Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/27-c304b1bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゆとり社員ってなに?

先日仕事のあとにフットサルをしました。

真夏のことゆえ人数は多ければ多いほどよいということで
今年入社の新人くんたちは強制参加。

しっかり汗がかいた後は軽く一杯。
新人くんたちとおしゃべりしてみました。

何か異次元の世界。
まったく物怖じしない。
上下関係なんて一切考慮なし。
妙に自信あり。
期待した答えはまったく返ってこない。
意味不明の主張を繰り返す。

私は1970年生まれで団塊ジュニア世代は71-74年らしいので
ほぼその世代に入るでしょう。

わが社を含めた日本企業は失われた10年でほとんど採用をしておらず
最近また再開していますので
新人世代とほんとに一世代はなれていてその間に人を採っていない。
それだけに世代のギャップを痛感します。

ジェネレーションギャップというのはいつの世でもあります。
私が中高生のときも学年が違うと価値観が違い社会の変化を感じていました。

私は中学でサッカー部で大会で負けて坊主頭になりました。
でも次の学年は坊主になる前の日に大部分が坊主がいやで退部しました。

高校生のときは、先輩が一言、「グランド!」と言い放つと
同期全員でグランド一周ダッシュする。
そんな古い伝統の上下関係が残るサッカー部を
同期の半分が去っていきました。

でもその価値観のぶつかり合いはわかりやすかった。
昔の習慣に従うのか、反発して自由になるか。

今会社で感じているのは違和感です。
でも何がそれをもたらしているかわからない。
過去の基準に照らしてみると相当失礼な発言を爆裂させても
それを受けたこちらはなぜか腹がたたない。
なんでしょうこの感覚は?

なんて思っていましたら
日曜日の朝日新聞書評にこんな本がでていました。

職場を悩ます ゆとり社員の処方せん職場を悩ます ゆとり社員の処方せん
(2008/07/04)
池谷 聡

商品詳細を見る


わからないものに気を揉んでいると精神衛生上よくないですから
さっそく読んでみました。

このギャップに驚いているのは私だけではないのです。
最近はみんな悩んでるそうです。
しかも今年はかなりすごいとのこと。

この世代は「ゆとり世代」とよび「ゆとり教育」が実施された92年に小学校に入学しているそうです。

この世代にとって先生とは指導者でなく
支援者だそうです。
つまり自分のやりたいことに対してサポートしてくれる人。
権威はないそうです。

その世界には競争もあまりなく
権威もなく、強制もなく、上下関係もないのです。
みんなが支援してくれるのが当たり前なんですって。

でもその異次元から来たモンスターを使いこなせなければ
現在の企業はなりたたないそうです。

誤解してはいけないのはこの世代は自分が興味をもったことに対しては
非常に優秀だとのこと。

私の会社は鉄鋼業界。
私の世代でも業界の古さに嫌気がさすほどのところですから
ネット時代の優秀な若者は違和感どころか異空間の雰囲気を感じているのでしょう。

それゆえ著者はこの世代をうまく機能させる処方箋を提示してくれたのです。

その処方箋よりも
なぜこうした世代が登場したのかという診察のほうに興味を惹かれました。

回る ま~わる~よ 時代は回る♪

中島みゆきといえば「時代」より「世情」ですね。
このテーマには。
金八先生で加藤が暴れてた。

あの時もギャップがすごかったんですよね。

以上
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/27-c304b1bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。