Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/150-67e13dce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

本と闘う?

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
(2009/04/08)
松岡 正剛

商品詳細を見る


本読みの達人中の達人、松岡正剛氏の読書指南。

ちくまプリマー新書からでてるのでかるーい本かと思いスキップしようと思ってましたが
どこかで絶賛されてたので読んでみました。

軽い語り口のなかに深みあり。
本好きにはたまらんですね。

私が気になったのは速読についての話。

「速読にとらわれるのがダメなんです。
どんな本でも一定の読み方で速くするのは読書の意義がない。
それって早食い競争するようなものですから。」P124

私とらわれてます。
どんな本でも速くよまねがとの焦りがあります。
じっくり読んでしまって読書数が伸びないときは
速く読めそうな本を読まなければなんて考えもでてきたりします。

本の中身より速読が目的になってたりします。
最初は訓練のためにと思ってやってましたが
いつのまにやら手段が目的に転化しているような...。

最近はフォトリが効かない小説を読んだりしてアクセントをつけるようにしてます。

もちろん速読には効用があります。
ただしそれは目的をはっきり意識することが大事なんですね。

多様な本を多様な読み方で楽しむ。
読書の基本を再度教えられました。

松岡さんほどの達人ですら
難しい本はじっくりゆっくり何度も読むそうです。

ときには用語集という武器を持って戦闘態勢で望むんですって。

近頃本気で格闘するような本読んでないなあ。

以上



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/150-67e13dce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。