです。


②今度はこちら。
原子力村ってホントにあるの?

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件知事抹殺 つくられた福島県汚職事件
(2009/09/10)
佐藤 栄佐久

商品詳細を見る


福島原発の立地県である福島県知事失脚のお話。
東電の事故隠しに憤ったかつての原発推進知事は再稼動を拒否する。
あげくは親戚がらみの贈収賄で逮捕。

この本は原発事故の前(2009年)に出版されていることに意義がある。
原発問題、検察問題、道州制と昨今話題のネタの裏が見える。

まさにその地で大事故が起こるというのが歴史の皮肉。

③放射線を浴びると?

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
(2006/09)
NHK「東海村臨界事故」取材班

商品詳細を見る



東海村臨界事故被害者治療の記録。

壮絶。
想像を超える。

今回の事故は大きな爆発がありましたが
いまのところ死者はなく、何ミリシーベルトだとか
通常の何千倍だとか、何ベクレルだとか
なんだか現実離れしていて、怖いんだけど
何を怖がっていいのかわからない。

でもこの記録を読むと恐ろしさがリアリティを持って迫ってくる。

何よりも恐ろしいのは浴びた直後はただ腫れているだけで
さした変化もないように見えるのに
わずか数日で内側から破壊されて制御不能になること。

福島の事故でも汚染水に足をつけた作業員のかたが
すぐに何もなかったように退院されたがその後はどうなったんだろうか?

④原爆投下のホントの理由は?
トルーマン・レター (集英社文庫)トルーマン・レター (集英社文庫)
(2004/07/21)
高嶋 哲夫

商品詳細を見る


こちらはミステリー小説。著者は原発関連小説を多く書いています。元原子力研究者。

トルーマンが恋人に送った手紙に原爆投下のホントの理由が!?

石原莞爾が言ってたな。
最大の戦犯はトルーマンだって。



とりあえずここまでにしときましょう。
まだ原発本のつづきが。

以上




















鉄道と天皇

「鉄学」概論―車窓から眺める日本近現代史 (新潮文庫)「鉄学」概論―車窓から眺める日本近現代史 (新潮文庫)
(2011/01/01)
原 武史

商品詳細を見る


私は鉄っちゃんではないのですがなぜかテーマに惹かれました。

車窓から眺める近現代史。

日本ほどくまなく鉄道がはりめぐらされてる国ってないんじゃないのかな。
しかもモータリゼーションの世の中じゃ
この鉄道大国日本は空前絶後かもしれません。

この鉄道をよく利用した人に歴代天皇がいます。
明治、大正、昭和と鉄道を利用して日本中を巡幸した。

著者いわく
近代日本の天皇制において臣民に天皇の姿を拝ませる
視覚的支配を目的としていたと。

自動車とちがってダイヤがしっかりしている。
船とちがって移動している最中だって臣民とせっしている。

何時何分、天皇を乗せた列車がやってくる。
降りなくたってよい。
通過するだけでありがたい。

しかも天皇が乗る御料車には運転制御表示機なるものがついており
天皇が止まりたいところで停車を指示出来たとのこと。

移動中に沿道を埋める臣民達のために
停車して手を振るなんてことも。

ありがたやありがたや。
こうして国がひとつになるわけです。

明治大正昭和と天皇が巡幸した詳細な路線図には圧倒されてしまいます。

今も天皇皇后が被災地をまわっていますが
こちらは自動車で行かれているのですかね。
被災地ピンポイントでなくその行程でも天皇の姿が拝めると更に多くの人が勇気付けられるでしょう。


さらに天皇を身近に感じられたものとして東京には都電がありました。
明治末期から昭和30年代まで東京都心の路面電車は皇居をとりまいて走っていたと。

半蔵門、桜田門と停留所を通るたび、本物の門を見ていたのです。
意識せずとも皇居に畏敬をいだきつつ。空間的にも視覚的にも。

それが全部地下鉄になっちゃった。
半蔵門も桜田門もしょっちゅう通ってますが本物は見たことない。
皇居を意識するのは地下鉄がまっすぐ進めなくて不便を感じることくらい。
以前は日本の中心が自然と意識できたのですね。

今まで感じたことのなかった皇居を意識したのは地震のとき。
揺れがあった午後、いつもはジョギングランナーくらいしかいない皇居前広場が
人であふれかえっていました。

夜は帰宅難民として霞ヶ関からぐるりと皇居をまわって九段下、飯田橋を帰っていきました。
でかかった。

歩いても歩いてもまだ皇居。
臣民達が無言で行進しておりました。

どこかに天皇を感じていたのかな。

以上



















Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。