Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/179-6682f005
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

旬な男 小沢一郎

いま旬な男といえば小沢さん。

そこで前に読んだ本をざっと再読。
小沢革命政権で日本を救え小沢革命政権で日本を救え
(2010/06/17)
副島 隆彦佐藤 優

商品詳細を見る


副島隆彦氏と佐藤優氏というこわもて二人の刺激的な題名に惹かれて
菅政権誕生直後に購入。

鳩山政権崩壊の真実と帯にあります。

日本を救えるのはアメリカにものを言える小沢さんしかいないとのことですが
菅政権発足直後に反小沢で固められもはやこれまでと思い、
この本の賞味期限も一瞬にして切れてしまったかと感じました。

ところがどっこい
まさかの代表選挙で立候補。

でもって再読してみました。

今読むとすごい。

最近の出来事を予見している。

6月時点では暫時撤退。
9月の代表戦まで雌伏せよと。

小沢一郎の敵はメディアと検察だと。

6月に読んだ当時がわかっていても実感がわきませんでしたが
代表選挙中の今読むとあまりのあからさまの小沢バッシングに怖くなります。

連日テレビでバッシング。
政治と金、政治と金。

新聞も反小沢。
中立なんてどっかに飛んでった。
世論調査ってどんだけ信じられるわけ?

今度は雑誌がお色気スキャンダル報道。

アメリカメディアもバッシング。

検察もあからさま。
この時期に宗男事件を引っ張り出して政治と金に焦点をあて、
村木さんで検察の非もみとめ、逆に誠実さをアピール。

これらのことはすべてこの本に書いてある。

最近日本って単純になりすぎてる気がする。
善か悪か。
そんな簡単なものじゃないでしょ。

その悪をたたく正義の検察はなんでもあり
メディアの正義も錦の御旗のごとく。

気に入らない政治家を引き摺り下ろすならもっと
スマートやってほしい。

陰謀って昔はもっと奥ゆかしいものだったんじゃないの?

だれでもわかるほど攻撃してトラップかけて
単純であほなハリウッド映画のよう。

ここまでやると判官ひいきの日本人は立ち上がるんじゃない?

小沢さんを一番よく知ると思われる人はこの人。
これが真実なんでは?
わが友・小沢一郎わが友・小沢一郎
(2009/08)
平野 貞夫

商品詳細を見る


なぜ誤解されるのかがよくわかります。
平野さんいわく小沢一郎ほどカネにきれいな政治家はいない。


以上










スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/179-6682f005
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。