Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大不況には本を読む」読了

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
(2009/06)
橋本 治

商品詳細を見る


この読書ブログもすっかりほったらかしてしまい
企業風にいうなら11年度下期は更新していませんでした。

今日は4月1日新年度ということで仕切りなおしといきます。
読み終わった本をいつかブログにアップしなければとおもいつつ
今週はいそがしいから来週になどと先送りで六ヶ月。

いつか載せなきゃ本が机の上に積みあがり、数えてみたら50冊以上。
いつかいつかとおもうゆえにブックオフにも売りにいけない。

ブログをはじめたころは備忘録のつもりで気軽に書いていたのが
続けていくうちになんかまともなことを書かなきゃいけないモードになってしまい
ペースが落ちました。3.11の後は起こったことが重過ぎてさらにモードがヘビーに。

4月からは初心に返り
テキトーに、気になったところや思いついたことつらつら書いていこうと思います。


てなことで本日はこちら。

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
(2009/06)
橋本 治

商品詳細を見る


橋本治の本は20年以上ぶり。桃尻娘以来。

文学者が本と経済を語る。

本が売れない時代といいます。
昔は不況に強いはずがまったくだめ。
活字離れが進んでます。
これいかに?

本は基本的に「過去のこと」を書くものだといいます。
経験したという事実がないとかけないと書けない。

高度成長を経てオイルショックのころまで来ると
日本人は、もう過去のことはわかりきっているから、いいと、
今までのことを振り返らなくなったと。

それまでは過去のやり方を踏襲して
成功のあとをついて目標を追いかけて成功した。

こうして豊かになると、豊かさを謳歌することが第一目的になり
過去を捨てる。
未来に備える経験値としての過去を捨ててしまったと。
そんな人間は壁にぶつかった現在の先にある未来を構想する力なんて持ち得ないと。


いっぽう出版側も「いい本が売れない」と嘆きつつ
「いつの時代の基準」でいい本なのかを考慮しないと。

若者からしたら「他人のうっとうしい過去」かもしれない。
活字離れにはそれなりの理由があるといいます。

こうした状況を理解しつつも
それでもなお、本を読めと著者はいう。

近代150年にいろんな壁にぶつかって今ここまできた。
なんで今こんな閉塞感があるのか?

過去の選択を振り返り、いかにいい加減なルートを通ってきたかという
認識することが重要なんだといいます。


ひとつ、著者がいう選択しなかった道をご紹介。

1985年プラザ合意。
円高の始まり。

輸出で世界を席巻してた日本。
円高で苦しんで、コスト削減、品質改善などで今もまだなんとかやっていますが
2012年の今、いよいよ苦しい。

そこで著者はいいます。
1985年の時点で円高だから輸出はもういいやって
生産調整しちゃう選択もしたらよかったのでは?と。

カネはあったし、品質はいいものは高くても売れただろうし
農業輸入だって押し付けれらないし
工場海外移転もないし
労働力の安い途上国に追いかけらもしないし
資源も足りなくならないし...。

確かにひとつの選択ではある。

過去の延長でがんばろうとしてるから苦しいのかも。


まあ正解なんかわからないから
本を読んで考えましょう。

以上











スポンサーサイト

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。