Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/45-33d5fe37
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

貧困と信用(クレジット)

暴落、破綻、救済、恐慌。
毎日、何千億円、何兆円という想像を絶する数字が飛び交っています。

資本主義が狂ってる。

根拠のない信用が信用を呼び、楽観が世界を覆い、ほころびが出ると一気に破綻。パニック。


一方で世界の片隅では、小さな信用で人生を変えて前に進んでいる人たちがいます。
グラミン銀行を知っていますか―貧困女性の開発と自立支援グラミン銀行を知っていますか―貧困女性の開発と自立支援
(2006/02)
坪井 ひろみ

商品詳細を見る


昨日はバングラデシュから客があり
積読してあった本を思い出し読んでみました。

バングラデシュの貧困者による貧困者のための銀行のお話です。
昨年ノーベル平和賞をとったモハメド・ユヌス氏がで始めました。

どんな人を救うのか?

例えば手に職はあるがお金はない竹細工職人。

材料を買うために仲買人から16セントを借りる。
そして製品をその仲買人に売る。
50パイサ=1.6セント。
たった16セントがないのです。

お金を借りている弱みを握られ買い叩かれるのです。
そして働いても働いても貧困から抜け出せない。

こんな人にわずかなお金を貸してあげて自立を促す。

5人のメンバーをつくり連帯して返済責任を負う。

キーとなるのは信用です。

グラミン銀行の哲学としてこんなものがあります。

「人はだれでも、機会さえ与えられれば
より良い生活をしようとする能力と意欲を持っている。」

このことを信頼して信用(クレジット)を与えるのです。

すると返済できるし自立できるのです。
そして貧困から脱出する。

ではその貧困の定義はというと、

*トタン屋根のある家をもつ
*安全な飲み水が手に入る
などなど

つまりこうしたことも手に入らないのです。
そしてそれがわずかなお金信用教育で克服できるのです。
生きる力を与えるのです。

寄付ではだめなのです。
信用(クレジット)です。
それが正のスパイラルをもたらす。

こうしたシステムを考え出したユヌス氏はまさにノーベル平和賞に値します。
それがサブプライムの破綻した去年だというのが象徴的です。

以上





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/45-33d5fe37
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。