Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/62-8b5d3f44
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

CSRは偽善なのか?

暴走する資本主義暴走する資本主義
(2008/06/13)
ロバート ライシュ

商品詳細を見る


アカデミーヒルズで「暴走する資本主義」のセミナーに参加しました。
ロバートライシュさんが講演するのではなく翻訳者によるものです。

本の内容はこんな感じ

グローバル化や技術革新が続く資本主義経済において
消費者や投資家が自らの利益を追求するあまり企業の競争が激化する。

強い企業は益々強くなり、政治力も行使する。
一方弱い企業は淘汰され、労働者は解雇されるか、低賃金に甘んじる。

でもその消費者、投資家も、労働者であり市民である。このジレンマ。

資本主義が強くなりすぎて民主主義を凌駕してしまった。

そこでいろんな処方箋を提示してくれています。
CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)
活動なんて偽善はやめて法律で縛れ!とか

企業を法人として人扱いせずに法人税もとるな!とか

訳者の雨宮寛さんと今井章子さんいわく
民主党の重鎮であるライシュさんが共和党的な論も織り交ぜたことに驚きがあったとのこと。

私はこの本をよんで非常に民主党的だと思ったので
セミナーのあとに雨宮氏に聞いてみました。

雨宮氏はハーバードのケネディ行政大学院で学んだそうですが
学者の世界はリベラルが多く民主党支持者が多いとのこと
CSRも学者世界で提唱されて、企業世界で推し進められている。
そのリベラル思想をライシュが批判するなんて!と話題になったそうです。

CSRは偽善か?
これはセミナー参加者に問いかけられた質問でしたが
なにやら賢そうな皆様が参加されている面前で発言するほど度胸はなかったため
ここに書いておきます。

偽善だと思います。
ただ偽善であっても善いことは善いのでないよりはまし。

そもそも定義があいまいでよくない。
ライシュさんの言うように
企業は法律の枠のなかで利益を追求してゆけばよい。
本当に必要なら法律をつくるべし。
時代に合わなくなったらまたなくせばよい。
でもそれはなるべく少なくする。

そもそもCSRなどという言葉はコンサルタント会社のためにあるように思えます。

オートメーション化で工場労働者が職を失ったように
IT化でオフィスワーカーが職を失い、
大量のMBAは仕事を創り出さなければ、職がない。

そこで創出されたのがCSRだったり、コンプライアンスだったり
二酸化炭素の売買だったり、
はたまたリスクヘッジという名のもとのギャンブル金融商品だったりするのでしょう。

いま日本の大企業もCSRだ、CSRだと会議だ研修だと大騒ぎ。
そこでは大量の高給取りが本質的でない活動に浪費され企業の効率を落としています。
そしてその活動自体は利益をうまない。

それなのにCSRをすすめていることを企業はアナリストにPRする。
それが投資家の評価につながったりする。
なんか変。

こんなことは大企業にしかできません。
そして結果的に大企業だけが尊敬され、秩序がたもたれる。

CSRがもてはやされるもうひとつのインセンティブは
既存秩序の安定
既得権益の保護

グローバル化のすすむなか
新興国家や新興企業があとからあとから追い上げてくる。
それをいろんなルールをつくって足かせをつくって既存秩序を維持する。
そんな目的があるんじゃないでしょうか?

ライシュさんはCSRでなく法律で縛れといいます。

CSRだけだと今の現在の強者である大企業有利になる。
法律でくくれば同じフィールドで新興勢力もたたかえる。

市場のメリットをいかしたうえで、市民社会とのバランスをとる。
難しい命題ですね。

私は神の見えざる手ってのをけっこう信じてます。

すくなくとも日本は実体経済の部分で市場をもっと効率化すべきだとおもいます。

以上

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/62-8b5d3f44
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。