Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/164-c3195051
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

無境界って?

無境界家族 (集英社文庫)無境界家族 (集英社文庫)
(2002/10/18)
森巣 博

商品詳細を見る


著者の森巣さん、出されている本の題名がなんか魅力的で気になっていました。
ただ本職がギャンブラーとか書いてありますと、私は賭け事に全く興味がないので
逡巡していたのでした。

解説を書いている永江朗氏も同じようなことをかいていますので
そう思って食わず嫌いになっている人も多いのでは?

私は先日、著者の講演会に参加したのを機に読んでみました。
講演自体は話がいろんなところに飛んでゆき
森巣氏の初心者には正直とらえどころのないものでしたが
座っている姿から発せられるなにか得体の知れないオーラに感じるものがありました。

無境界って言葉に感じるところがある人は是非読むべし。

民族や国籍なんてものは何の存在価値もなく
アイデンティなんて何を元にしてるかさっぱりわからんと。

日本では日本の特殊性を主張し
民族、文化の優秀性をいいたてる保守勢力があるが
そもそも日本なって一言で言える普遍性なんてないでしょって。

日本の特殊性を主張する人はだいたい西欧に行って挫折いたやつだといいます。
挫折したのは自分のせいではないよね?
日本そのものが特殊なせいだよね?
と責任転嫁しているだけだと。
ただの自己救済なんだと。

かく言う私も実は
けっこうこの日本人論の類の本がすきです。
海外の方とつきあうとやはり文化の違いを感じます。
それに日本は優秀だとも思いますし。

でも以前はこうした意見が
戦後タブー視されたこともあって少数派でしたから
魅力的に映りましたが
最近はなんだか謙虚さを失った根拠レスな空元気だけの保守言動が多くなり
ちょっともうおなか一杯、もういいよって気分です。

中国語でいいますと
有点儿腻了

そんなところにこの本でなんか爽快な気分であります。

ところで森巣さんはどうしてそんな思想になったのでしょうか?

まず奥さんが外人=日本人にとっての外人。=イギリス人
(森巣さんがいうにはすべての人間はすべて外人です。)

お子さんはもちろんハーフ。
森巣流にいうとダブル。

ご自身は国をまたがるギャンブラー。

今いるのはオーストラリア。
移民の国。

この国を選んだのは個人の自由に対しての国の干渉が世界で一番少ないからだとか。

奥さんはチョーインテリ。
この才女はジェンダー境界なんてないも同然。

お子さんは飛び級で博士になってしまう数学の大天才。
ダブルということで人種の境界を超えているのは当然として
天才は既存の学校制度の境界なんて軽く越えて行く。
オーストラリアは周りもそれを応援して法律無視する。

お父ちゃんはギャンブラー。
国境なんてない。

この家族、家族らしくもない
みんなばらばらに住んでて会いたいときにあつまる。
既成概念の境界も意味がない。

ルールだとか国籍だとか民族だとかジェンダーだとか、どんな意味があるの?ってかんじ。
そんな後付論理にしばられたくない。
干渉しないでくれ。
自由にさせてよって感じでしょう。

でも自由って己にとっては相当きびしいものでしょう。

それを主張して、なんの加護も受けずに
本当に自由に考えて生きていけるってそれだけですごい。
あっぱれです。
あこがれます。

そんな森巣さんが読んで世界が変わったとおっしゃるのはこの本
想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行 (ネットワークの社会科学シリーズ)想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行 (ネットワークの社会科学シリーズ)
(1997/05)
ベネディクト アンダーソン

商品詳細を見る


私がいきなり読むのはしんどそうなので
入門編として購入したのはこちら。

ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る (光文社新書)ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る (光文社新書)
(2007/05/17)
梅森 直之

商品詳細を見る



以上








スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/164-c3195051
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。