Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C45] 初めまして♪

ブログにお越し頂き、コメントまで頂き、ありがとうございます。
同じ講習会に参加しても、受け取り方は人それぞれ(^^)
違った視点を知ることができ、勉強になります(^^)
また、遊びにきますね~♪
  • 2008-11-09
  • 投稿者 : やんず
  • URL
  • 編集

[C46] ご参加ありがとうございました!

ごぶさたしています。
セミナーにご参加くださったとのこと、ありがとうございました。

そして、いろいろ学びと気づきをお持ち帰りいただけたようで、こちらとしてもうれしい限りです。(^^)

ぜひこれからの、充実した読書と学びを実践していくヒントとしてご活用いただければと思っています。

では~。
●●
  • 2008-11-10
  • 投稿者 : 寺田 昌嗣
  • URL
  • 編集

[C47]

寺田様
大変学びの多いセミナーでした。是非実践してゆきたいと思います。
  • 2008-11-10
  • 投稿者 : zhuangyuan
  • URL
  • 編集

[C48]

やんず様
確かに同じセミナーを聞いていて皆さんの受け取り方、またはビビッとくるツボが違うのは面白いですね。セミナーの学びの共有なんて機会があったらいいかもしれません。
  • 2008-11-10
  • 投稿者 : zhuangyuan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T13] 速読の新常識!プチ速読DVDホームスタディコース(池江俊博)

今世の中には多くの速読に関する本や、教材、セミナーなどがあるにも関わらず・・・多くの速読法や、○○リーディングと呼ばれるものがシンプルではありません。そしてたくさんのステップがあり、その手順を覚えるだけでも大変です。その理由は、そこに書かれているトレー...
トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/52-e7e3f7d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

速読の意義とは?

寺田昌嗣氏のセミナーに行ってまいりました。

著書の
フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
(2008/08/01)
寺田 昌嗣

商品詳細を見る

については以前に記事にしました。
なぜ本を読むのか?

このセミナーは速読の技術を学ぶセミナーではありません。
そもそも速読ってなんなんだ?
そしてなんのためにやるのだ?
なんてことを講師の経験に基づいて解き明かしてくれる。

速読に夢をみるな!
速読の本当のところを知ってくれ!

レベルの高い本は速読できませんよ。
できるはずないでしょ。


いきなりズドンとついてくる。

一冊10分を公言する講師もドラッガーの本を読んで
下読みに90分、内容理解に更に数時間を費やしたといいます。
経験知が足りてませんからと、さらっといいます。

こういう言葉がホントためになる。

私もドラッガーの
ドラッカー名著集2 現代の経営[上]ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
(2006/11/10)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る

を「経営の全てがわかる」と言われ、譲り受け、喜び勇んで読んでみた。

私の場合は寺田式フォーカスリーディングではなく、フォ〇リーディング。

内容の意味はわかるが深さがわからない。
記述内容が経験と交差していないので表面的事象しか伝わってこない。
これが経営の要諦の全てだといわれてもピンとこなかった。

講師のように経験をつんだ方でも熟読を要するというのはちょっと嬉しい気がしました。
私も実は講師と同い年なんですが、経験知はまだまだ足りません。

では深い読みができない速読ってのはなんなんだ?

速読はあくまでも技術であり、ツールだといいます。

人生の目的をめざしてどう生きるのか?
どう成長するのか?
を探るためのツールだと。

時間はコストであり、コストをかけずに成果を得る。
つまり時間をかけずに多くの本に接し、広範囲に理解の領域を広げる。
そして深く読むに値するものを見つけるのだと。

目標を持ち、可能性を広げ
現在可能なことと、その未来の可能性との間に横たわるGAPを埋めるプロセスとして
ツールとしての速読を利用せよ!


了解しました!

P.S.

速読技術についてもちょっとした演習がありました。
目を動かすということについて意識する練習。

その演習でいい言葉を教えてくれました。
イチローの言葉だそうです。

普段、何気なくやっていることを意識してやる。

そうすると何事でも理解が深まり進歩してゆくそうです。
たとえば本を読むときの目の動きだとか。

これからはリラックスを意識して本を読もう。
呼吸だとか表情だとか。

寺田氏の言葉に対する感性ってすごい。
知のベースがあるから、ふとした言葉に深く感じる。

以上



スポンサーサイト

4件のコメント

[C45] 初めまして♪

ブログにお越し頂き、コメントまで頂き、ありがとうございます。
同じ講習会に参加しても、受け取り方は人それぞれ(^^)
違った視点を知ることができ、勉強になります(^^)
また、遊びにきますね~♪
  • 2008-11-09
  • 投稿者 : やんず
  • URL
  • 編集

[C46] ご参加ありがとうございました!

ごぶさたしています。
セミナーにご参加くださったとのこと、ありがとうございました。

そして、いろいろ学びと気づきをお持ち帰りいただけたようで、こちらとしてもうれしい限りです。(^^)

ぜひこれからの、充実した読書と学びを実践していくヒントとしてご活用いただければと思っています。

では~。
●●
  • 2008-11-10
  • 投稿者 : 寺田 昌嗣
  • URL
  • 編集

[C47]

寺田様
大変学びの多いセミナーでした。是非実践してゆきたいと思います。
  • 2008-11-10
  • 投稿者 : zhuangyuan
  • URL
  • 編集

[C48]

やんず様
確かに同じセミナーを聞いていて皆さんの受け取り方、またはビビッとくるツボが違うのは面白いですね。セミナーの学びの共有なんて機会があったらいいかもしれません。
  • 2008-11-10
  • 投稿者 : zhuangyuan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T13] 速読の新常識!プチ速読DVDホームスタディコース(池江俊博)

今世の中には多くの速読に関する本や、教材、セミナーなどがあるにも関わらず・・・多くの速読法や、○○リーディングと呼ばれるものがシンプルではありません。そしてたくさんのステップがあり、その手順を覚えるだけでも大変です。その理由は、そこに書かれているトレー...
トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/52-e7e3f7d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。