Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/206-475fde94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

鉄道と天皇

「鉄学」概論―車窓から眺める日本近現代史 (新潮文庫)「鉄学」概論―車窓から眺める日本近現代史 (新潮文庫)
(2011/01/01)
原 武史

商品詳細を見る


私は鉄っちゃんではないのですがなぜかテーマに惹かれました。

車窓から眺める近現代史。

日本ほどくまなく鉄道がはりめぐらされてる国ってないんじゃないのかな。
しかもモータリゼーションの世の中じゃ
この鉄道大国日本は空前絶後かもしれません。

この鉄道をよく利用した人に歴代天皇がいます。
明治、大正、昭和と鉄道を利用して日本中を巡幸した。

著者いわく
近代日本の天皇制において臣民に天皇の姿を拝ませる
視覚的支配を目的としていたと。

自動車とちがってダイヤがしっかりしている。
船とちがって移動している最中だって臣民とせっしている。

何時何分、天皇を乗せた列車がやってくる。
降りなくたってよい。
通過するだけでありがたい。

しかも天皇が乗る御料車には運転制御表示機なるものがついており
天皇が止まりたいところで停車を指示出来たとのこと。

移動中に沿道を埋める臣民達のために
停車して手を振るなんてことも。

ありがたやありがたや。
こうして国がひとつになるわけです。

明治大正昭和と天皇が巡幸した詳細な路線図には圧倒されてしまいます。

今も天皇皇后が被災地をまわっていますが
こちらは自動車で行かれているのですかね。
被災地ピンポイントでなくその行程でも天皇の姿が拝めると更に多くの人が勇気付けられるでしょう。


さらに天皇を身近に感じられたものとして東京には都電がありました。
明治末期から昭和30年代まで東京都心の路面電車は皇居をとりまいて走っていたと。

半蔵門、桜田門と停留所を通るたび、本物の門を見ていたのです。
意識せずとも皇居に畏敬をいだきつつ。空間的にも視覚的にも。

それが全部地下鉄になっちゃった。
半蔵門も桜田門もしょっちゅう通ってますが本物は見たことない。
皇居を意識するのは地下鉄がまっすぐ進めなくて不便を感じることくらい。
以前は日本の中心が自然と意識できたのですね。

今まで感じたことのなかった皇居を意識したのは地震のとき。
揺れがあった午後、いつもはジョギングランナーくらいしかいない皇居前広場が
人であふれかえっていました。

夜は帰宅難民として霞ヶ関からぐるりと皇居をまわって九段下、飯田橋を帰っていきました。
でかかった。

歩いても歩いてもまだ皇居。
臣民達が無言で行進しておりました。

どこかに天皇を感じていたのかな。

以上



















スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/206-475fde94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。