Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/107-bbdb1a30
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

あきらめろ

人間の覚悟 (新潮新書)人間の覚悟 (新潮新書)
(2008/11)
五木 寛之

商品詳細を見る


久しぶりに五木寛之さんの本を読みました。

五木さん曰く、覚悟とはあきらめることだといいます。
あきらめる とは 明らかに究めることだと。

今の世の中は不景気真っ只中で暗いムードが漂っていますが
でもこれは国自体が下り坂なんだからしょうがないといいます。

戦後の日本はずっと上り坂だった。
所得倍増に、列島改造。
目標に向かって、みんなで上り続けた。
一種の躁状態であったといいます。

それに比べ今の日本はピークをすぎ経済も停滞、下り坂。
いわば鬱の状態。

こんな時、若者たちは抑圧される。
なぜなら個々人の人生においては上り坂の真っ最中。

エネルギーに満ち溢れて上昇志向をもつ若者と
下降の時代にいきあたり、うだつのあがらない自分に閉塞感をいだいてゆく。
そして心の病に。

こんなときは時代をみきわめ、あきらめることが肝心だといいます。
ギブアップするのではなく、受け入れる。
そのうえで前にすすむ。

なんかこの本読んでて「ポトスライムの舟」を思い出しました。
ポトスライムの舟ポトスライムの舟
(2009/02/05)
津村 記久子

商品詳細を見る


芥川賞受賞。

そこそこ学歴も教養もありそうなアラサー女性が
非正規雇用につきながら日々を送る。独身。

ふとしたことで目標を見つける。
ピースボートで世界一周。生活の延長線上にないとっぴなもの。
費用は年収と同じ。


それからの生活のなかでの葛藤が静かに描かれる。
仕事、家族、友人、結婚。
そして淡々と物語は終わりを迎えるのです。

これが今の時代なら、まさに鬱ですね。
「三丁目の夕日」の時代なら、いろんな葛藤があったって
みんなでなんとなく同じような目標にむかって進んでいるうちに
時代がどんどん後押ししてくれてなんでも解決されてしまって
考えることなんて必要なかったんじゃないかな?

まさに今の時代を写し取って芥川賞受賞にいたったのです。

作者の津村さん、今週号の東洋経済によると、会社勤務のかたわら小説を書いているとのこと。
芥川賞候補となったことで、小説をかいていることを会社に知られることとなったと。
そこで社内をまわって、雇用をつづけてもらうよう上司を説得したといいます。
小説家では食べてゆけないといってまわったそうです。

これもいまの時代らしいですね。
小説家なんて芸術家の一種で、書きたいものが抑えられなくて
社会に相容れないものっていうイメージがあります。
それが会社勤めにしがみつくなんて。

これも津村さん流の時代へのあきらめなのかもしれません。

この小説は私は興味深く読みましたが
爆発的に売れるとは思えませんから。
どういう読者層を想定してるんでしょうか?
おそらく主人公と同じような生活をしている人はよまないんだろうな。

五木さんの本では
蟹工船ブームについてコメントがありました。

あの本は実際貧困にあるひとが読んでいるのではなく
今後貧困に陥ることを漠然と不安に感じているひとが読んだのだろうと。

以上








スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/107-bbdb1a30
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。