Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/196-d36364a9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

経済徴兵制ってなに?

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
(2010/01/21)
堤 未果

商品詳細を見る


本は読んでないのですが堤未果さんの講演を聴きました。
クーリエ・ジャポン × 六本木ライブラリー講演会 「堤未果 貧困大国は変わったか」

アメリカのすさんだ状況に驚きました。

911以来、テロとの戦いに勝利するために軍事費を増額し
その代わりに教育、医療、福祉が削られた。

削った予算を効率的に運用するために市場原理が導入された。
補助金カットで民営化促進。

例えば教育。
助成金がカットされ学費はどんどん上がる。
学資ローンを借りる。
払いきれずに退学というパターン。

学資ローンを利用するのは以前から行われていたが
今は金額が大きすぎて大変。
貧乏人ははなから大学をあきらめる。

でもそこに愛の手が。

軍隊です。

学資応援キャンペーン。

今応募すれば学費出してあげますよ。
なんて。

貧乏人を狙い撃ちするんですって。

学校側から生徒の個人情報もらってリクルート。
なんでそんなリストが流出するかって?
リストを政府に提出しないと補助金もらえないんですって。
凄いシステムです。
中国政府の人権抑圧を責めることできませんね。
ネットの監視も凄まじいらしいし。
facebook流行も陰謀?

学費援助、国内勤務OKなんて言われて応募しちゃったらさあ大変。

予算足らずで援助を削られおまけにイラク行き。

イラクにいったらいったで軍事費たらずに
防弾チョッキも自費負担なんてこともあるとか。

そんなのわりにあいません。
でも一つだけ安全な職務があるそうです。
それはリクルーター。

ノルマはあるけど国内勤務。
戦争行くのがいやですから必死にリクルートします。
そこでどんどん若い兵隊が集まってくるんですって。

人呼んで「経済徴兵制」

日本も戦前貧困のよりどころが軍隊だったようですが
まだ神の国を信じて軍隊行くほうがいいような気がします。
なんか一見合理的に判断して自己責任で嵌ってゆくアメリカに不条理を感じます。


こうして集められて戦地に赴いた若者は
怪我をしたり、精神を病んで帰国することも多いそうです。

でも医者にかかれない。

なんで?

医者が足りないから。

医療の世界も民営化が進んでおり、オバマさんで話題の医療保険も民間保険会社が請け負う。
民間保険会社は被保険者が治療を受ける病院を指定するそうです。

すると患者をあつめてくる保険会社の立場が強くなる。

そして病院経営に口を出すようになるのです。

コスト削減、利益率向上...

間接人員を減らして、患者回転率を上げろ。

超過勤務に次ぐ超過勤務の果てに医療事故
さらには訴訟を起されるケースも。

医者が訴訟に備えて保険をかける。
保険会社は二度おいしい。

こんな事情で医者を廃業する人が増えているそうです。
はなはだしきは自殺なんてことも。

そんでもって医者が足りない。

恐ろしい民営化スパイラル。

こんな道をどこかの国も進んでいるのでしょうか?

以上


























スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/196-d36364a9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。