Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/190-c62e61e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

敗戦必至の戦いになぜ?

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)
(2010/06)
猪瀬 直樹

商品詳細を見る


先の大戦前に若手エリートたちが集められ総力戦をシミュレートした。
結果は敗戦。しかも敗戦にいたる経過も見事に一致している。
戦う前から結果が見えていた。

しかもこの結論は開戦前に当時の陸相東条英機の前で説明しているのです。

何故そんな戦いに突っ込んでいったのか。

官僚主義。

これにつきると思います。

同じ憲法のもと統帥と国務が分離していたにも関わらず
明治時代はうまくゆき、昭和に大失敗した。

二元化していた統帥と国務がいずれも
山県有朋という大人物によってコントロールされ
制度欠陥が人為的にカバーされていたと。

大人物が去り、残ったのは官吏だけとなり欠陥が表にでる。

いまでは天下の極悪人で独裁者ってイメージの東条英機でさえ
官僚組織にからめとられた力のない官吏であったと読み取れる。

陸相時に陸軍に押され、強硬開戦論者であった彼が首相に指名される。
青天の霹靂。

天皇のご意思は戦争回避。
天皇への忠誠が信条の彼は苦悶する。

しかし結局は開戦へ。
天皇すら憲法下において機関にすぎず
事実上の統帥大権は統帥部に属する。
無機質な組織体系が意思をもつ。

天皇の意思に反し、開戦を回避できなかった東条首相は
その日、自室で一人正座し、号泣したとあります。

天皇も戦争反対
独裁といわれた首相も戦争回避につとめ
さらには客観的シミュレーションすら
敗戦を予想していた。

にも関わらず戦争突入、そして敗戦。

官僚組織がばらばらに意思を持ち
思想のないまま破滅に向かって動き出してとめられない。

今でも起こりうるから恐ろしい。

以上



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/190-c62e61e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。