Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/124-3ef0d8db
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

布団にくるまりミステリー with fever

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
(2007/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る


二日間、発熱のため家で寝てました。
インフルエンザ陰性ということでとりあえずはほっとしました。

医者の帰り、
寝ながらでも軽く読める本をと思い本屋に。

なんか哀愁の漂うきれいな題名に惹かれこの本を手にしました。

「あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、
必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。」

と背表紙に。

うんこれがいいでしょう。
発熱のときに徹夜は困るけど。

初日は辛くてほとんど進まず。

二日目は途中ロングな昼ねをはさんで一気読み。
夜も家族から部屋で隔離を命令されてましたので
静かに寝ながら。

完全に騙されました。

必ず二度三度読み返すなんて
私ミステリーでしたことありませんけど
こちらはそうしないわけにはいきません。

驚きの結末。

まあ読んでみてください。
私も熱が出てなければ読まなかったでしょう。
普段でしたら、「元私立探偵」なんかが出てきた時点で買いません。

そんな私がお墨付き。

読み終わったらこちらを読むと
著者の頭の良さがわかるかも。

ことばと文化 (岩波新書)ことばと文化 (岩波新書)
(1973/01)
鈴木 孝夫

商品詳細を見る



以上


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/124-3ef0d8db
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。