Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/167-0d52afc6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

情報系 2.0

ダダ漏れ民主主義 メディア強者になる!ダダ漏れ民主主義 メディア強者になる!
(2010/05/28)
日垣 隆

商品詳細を見る

予約購入しましたら日垣さんが昔かいた菅家さん冤罪事件に関する文章をもらいました。

この文章が凄かった。

捜査のいい加減さ、情報の恣意的隠匿、官僚機構と出世など
事件の本質を発生当時に暴いている。

一方で菅家さんその人についても
マスメディアでは見られないエグイ事実を公開している。

その事実がないとこの冤罪事件は成り立たないが
冤罪とわかった今、全てをさらけ出して
ジャーナリズムという諸刃の剣の鋭さに対しても問題を投げかけている。

でもってこの文章がのっている本が読みたくなりました。
情報系 これがニュースだ (文春文庫)情報系 これがニュースだ (文春文庫)
(2001/03)
日垣 隆

商品詳細を見る


日垣さんの本はたくさん読んでますが
古い時事ネタを扱っているのは気が進まずにスルーしていました。

今回も目次を見る限りでは古いネタばかりなので躊躇しました。
目次には、動く地図だの電脳図書館だのハイテク五輪だの今は使わない言葉がみられます。
しかも500ページ以上の大作です。単行本は97年発売。

まあ気になるところだけ飛ばし読みしようと購入しました。

ところがこれがまたびっくり。
扱うネタは当時の事件や社会問題ですが
物事の本質を鋭くえぐっており、まったく古さを感じさせない。
熱中して読み込んでしまいました。

どの文章にもドキっとさせられるような
事実を仕掛けてあります。

「太平洋を越えた恋」なんて最高でした。
日本を捨てて片道切符でブラジルに向かう技師。
彼と文通をつづけて、まだ見ぬ恋人を追いかけてブラジル渡る未来の妻。

夫婦の苦労を感動的につづるなか
彼らの語学習得の話題に触れる。

彼らがどうやって言葉を覚えたか?
日系新興宗教の現地への布教をすることで覚えたんですって。

衝撃をうけました。

新興宗教。
他人には胡散臭く感じられる。
でも信者からみればよって立つ柱。
逆境が信念を強くする。
そんな事実の両面をニュートラルに描写する。

この本ではこうした衝撃に幾度も出会いました。

ここで描いた1997年までの出来事の
その後を追って是非新しい本を書いて欲しい。

「情報系 2.0」

十年以上まえの出来事がその後の技術の進歩と社会の変化を経て
どうかわったのか?
そして変わらなかったのか?

以上





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/167-0d52afc6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。