Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/210-4beee328
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

犯罪って何?

犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


ラジオで絶賛されており購入。

現役弁護士による様々な犯罪をテーマにした短編集。

ドイツで文学賞を席巻したというだけあって一篇一篇は短いが中身の濃いものばかり。

犯罪とは法律を犯して罪となり刑を科せられるもの。

法律があるから犯罪がある。
人を殺したら犯罪。
まぎれもなく。

でもそこにはそこに至る様々な背景や理由、生い立ち、偶発性が重なる。

犯罪で裁かれるのは殺した人。
でもほんとにそれでいいのか?
そんなことを考えさせられる。

昔はもっと単純だった。
社会が固定化されて身分があって宗教があって。
価値観が固定されているから罪も明白。
周りがみても誰が悪いのかがはっきりしてた。
罪を犯したほうだって多分わかってた。

それがこの現代、価値観が定まらない。
宗教が入り混じって、希薄化したり、原理主義に触れたり。
どこにも移民が入ってきて絡み合う。
民主主義なんていって自己責任とか自由とかで貧困がはびこる。
身分なんてないはずなのに歴然とした格差の固定化。
人権とかいってハンディキャップドや精神疾患者を無理やり融合させる。

そんなとこから犯罪が生まれる。
法律ではわりきれない、裁ききれない。
でも裁く。法律だから。

そんな理不尽な割り切れない犯罪の数々を描き出しています。

私が気に入ったのは「サマータイム」という短編。

女子大生がホテルで殺された。

容疑者はパレスチナ難民で元麻薬売人の彼氏か
実業界でやり手で通る大社長か?

単なる交際の乱れの殺人にドイツの社会背景の矛盾がからむ。
結末は理不尽。
それでいてなにか嫌な気がしない不思議な小説です。


以上





















スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/210-4beee328
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。