Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/89-f599b2d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

日本語が亡びるとは?

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
(2008/11/05)
水村 美苗

商品詳細を見る


なんともセンセーショナルな書名です。

亡びるとはどういう意味なのか?

今世界は一体となりどこにいてもネットでつながるようになりました。
ネットの世界は英語が公用語です。

読まれるべきものは英語で書かれ蓄積されていきます。
学会でも論文でも英語で書かないと世界に発信されない。
すると表現する人はどんどん英語に傾倒してゆき
母国語が亡びてゆく。

言葉には段階があり
まず普遍語が存在する。

今で言えば英語です。
かつての日本にとっては漢文。
ヨーロッパではラテン語。

これら普遍語で知が蓄えられ
それぞれの地域ひとびとは普遍語を学ぶことによって知に接することができる。

現地語は基本的には話し言葉であるが
普遍語を翻訳することで書き言葉が派生してきたそうです。

日本ではかつて中国大陸の歴史の叡智にふれるために漢文があった。
明治以降では西洋語がそれにかわった。
東京大学の最初のころの教授はほとんど西洋人で彼らが母国語で講義したそうです。

こうして西洋の知を翻訳し輸入することで日本は国語を確立していったと。
そして日本近代文学も生まれた。

そして今インターネットの時代に至り
改めて普遍語と現地語の二重構造が蘇ってきたといいます。

表現者は英語を使わないと世界に通じない。
日本語で書いても通じないとなると
日本語で書かなくなる。

書かなくなると読むべき面白いものが少なくなる。
すると読む人がすくなくなり
だんだんと亡びてゆく。

先日ラジオを聴いていましたら映画評論の町山さんがこんなことを言ってました。
「朗読者」という小説を映画化した「愛を読むひと」はナチスドイツの話だが
ドイツ人役なのにみんなが英語しゃべることに違和感を感じたと。

これが英語の世紀の縮図なんですね。
英語にしないとメッセージが届かない。

「おくりびと」は外国語映画賞どまりになってしまうんです。

私も世界の共通語であるブロークンイングリッシュを少しでも改善しようと
学校に通ってますが、
英語を書いて世界に発信するというのはやったことがありません。

読む、話すだけでなく、書くにもトライしてみたい。
せっかく普遍語をやっているのだから。

亡びるまえに日本文学もしっかり読んで普遍語をとおして表現できるようになったいいですね。

以上















スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/89-f599b2d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。