Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/195-22aff5a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

民族、宗教、そしてサッカー

サッカーが世界を解明するサッカーが世界を解明する
(2006/05)
フランクリン フォア

商品詳細を見る


サッカーってのはある意味、戦争なんだなということを思い知らさせてくれる。

選手のファンも命がけ。
時にはホントに戦争にも。

セルビアのレッドスター・ベオグラード。
現グランパス監督、ストイコビッチもいたところです。

レッドスターのファンか武装して組織化されてると。
民族紛争の敵、クロアチアのチームとの試合なんてのは
ほとんど戦争並みだといいます。

乱闘がスタジアムに広がりフィールドまでなだれ込み
サポーターに警官隊まで入り混じる。
選手は最後にヘリコプターで避難したんですって。

試合前から乱闘するつもりで投石のため石が用意され
攻められたときには酸で火傷させる仕組みまでセットされてたと。

すごすぎる。

そいいやキングカズもクロアチア行ったよな。

俊介の行ってたセルティックの話もでてきます。

セルティックとはケルト人のチームという意味。
つまりケルティックってこと。

そのセルティックのライバルがグラスゴー・レンジャース。

この両チームのダービーマッチは強烈だと。

民族対決に宗教が絡み
カトリックのケルト対プロテスタント、
イングランドのアイルランドへの抑圧の歴史と
独立運動まで一緒くたになり戦うのです。
蔑みと恨みがぶつかりあう。

試合の日は救急病院が大忙しになり死者も出ると。

そんなイギリスではフーリガンも暴れまくり
サッカーといえば貧乏人のスポーツと蔑まされていたそうです。
サッチャーでさえ敵視していたと。

グローバル化で仕事を海外に取られた労働者は益々過激化していった。

そのグローバル化が更に進むと
サッカーが世界のビジネスとされた
フールガンのメッカだったチェルシーはユダヤ系ロシア人に買い取られ
外人選手と集めどんどん強くなり、観客席に貴賓席が増やされ儲かる商売になっていきます。

そしてかつてのフーリガンの親玉は
今やコンサルタントになってるそうです。

若手サポーター達の正しい敵のやっつけ方を指導してる。

この戦争のようなサッカーですが
戦争のようだからこそ、本当のの戦争を回避できている面もあるそうです。


スペインのバルセロナ。
メッシのチームです。

バルセロナはカタルーニャ地方にあり歴史的に自治を求めて
独立気運が高いところです。

バルサはその象徴みたいなものです。

かつて独裁者フランコ将軍は大のレアル・マドリッドのファンであった。
彼の治世下、バルサの会長は逮捕、処刑されたそうです。
またカタルーニャを征服すると、クラブの建物を爆撃したといいます。

だけどクラブを潰さなかった。
政治的エネルギーをスポーツでガス抜きするために。

それはまんまと成功したのです。

サッカーは生半可な気持ちじゃサポーターになれませんね。

しかし日本は平和だなあ。

以上























スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/195-22aff5a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。