Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/15-c48fdf33
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

コンピューター

思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


以前から気になっていたのをやっと読みました。
いつも本屋で手に取るのですが
ぱらぱらめくると、なんか軽そうだなあと躊躇していました。

この方の文章はすごい。
軽いタッチの短い文章に薀蓄がつまってる。
どのエッセイにも広範な知識に裏づけされた表現があふれています。

1983年に出た単行本ですが
コンピュータについてこんな内容の文章があります。

産業革命で工場の仕事が機械に代わった。

機械に仕事を奪われた人間は機械が手を出せない事務所に仕事を見つけた。

この状態が200年続く

コンピュータ登場

この聖域がつぶれる

そこで記憶と再生を重んじた社会から創造的な知性を重んじる社会に変わる。

1983年といえば私中学一年生。
当時読んでも何の興味も沸かなかったでしょうが
そんな昔からこんなこと言われてたとはビックリです。

ITバブルのころ
トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))
(2000/03)
トム ピーターズ

商品詳細を見る

この本を読んで衝撃を受けました。

これから10-15年でホワイトカラーの90%は消えてなくなると。
この本は時代背景もありかなり現実みを帯びており、
ショッキングでした。

じゃあそれから8年今は...。
ううっ。

はやく消されないように知識を蓄えて
クリエイティブなアウトプットができるようにならんと。

以上


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/15-c48fdf33
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。