Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/83-a23d3215
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

歴史に学ぶ

二十世紀から何を学ぶか〈上〉一九〇〇年への旅 欧州と出会った若き日本 (新潮選書)二十世紀から何を学ぶか〈上〉一九〇〇年への旅 欧州と出会った若き日本 (新潮選書)
(2007/05)
寺島 実郎

商品詳細を見る


最近は何かと100年に一度と取りざたされています。

100年前の20世紀初頭、日本は極東の新興国であり、欧州一等国に追いつくという
明確な目標のもとまっしぐらに進んでいました。
当時文明にふれた日本の若き偉人たちは、
文明とわが身の格差に衝撃を受けつつも
しっかりと目標を持つことができました。

一方その目標たる一等国も経済繁栄を謳歌していた時期をすぎ
経済不況に襲われます。そんな中、脚光を浴びたのがケインズ。

イギリスは経済の成熟から、新規投資がアメリカに集中し
需要が不足する。そこへ財政出動による経済活性化が必要になってきました。
自由放任じゃだめなんだと。

世界大戦後はケインズ政策は、社会主義の拡大に対する
資本主義の希望であったといいます。

著者が経済学を学んだころは
「マル経」の勢力が強く、資本主義の最後の可能性をケインズが議論されていたといいます。

私が学生時代はソ連崩壊時期にあたり
「マル経」なんかはちょっと赤がかった危ないやつが取るものってイメージでした。
一方ケインズも忘れられていきました。

昨今では自由放任礼賛みたいな感じで、今ここに至るみたいな感じで
経済大崩壊。

ここでまたケインズの登場です。
オバマのグリーンニューディール。
まさに歴史は繰り返す。

著者はケインズのはっとする言葉を紹介してくれます。

「経済学はモラル・サイエンスであって自然科学ではない。
経済学は内省と価値判断を用いるものだ。」

今まさに価値判断が大きく変わってしまいました。
20世紀初頭の日本、戦後まもなくの日本は危機においても
目指すべき目標がありました。

いまはどこを目指せばいいのでしょうか?

以上


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/83-a23d3215
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。