Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/79-df334eae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

人生の目標をどう見つけるか?

先日、トラックバックキャンペーンとやらで
出版社のDiscover21より図書カードをいただきました。

どんなキャンペーンに応募したのかすっかり忘れていますが
なんでもいただける物は嬉しいものです。

頂いたからにはディスカバーの本を買おうと思い
いくつか紹介していただき、
そのなかでまずこれを読んでみました。

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。
(2008/12/20)
戸田 智弘

商品詳細を見る


紹介をされなかったらまず手にとらなかったでしょう。
軽そうだったから。
おそらく社会人になりたての若者をターゲットにしていると思われるので
38歳の私にはちょっとあわないかなと。

ただ紹介された本は読んでみる主義ですのでトライしてみました。

予想を大きく超えるすばらしい本でした。

ぺラッとめくってひろい読みすると
いきなり来たのは立川談志の言葉。

「型ができてない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。
型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。・・・後略」

型破りの談志がいうと深いことばです。

守・破・離の世界です。
以前聴いた松岡正剛氏のセミナーで日本文化が中国文化を吸収する際の手法を
この言葉で説明していました。和魂洋才 ニッポン ちゃちゃちゃ

そんな伝統の型をきちんとマスターして
そこからブレイクスルーする。

それができて天才と呼ばれるのです。
こんな言葉も上げられていました。

19世紀最高のバイオリニストが天才と称されてこう言ったそうです。
「天才!わたしは37年間、毎日14時間も練習を積んできて
いまようやく天才と呼ばれるようになった。」

すごすぎる。

私はお会いしたことがないのですが
知人の友人が最近ある超大企業の社長に抜擢されました。

以前から彼のことを知人からよく聞いていたので
なんか自分のことのように嬉しかった。

彼も努力の天才です。
専務になったときふともらしたそうです。
「こんなに辛いのなら引き受けるべきではなかったかもしれない。」

昼間は当然ハードワーク。夜は社交。
移動中も書類。
朝もかならず4時におきて
分厚い資料全てに目をとおしているそうです。
これがエンドレスで続くのです。

それをきいて大いに刺激を受けた私は毎日タイマーを5時にセットし
語学か読書をしております。

でもなかなかシャキッと起きられない。
冬はとくにつらい。
あと10分。うー寒い。
とやってる間に5:30になりやっと靴下をはき、ベッドをはいだします。

この差はなんなんだ。
30分がクリアできない。

彼には目標がしっかり見えていて
私にはぼやけてしか見えていない。
その差なんでしょう。

以前ディスカバー会長伊藤守氏のセミナーにいった際に
こんなことおっしゃっていました。いい言葉

オリンピックの金メダリストと銀メダリストには大きな格差があるんだと。
銀メダリストでおわる人は金メダリストになることをめざしていた人であり、
金メダリストになる人はその先に目標があるのだと。

わたくしもきちんと目標を定めてゆきたいとおもいます。
もうすぐ不惑だし。

ただ私も含めてたいていの人は明確に目標をつくるなんてのは至難のわざ。
自分はいったい何がしたいのよと。
じゃあどうすりゃいいの?

そんな人にもいい言葉を紹介してくれます。

「人間は自分のこころに映っているものについて

それを外に描くことによってよく見るのであり、

歌ふことによって聞くのであり、

語ることによって知るのであり、

つまりは、表現することによって認識するのである。」(山崎正和)

著者の戸田さんが解説してくれます。

芸術家はあらかじめ表現したいものがはっきりあるわけではない。
表現することによって、自分がなにを表現しかたっかのかを知るのである。

わたしもこうして地道にブログを書いて表現してゆけば
あるときそれが見つかるでしょう。

以上










スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/79-df334eae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。