Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/207-48f92a1f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

原発に絡んだ本いろいろ

最近、原発がらみの本ばっかり読んでしまいます。

①そもそも原発はどうやって導入されたのか?
どうせアメリカに無理やりやらされたんでしょ?

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)
(2008/02)
有馬 哲夫

商品詳細を見る


そんなに単純でもないようです。
読売新聞社主 正力松太郎はCIAのエージェントであったといわれていますが
操縦しやすい使いっぱしりではなかったようです。

原子力の平和利用ってのが当時のキーワードだったわけですが
正力さんが推し進めたのは、技術がわかってたわけでもなく
思想があったわけでもなく、
総理を狙うための道具にしたかったんですって。

こんなにも重大な選択をあまりにもあっけらかんと推し進めてた。
ちょっと軽すぎる。

でもアメリカの言いなりじゃなかったのがせめてもの救いかな。

アメリカははじめはむしろ、かつての敵国日本に危険な武器をになりえる
原子力を授けることは躊躇があった。
それをイギリスと競争させてその気にさせる。
なかなかの腹の据わったオヤジです。


②今度はこちら。
原子力村ってホントにあるの?

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件知事抹殺 つくられた福島県汚職事件
(2009/09/10)
佐藤 栄佐久

商品詳細を見る


福島原発の立地県である福島県知事失脚のお話。
東電の事故隠しに憤ったかつての原発推進知事は再稼動を拒否する。
あげくは親戚がらみの贈収賄で逮捕。

この本は原発事故の前(2009年)に出版されていることに意義がある。
原発問題、検察問題、道州制と昨今話題のネタの裏が見える。

まさにその地で大事故が起こるというのが歴史の皮肉。

③放射線を浴びると?

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
(2006/09)
NHK「東海村臨界事故」取材班

商品詳細を見る



東海村臨界事故被害者治療の記録。

壮絶。
想像を超える。

今回の事故は大きな爆発がありましたが
いまのところ死者はなく、何ミリシーベルトだとか
通常の何千倍だとか、何ベクレルだとか
なんだか現実離れしていて、怖いんだけど
何を怖がっていいのかわからない。

でもこの記録を読むと恐ろしさがリアリティを持って迫ってくる。

何よりも恐ろしいのは浴びた直後はただ腫れているだけで
さした変化もないように見えるのに
わずか数日で内側から破壊されて制御不能になること。

福島の事故でも汚染水に足をつけた作業員のかたが
すぐに何もなかったように退院されたがその後はどうなったんだろうか?

④原爆投下のホントの理由は?
トルーマン・レター (集英社文庫)トルーマン・レター (集英社文庫)
(2004/07/21)
高嶋 哲夫

商品詳細を見る


こちらはミステリー小説。著者は原発関連小説を多く書いています。元原子力研究者。

トルーマンが恋人に送った手紙に原爆投下のホントの理由が!?

石原莞爾が言ってたな。
最大の戦犯はトルーマンだって。



とりあえずここまでにしときましょう。
まだ原発本のつづきが。

以上




















スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/207-48f92a1f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。