Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/103-30c1d284
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

平等ってなんだ?

排除の空気に唾を吐け (講談社現代新書)排除の空気に唾を吐け (講談社現代新書)
(2009/03/19)
雨宮 処凛

商品詳細を見る


最近メディアでよく見かけるので
なんか気になるお姉さんではありましたが
著作はまったく読んだことがありませんでした。

先日大竹まことのラジオをpodcastで聴いていましたら
偶然彼女が出ていました。

右翼の結社なんかにはいったり右翼バンド結成したりしながら
左翼の専売特許労働問題にはいっていゆく彼女の来歴に興味をひかれました。

でもってとっつきやすそうなこの本を選んでみました。

派遣切りや派遣村が世間を騒がしておりますが
この問題は最近始まったものではないのがよくわかります。

90年代の大不況に際し、企業の成長神話が崩壊し
あたらしい社会と世界との競争というなのもとにそれまで安定していた雇用環境が一変し
企業が変化に対応できる体制がしかれるようになった。つまり首切りしやすいように。

去年の秋葉原の事件が記憶に新しいですが
90年代後半にあった池袋通り魔事件も同じような境遇が背景にあったのだといいます。

低賃金で単調な仕事を繰り返し、常に先に不安をかかえ、神経が張り詰めている。
でもどこに怒りをぶつけてよいかわからない。
明確な敵がいない。
自分の不遇を作り出すはっきりとした原因がわからない。
そして爆発する。
こんな社会が犯罪を増加させる。
もっとつきつめると戦争への希望が生まれてくるといいます。

こんな社会のさまざまな様相を具体的にレポートしてくれます。

このような不安定な社会を作り出している企業が悪なのだろうか?
セーフティネットを作れば問題が解決できるのだろうか?

私には発言するほどの知識がありません。
ただ漠然と思うのは「平等幻想」ってのが根底にあるということ。

小学校から平等平等と教えられ
機会平等と結果平等がごっちゃになり
公平と平等も履き違えられ
なんかみんな同じじゃなきゃいけないという意識が生まれる。

でも実際はおんなじわけがない。
格差なんかは絶対的なくならい。

それは普通のことなのに
人より境遇が劣るとものすごく不平等感を感じてしまう。
恵まれない人は卑屈になり
恵まれているとされる人も罪悪感にさいなまれる。

パートタイマーは高給取りをうらみ
高給取りは罪悪感からか効率の悪い長時間労働で精神を病む。

それぞれの利点と欠点、そこにいたった経緯すべてが異なるのです。
それなのに相違を優劣としてみてしまう。

こんな考え方を変える教育が必要だと思うのです。

以上





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/103-30c1d284
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。