Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/214-316b1b19
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

1000年忘れられた都市

GWに妻の実家から奈良散策に出かけました。

飛鳥駅を降りると
もうそこですぐに古代ロマンを感じるのです。

なんだろうかこの感覚。
古代人も同じ景色見てたんだろうとおもえる。
新緑の中をただ歩いているだけで朗らかな気持ちになってしまう。

高松塚古墳の壁画を見れば、
そこには間違いなく文化があったと理解でき
中国大陸の影響がみてとれます。
また上を見上げれば同じ星があったことがわかるのです。

でもなんでこんな奥地に都が?
渡来人はなぜここに居を定めたのか?
この本にに答えがあります。

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
(2013/10/03)
竹村 公太郎

商品詳細を見る

この本は人生に大先輩に先日紹介してもらったものです。
著者は元国土交通省のお役人だけあってデータに裏付けのある骨太の内容です。

当時、大阪はまだ湿地帯だった。
大和川を遡ると奈良盆地にあたり、そこにも湿地湖が広がり
船で盆地のどこまでも自由に行き来できたと。

シルクロードを辿ってきた人々が生駒山麓まで船で行けたんですって。
でそこに都を構えた。
シルクロードからダイレクト。
ロマンを感じます。

ではなぜ今も変わらぬ佇まいを残すことができたか?
それは1000年放置されてきたからだと。

あたりの資源を使い尽くし都が維持できなくなり
平安遷都が行われた。
それ以降、奈良は人々の交流軸から外れ、見捨てられたと。
人口激減。

平安以降はシルクロードは淀川をとおって琵琶湖までつながり、
さらには陸路の東海道までつながる。
果ては江戸まで人々が進んで行き、都市が形成されて行くんですって。
ダイナミック。

実家は淀川鵜殿のすぐそばでしたが
早朝に散歩しながらシルクロードからつながる京都を眺めるのもいとおかし。

奈良が再発見されるのは明治に鉄道が引かれるまで待たなければなかったと。
そして1000年の間に木々が再生した。
懐かしく感じるのはそのせいですね。

忘れられてたがゆえに今頃になってもなお古墳が出てきたりするわけです。

でもたまに悪い奴がいて古墳荒らしなんかやってる。
高松塚なんて南面大きな穴が開けられ宝物が取られた。
朱雀の壁画が見事に貫通しているのです。
ストライク!


以上
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/214-316b1b19
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。