Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/118-4fbe6e64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

陰謀史観が好き

資本主義崩壊の首謀者たち (集英社新書 489A)資本主義崩壊の首謀者たち (集英社新書 489A)
(2009/04/17)
広瀬 隆

商品詳細を見る

を読みました。

私は広瀬隆の本が好きです。
世の中は裏で操る巨悪がいて常に彼らは大儲けして
貧しい庶民が割りをくっている。

初めて読んだのは学生時代。
原発ものです。
新版 眠れない話―刻々と迫りくる日本の大事故 (新潮文庫)いろいろ批判されている本ですが確かに眠れなくなる。

広瀬氏の真骨頂はロスチャイルドもの。
赤い楯―ロスチャイルドの謎〈1〉 (集英社文庫)赤い楯―ロスチャイルドの謎〈1〉 (集英社文庫)
(1996/11)
広瀬 隆

商品詳細を見る


今の経済を動かすのはロスチャイルドファミリーだ。
みんな親戚なんです。系図ってのはある意味真実ですよね。
でもロスチャイルドっていったってあまり現実感がないのでですが
日本も結局は閨閥によってコントロールされているってのを解き明かしたのがこちら
私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)
(2000/06)
広瀬 隆

商品詳細を見る


これは面白いですよ。
官僚だって世襲なんです。
国家試験なんて関係なし。
金持ちはみんな政略結婚です。
財産守るため。
官僚はよく批判されますがそれはその組織に対してがほとんどで
個人名と家族の系図までだしたのはすごい。

似たような構図を描く人に副島隆彦氏がいますが
彼は広瀬隆の書く世界は認めながらも、典拠がないことを批判していました。

そのせいか最近の本にはどうやって調べたかを記していました。
持丸長者[戦後復興篇]―日本を動かした怪物たち持丸長者[戦後復興篇]―日本を動かした怪物たち
(2008/04/11)
広瀬 隆

商品詳細を見る


私こういう歴史の大きな流れのなかで
大きな意志が働いているんだというようなお話が好きです。

でもこういったものの難点は
知ったところで好奇心を満たすのみで実益がない。

ロスチャイルドが世界を牛耳っていたとしても対処のしようがない。
シニシズムにおちいるだけですね。

でも広瀬氏にせよ副島氏にせよ
言ってることはだいたい当たる。
あっぱれです。

以上






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/118-4fbe6e64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。