Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/132-2c4516a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

八百万の神

教養としての日本宗教事件史 (河出ブックス)教養としての日本宗教事件史 (河出ブックス)
(2009/10/09)
島田 裕巳

商品詳細を見る


日本人には宗教がないといわれますが
なかかなどうして歴史を並べられると常に何かの宗教があったことがわかります。

欧米諸国が圧倒的な力で世界を制覇した近代においてすら
キリスト教化しなかったのは
日本に信仰的な空白がなかったからだと著者はいいます。

なんとなく八百万の神の存在を感じ
普通に生きている中で自分の力の及ばない運命を感じてきたんでしょう。

実際、宗教なんていう概念すらなかったといいます。
明治維新後に近代化を目指すにあたって
宗教(religion)という概念を輸入し、様々な宗教の観念を体系化していったと。

そして神仏分離や廃仏毀釈が起こっていったとのこと。
そして神道いっぽんやりで破滅の道を進んだわけです。
一つの信念にまとまってしまうと何事もそれに照らして正当化されてしまう。
寛容さがなくなり融通がきなくなりつっぱしる。
ブッシュのアメリカみたいに。

今の日本は仏教やらキリスト教やら神道と宗教的にかなり適当にやっていますが
日本にはこちらのほうがあっているような気がします。

うちの墓なんか
仏教霊園にあって天使の像が飾ってありますよ。
そこに墓参りしたとき「千の風になって」を唄ってました。
「死んでなんかいません♪」なんて
せっかく成仏したのに。

善悪の基準なんてかなりあいまいなものですし
それをきちんと決める必要もないでしょう。
その時その時でなんとなく心の拠り所になる規範があればいいんじゃないかな。

Yes or Noとか
天使か悪魔かとか
進歩的だとか未開だとか
そんな簡単じゃないでしょ。

以上



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/132-2c4516a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。