Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/181-d349fae1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

検察の正義は時代のけじめ?

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
(2007/10)
佐藤 優

商品詳細を見る


最近話題の検察。

小沢、宗男、村木など話題は盛りだくさん。

民主党代表選挙中も構わず、というか恣意的に権力誇示を続けるこの組織に
ついてあらためて興味が沸いてきました。

積読の奥のほうからこの本を引っ張りだしてきて読んでみました。

やっぱり佐藤優はただモンじゃない。
特捜検事を向こうに回して一歩も引かない。

私講演会場で一度ほんものを見たことがありますが
目が凄い。

あんな人と取調室で何日も二人きりだったら
特捜側が参っちゃいそうです。

実際まいちゃったようです。

この本では担当検事が佐藤氏にかなりのシンパシーを感じで
佐藤氏もそれを認め、お互いが相手を尊敬しつつ渡り合う熱のこもったやりとり
が再現されています。

佐藤氏の凄いところは担当検事の人物を讃えつつ
検察にはびこる思想の恐ろしさを淡々と暴いてしまうところ。

検事さんいわく

「これは国策捜査は『時代のけじめ』をつけるため必要なんです。
時代を転換するために、何か事件を作り出して、それを断罪するのです。」

こんな発言を実名で書いちゃう。

その時代ってのは誰が決めんのか?

時々の一般国民の基準だといいます。

その基準にもとづき法律の適用基準を弾力的に運用して
つまり適用基準を大きくさげて事件をつくり断罪する。

これって恐ろしいことです。
先日鈴木宗男氏が実刑確定の際に言っていましたが
青年将校の正義と同じだと。

正義の基準を勝手に描いておきながら
自分たちは国民全体に支持される絶対正義だと思い込んじゃってる。

寒い。

その正義のためなら事件をつくるのもいとわない。

佐藤氏のみたてによると

「『はじめに事件ありき』ではなく、まず役者を決め、
それからストーリーを作り、そこに個々の役者を押し込んでいきます。」

そして最後に主役のための真っ黒い穴を用意して
ジグソーパズルのようにはめ込むんだといいます。

取調べだってこんな感じ

弁護士さんいわく

「特捜の調書は『早い者勝ち』でいちばん最初に自白した者の話にあわせて
ストーリーを作って、他の供述はそこに押し込みます。」

そうやって正義の守り神として君臨してきたんですね。

それがちょっとほころび始めてますけどね。


ところで佐藤氏が断罪されて時代のけじめってのは
どんな時代の変化だったのか?

佐藤氏いわく

ケインズ型の公平配分の論理からハイエク型の傾斜配分への論理への転換のために行われたと。

公共事業などで中央の金を引っ張って公平配分する政治から
新自由主義への転換。

それが正義だったわけです。
当時は。

そして新自由主義が行過ぎると

ホリエモンや村上ファンドが断罪されるのです。

そして今は?

実際はどうかは別として
旧来型の政治家の代表として小沢一郎が狙われ

一方では新自由主義の権化、木村剛も断罪されるのです。


結局、正義は検察の気分しだい。

法律なんてどこへやら。

今の村木事件における大阪地検だって
検察の正義を担保するためのトカゲの尻尾きりでしょ。

大阪ってとこがみそですね。
中央じゃない。

以上

















スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/181-d349fae1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。