Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/183-de1229da
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

朽ちてゆくジャーナリズム

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る


上杉さんの活躍はネットやラジオで目や耳にしていますが
著作を読むのは初めて。

題名は「ジャーナリズム崩壊」ですが
「崩壊」より「腐朽」のほうがあってるんじゃないかな。

既得権益者が長い間、そのポジションにとどまると保守的になり
権益者間に色んな自己規制がでてくる。
だんだん内向きになり、本来の目指すべき方向とはべつに
権益保全が最優先となる。保全され停滞した組織は気づかぬうちに朽ちてゆく。

上杉さんの元上司が役員と勘違いしたという
ハイヤーに乗る朝日新聞の若手記者の話なんてのは
まさにその象徴。

記者がハイヤーに乗る必然性がまったくない。
ただ権益者たるステイタスを誇示するのみで社会への便益はゼロ。

署名記事のない日本の新聞についても
〇〇新聞という看板のみで正しいことが担保されてるという驕りが見て取れる。
署名がないのは責任の所在とあいまいにすると同時に
手柄も個人に立てさせないという組織の自己規制もあるんでは?

訂正記事についてのアメリカ新聞との違いはびっくり。
アメリカは訂正記事欄ってのがあると。

日本新聞は気づかないくらいの小さな欄にチョロっとあるだけ。
訂正しましたって証拠だけ残せばいいという役人根性。

でもっとどの新聞も似たようなことを書く。
ネットの登場で部数を減らしたって有効な手を打てない。

上杉さんの元上司の言葉では「ダチョウ」のようだと。
危機に瀕すると砂に頭をうずめて現実から目を背けけようとすると。

悲しい現実。

崩壊っていうと大きくて確固たるものが
ガラガラ崩れるって感じですが

むしろ緩慢に朽ちてゆくイメージが近いのでは。
柱だと思ってたら腐ってて、グシャって感じ。

以上












スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/183-de1229da
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。