Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/5-0e9c903e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

10年ひと昔

学問のヒント―「知」の最前線がわかる本 (講談社現代新書)学問のヒント―「知」の最前線がわかる本 (講談社現代新書)
(1997/06)
日垣 隆

商品詳細を見る


またもや日垣氏の本です。
1997年発行ですから既に11年前の本です。

いろんな分野の知のエッセンスがつまっています。

最近私が興味をもっている「記憶」や「技法」にも章がさかれています。

わたしここのところ本を読む数量を大幅に増やしていますが
こうした本に出会うと結構ショック。

なぜなら10年前にこうした本を読んでれば、この10年もっと深かったかも?なんて思うのです。

でもふと我に返り、まあこれから10年で取りかえせばよいと更に思うのです。

おそらく10年前に読んだ場合、自分の中のこの10年の蓄積がないわけですから
本を読んだときの気づきも少なかったんでしょう。

以上
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/5-0e9c903e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。