Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/200-a1bd33dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アメリカから見た世界経済

ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方
(2010/08/27)
リチャード・ヴィートー、仲條 亮子 他

商品詳細を見る


ハーバードではどんな授業をしてんのかな?
世界経済を地域ごとに解説してくれます。

興味深かった点を備忘録としてかいておこう。

【アフリカ】

著者はアフリカの経済発展をルネッサンスと呼んだ。
数百年ぶりの復興。

【中国】

1994年まで中央政府は地方政府から財産税を徴収できずに地方より貧しかった。
北京が金を握ったのはそれから。

(結構最近だな。)

1994年に人民元は$1=5.7元だった。
その後8.3元で固定され2005年まで変わらなかった。

(今よりも元高だったんだ。)

【インド】

中国は昔から統一されていたがインドは何十という別の王様が支配して分裂していた。

インド経済発展の基礎ができたのはワシントンコンセンサス以降。
今のシン首相が財務大臣の時にハーバードのMBAを雇った。

(結局インドもアメリカ指導か。)

【メキシコ】

アメリカはこの100年どこの国よりもメキシコとの関係に配慮している。

【南アフリカ】

ムベキ大統領はエイズはウィルスによる病気でなく社会病だと認識している。

【サウジアラビア】

石油ショックまでは貧しかった。

2008年世界銀行が選ぶ外国企業のビジネス環境ランキング世界16位。
(去年私も訪問してスマートさにびっくり)

【ドバイ】

リーマンショック後、人口が三分の一も減った。

【日本】

貯蓄率はGDPの15%あったが今は2-3%とアメリカ並み。
高齢化が原因。

円レート
円高は実体経済に打撃をあたえ通貨下落の方向にすすむが
海外配当などで経常収支が黒字なので、こちらは引きあげる方向に働く。
よって為替は読めない。

(アメリカの意思で動いているんじゃないんだ。)

小泉・竹中は日本を売り渡していない。

(そうなんだ)

以上














スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/200-a1bd33dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。