Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/162-05297570
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

不実な美女とは?

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
(1997/12)
米原 万里

商品詳細を見る


ロシア語通訳である故米原万里さんが通訳の苦労話をたっぷり聞かせてくれる
語学好きにはたまらない一冊。

エリツィンもほれたといわれる彼女の知性には脱帽です。
行間から知性があふれでてくる。
こんな女性をお話してみたい。

まず題名がいいですね。

不実な美女とは
発言を意訳して美しい言葉に置き換えてしまうこと。

貞淑な醜女とは
発言を逐語訳するけども母国語としてはぎこちない訳のこと。

通訳ってのは発言者がどんな状況で
何を意図して発言しているかをその瞬間をとらえて
言葉を変換しなくてはなりません。

一種の職人芸だといいます。
時は待ってくれない。
言葉やその背景を知らなければ調べることすらできない。

しかも本格的な通訳が呼ばれる場合なってのは
重要な会談だったり、大物だったりで一言もムダにできない。

「言葉でなく情報に忠実であれ」
なんていうらしいのですが
これもまた難しい。

日露漁業交渉において
漁獲量を管理するようにソ連に求められた際の失敗談があるそうです。

日本側はあるていど譲歩するつもりでいたのですが
先方主張を認める「管理」という言葉を使いたくない。

よって「管理」という言葉を回避して
遠まわしに表現していたそうです。

通訳さんはそんなことまで頭はまわらず
情報を伝えるべく、ロシア語で「管理」しますと伝えてしまったと。

するとロシア側代表がおしえてくれたそうです。
「管理」って言葉は使っちゃダメなんだよと。

一筋縄ではいきませんね。


またあるときは

学会の通訳をおおせつかった際
発言者である教授がべらべらしゃべりまくるので
わかりやすくしゃべるよう要請すると
相手側にわかってもらう必要はないと一蹴されたそうです。

要は教授にとっては発表の内容を相手に伝えることが目的でなく
その学会で発表するということ自体が目的だったという。

つまり学会で発表したという実績が欲しかっただけ。

相手国側もそんなことはお見通しで興味なさげに居眠りしてたそうです。

そんな時でも通訳は必ず借り出される。
国際学会であることのアリバイ作りのために。

通訳にきたのに伝えることが目的でないなんて
つらすぎる。

そんな苦労があったとしても
通訳の方は通訳がホントにすきだといいます。

彼らの存在なしでは
コミュニケーションが存在できないのですから
その全能感は恍惚感をも覚えてしまうのではないでしょうか。

うらやましい。

さらに語学に励みたくなりました。

通訳本ももう少し読みたくなって
米原さんのお友達の本も買ってみました。
こちらはイタリアン。
パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)
(2004/09)
田丸 公美子

商品詳細を見る



以上







スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/162-05297570
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。