Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/133-2120dcb8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

明治ことはじめ

円を創った男―小説・大隈重信 (文春文庫)円を創った男―小説・大隈重信 (文春文庫)
(2009/01/09)
渡辺 房男

商品詳細を見る


今は民主党が天下をとって
なにかと明治維新にたとえられてます。

既存勢力との対決という点では似ていますが
国がいよいよ飛び立とうとする段階と
どうやって軟着陸しようかと苦悶している段階では
躍動感がまったくちがいますね。

今は何もかもある。
何をするにも既得権益者が邪魔をする。
壊すほうもおっかなびっくり。

明治の時代はなんでも創ってやれって精神です。

当たり前のことですが
日本の通貨「円」をいつか創られたわけです。

徳川幕府のもとで統治されていたとはいえ
江戸時代は幕藩政治で藩がそれぞれ経済運営してたわけです。

明治政府っていったって今結果から振り返ると
歴史の必然で着実に日本の形を変えてきたように見えますが
当時はぐちゃぐちゃだったんでしょう。

そんなか壮大なスケールを持ち
先に近代化した欧米に範を求めつつも
自らの信念をまげずに事を成し遂げた男たちがいるんですよね。

大隈もそのひとり。
江戸後期から明治初期にわたり
欧米列強が我が物が押して乗り込んできます。

芯がなければ植民地になること間違いなしのところ
ビジョンを描いて欧米と対決し、利用すべきは利用して国を創った。

イギリス公使 パークスとの対決なんて見ものです。
スノビッシュで上から目線で時には恫喝を交える。
びびる公家たちを横目に大隈はハッタリかましてガンガンやっつけます。

彼みたいなのがいなかったら政治も経済も欧米にやられまくったでしょう。
今は当時の欧米の影響力があまり語られませんが
実際は幕府も新政府も彼らの影響下にあった。

戊辰戦争だってフランスとイギリスの代理戦争だと
何処かで読みました。

明治政府=イギリスが勝ったんです。
アメリカのペリーだハリスだとよく言われますが
実際はイギリスの影響がつよかったんですね。

まあでもキチンとした通貨作って経済を立て直し
独立を保ったんです。

こうして世界へ出ていったんです。

以上























スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/133-2120dcb8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。