Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/28-c60dfe4b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

絵本の世界に迷い込む

香川元太郎さんと一緒に親子で楽しむ迷路あそび!
に参加しました。

迷路の本で人気の香川元太郎さん本人が迷路の楽しみ方、作り方を教えてくれる。
しかも香川さんの素晴らしい絵をベースにオリジナル迷路を作ることができました。
息子より私のほうが張り切って打ち込んでしましました。

これまでシリーズが6冊出ていますが全部持ってます。
私が一番好きなのはこれ。
伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ
(2008/03/04)
香川 元太郎

商品詳細を見る


一ページ目は現代の図書館から始まります。
そして世界中の伝説の本を読んでいると
その伝説の世界に迷い込んでしまうというのです。
こういう演出がにくい。

とにかくこれはスゴイ絵本です。
何がすごいか?

まず絵がうまい。精細。
楽しみながら世界の伝説が学べる。

いろんな隠し絵がうめこまれていてほんとびっくり。
最近脳の本がいっぱいでていますが
隠し絵を見つけるために視点を変えたり視野を広げたりするのは
脳の開発の効果があるらしいのでこれまた有用。

迷路も一ページにいくつも隠されてる。

私が好きな仕掛けは現代人の痕跡を見つけること。
伝説の舞台に現代人が紛れ込んだのですが
その現代人がいろんな落し物をしているのです。

それを探し出す。
ipodなんかが落ちていたりします。すごい。

これを子どもたちが良く見つけてきて得意そうに教えてくれます。

さらにびっくりなのは
裏表紙まで有効に利用して間違い探しなんかがついている。

息子とふたりで没頭していると
まるで伝説の中に迷い込んだような気分になります。
一緒に本に入ろう!といって楽しんでいます。

大人もはまるチョーオススメ本です。
娘や息子が
小学校や保育園に持っていくと
借りたい子がいっぱいでしばらく返ってきません。

以上




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/28-c60dfe4b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。