Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/159-7a8ccc17
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

お金刷って景気回復

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)
(2010/01/16)
上念司

商品詳細を見る



最近、デフレ退治に立ち上がろうという気運がおきています。
その仕掛け人とも言えるのが著者。

菅副総理も突然いいだすし、日銀もしぶしぶ策を打つ。

ビジネス界に身をおいていますと
デフレが悪だということは身にしみてわかります。

そして今がデフレだいうのも実感としてわかります。
でも世の中に出てくる数値はこの実感とはことなり
大した物価下落になっていないのか?
またインフレ気味に思えてしまうのか?

この本に答えがあります。

①デフレ下においても値段の上がっているものがあることに注目される。

もちろん上がるものもあれば下がるものもあります。
でも価格が上昇しているものを購入しても
その代わりに別のものを購入することをあきらめてしまえば意味がない。
金の流通量を増やさないと何かの価格が下がるんです。


②CPI(消費者物価指数)は基準年から離れるほど高めにでる。

だからインフレ気味になる。
というかインフレ気味な数値がでる。

詳しくはお読みください。

こんなことがあきらかなら
それを見込んで調整して発表すべし。

③CPIには食べ物やエネルギーを入れてはいけない。

日本の物価指標とされるコアCPIは生鮮食品は除いてあるが
食料やエネルギーが入っている。

海外では食料、エネルギーが除かれるのが一般的。
なぜって価格変動が激しいから。

なんとリーマン前になんでもかんでも値段が上がってたような気がした当時
でも生鮮食品、食料、エネルギーを除くとデフレが継続していたとのこと。
びっくりです。


日銀さん早くお金刷ってください。

でもほんとにそんなに簡単なのかな?
簡単なんです。と。

信じてやってみよう。
これだけ生産設備があまってるのに
ハイパーインフレなんておきるはずがない。


過去の日銀の動きと景気についてはこちらが秀逸です。

円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか
(2001/05/08)
リチャード A ヴェルナー

商品詳細を見る


以上







スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/159-7a8ccc17
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。