Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T4] 私書箱

私書箱
トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/26-489b6954
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

中国を知り日本を知るためのオススメ中国本 ベスト7

私の弟が明日から北京に転勤します。

中国語学習者の先輩として
わたしが中国語をはじめた2002年から今日までに読んだ133冊の中国本から
ベスト7を選び、はなむけの言葉の代わりといたします。

人間の記憶はせいぜい7個くらいしか覚えられないそうなので7つにしました。

本当はゆっくり私のブログを読んでくれといいたかったのですが
私のブログは、もう一個のブログとともに現在中国からのアクセス不可になっている
ことを再認識したため、急遽アップします。

漢字、漢文、歴史、戦争、文革、経済発展 なるべくジャンルと分けて選びました。

語学もビジネスもまずは興味をもってその国を知ることからはじめるのが
成功への近道だと思います。

千里之行,始于足下。


漢字と日本人 (文春新書)漢字と日本人 (文春新書)
(2001/10)
高島 俊男

商品詳細を見る


中国といえば漢字です。
漢字の音読みの謎がとけます。
勉強の初めはこちらから。


中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)
(2004/10/19)
高島 俊男

商品詳細を見る

ベスト7とかいって同じ著者の本を紹介するのは躊躇しましたが
これはチョー面白い。
中国の皇帝はみんな盗賊だった。


漢文力漢文力
(2004/08)
加藤 徹

商品詳細を見る

言葉っていいなあ、深いなあと感心します。
詳しくはこちら。
世界を読み解く先人の知恵 「漢文」


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)
(2002/05)
中嶋 嶺雄

商品詳細を見る


文革についても知らないといけません。
激烈権力闘争


中国が世界をメチャクチャにする中国が世界をメチャクチャにする
(2006/09/28)
ジェームズ・キング

商品詳細を見る


近年の中国大発展が地球を揺るがせています。
自転車に乗った象 中国大発展

朱夏 (新潮文庫)朱夏 (新潮文庫)
(1998/11)
宮尾 登美子

商品詳細を見る


さきの戦争も小説家の感性で体験してみませんと。
「朱夏」

中国妖艶伝 (文春文庫)中国妖艶伝 (文春文庫)
(1991/06)
海音寺 潮五郎

商品詳細を見る


時代小説家の大家、海音寺潮五郎の筆が流れるように描きだす歴史と虚構のからみあい。

悠々たる大地

以上



以上

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T4] 私書箱

私書箱
トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/26-489b6954
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。