Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/102-e1bc338c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

語学の天才の学び方

古代への情熱―シュリーマン自伝 (岩波文庫)古代への情熱―シュリーマン自伝 (岩波文庫)
(1976/01)
ハインリヒ シュリーマン

商品詳細を見る


トロヤの遺跡を発掘したシュリーマンの自伝です。
私はこの方が語学の天才であったということのみに引かれ手に取りました。

巻末の年譜によると彼が習得した言語はこんなにあります。

ドイツ語(母国語)
英語
フランス語
オランダ語
スペイン語
イタリア語
ポルトガル語
ロシア語
スウェーデン語
ポーランド語

現代・古代ギリシャ語
ラテン語
アラビア語
ヘブライ語

すさまじい。

インド・中国・日本も旅行したことがあるとのことなで
滞在期間中に日本語だってカタコトくらいは簡単に覚えちゃったんでしょう。

彼がすすめる全ての語学習得に通用する簡単な学習法はこんな感じです。

①音読を繰り返す。
そのとき翻訳しない。
これを毎日一時間。

②興味のあることについて作文する。
添削してもらう。
暗記して暗唱する。

要は常に声に出して繰り返せということです。
インプットよりアウトプット。

私も語学が大好きですがこの音読というのをやることができない。
場所がないから。
家でやっていたらうるさがられますし。
外では恥ずかしい。

でもシュリーマンさんそんな周囲のことは一切考えずに
ロシア語習得時には大きな声で暗唱し
同じアパートの住民から苦情をうけて2回も引っ越したんだそうです。

このぐらいの気合と情熱がないとこんなにたくさん習得できないのでしょう。
彼には語学習得という目標のその更に向こうの向こうに
幼いころから常に描き続けたトロヤ遺跡の発掘という大きな目的がありました。
これが成功の秘訣でしょう。

私もこっそり音読始めようかな。
では目的は?

以上


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://zhuangyuan.blog19.fc2.com/tb.php/102-e1bc338c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。