Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力 告発本を読んでみた

東京電力・帝国の暗黒東京電力・帝国の暗黒
(2007/10)
恩田 勝亘

商品詳細を見る


先日、原発本を買いに行ったとき目に入り迷わず購入。

原発問題発生以来、東電バッシングが続いています。
地震や津波はあまりにも大きく、東電が責められるのも
理不尽だとも思いますがこの本を読みますと
今回の事故や事故後の対応は起こるべくして起こっていると思えてしまう。

この本は新潟県中越沖地震(2007年)の後に出されたものです。
当時も地震により刈羽原発に火災が発生したが火災対応が後手に回っていた。

化学消防車も化学消火器もなかったそうです。
当時原発がある17事業所のうち化学消防車があったのは5事業所のみだったと。

今回は準備されてたのだろうか?
放水もずいぶんあとに開始されたところを見ると、もしかして...。


更にひどいのは情報隠蔽。

刈羽の時も使用済み燃料プールの水があふれたが報告が遅れた。
一機は報告したものの実は7機すべてで起きていたとのこと。

情報隠蔽は過去からの体質ともいってよいほどで
この本には原発事故トラブル隠し年表なんて刺激的な表も掲載されています。

福島原発もよく登場し、データ改竄を行ってばれている。
内部告発。

99年には臨界事故まで起してたと2007年に白状しています。

炉心を構成する部分にひび割れなんての隠していました。

下請け作業員の被爆なんても過去にあったようで
実際に働く方々の安全なんかもないがしろにされてる。

''「全面マスクを貸してくれ」と東電にいったのですが
マスクがふそくしてるということで、東電の指示はノーマスクでした。'’なんて証言も。

「福島第一原発の一号機は、事故が多い原子炉として有名なんです。」と1978年にも既に指摘されてたと。

それから更に30年以上もつかってるわけです。
ああおそろしい。

起こるべくして起こってるんですよね。やっぱり。

今回の地震のあとにも色んなことがわかってきています。

ニューヨークタイムズにはこんな記事が。

Japan Extended Reactor’s Life, Despite Warning
東電は警告にも関わらず原子炉寿命を延長した。


福島第一原発一号機には発電機にひび割れが見つかっていたが
保安院とのお手盛り関係によって見過ごされ使用許可が10年延長されたと。

Several weeks after the extension was granted, the company admitted that it had failed to inspect 33 pieces of equipment related to the cooling systems

(延長決定の数週間後、東電は冷却装置の検査漏れを33箇所認めた。)

でもその直後に地震と津波が来てしまったのです。


ワシントンポストにはこんな記事も。
Japanese nuclear plant’s safety analysts brushed off risk of tsunami
東電の安全分析員は津波の危険性を却下していた。


なんかもう書くのがイヤになってきました。

以上






スポンサーサイト

ジュニア新書で「原発」のお勉強

新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)新版 原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)
(2006/02/21)
西尾 漠

商品詳細を見る


福島原発に関するニュースが気になって仕方がありませんが
ニュース解説を聞いたら聞いたで意味がさっぱりわからない。

そこで久しぶりに広瀬隆でお勉強をと思い
原子炉時限爆弾原子炉時限爆弾
(2010/08/27)
広瀬 隆

商品詳細を見る


こちらを購入しようとアマゾンを見ると在庫なし。
ではリアル本屋へと、在庫数日本最大、池袋ジュンク堂へ。

在庫なし。
もちろんリブロも在庫なし。

じゃあしょうがないと
基礎から学習と岩波ジュニア新書にいたしました。

勉強になりました。

54基の原発が全国で稼動していますが
そのうち10基が福島第一、第二にあるんですね。

現在(06年当時)稼動中の原発はすべて1970年より前に建設計画が明らかにされたものだといいます。
つまり原発の危険性が認知されるようになってからは一基も建設されていないと。
(今はグリーンとかなんとかで再評価され建設中のもがあります。)

福島のは沸騰水型炉ですが
世界的には加圧水型が安全性が高いとして主流。

沸騰水型を使っている理由は単純。
東電は日立と東芝にしか発注しないため。
(加圧水型は三菱重工が製造しており、関西、四国、九州が使っている)

原子炉は緊急停止しても
炉内にできた死の灰が熱を出し続けるのでこの処理がやっかい。
スリーマイルはこれの冷却ができなくなった。

使用済み核燃料の温度が上がりだして問題になっていますが
これが大問題。すぐに冷えない。
大前研一さんいわく5-6年かかるらしい。

これを処理するところがなくて困ってるから
原発に置きっぱなし。
とりあえず処理するまで臨時においているんですって。

この本にはその状況を称して
「トイレなきマンション」といっています。
汚物処理ができないマンション。

とんでもないことです。
糞尿なら臭いだけですがこちらは生命に影響が...。


地震の危険性はこう指摘されています。

巨大地震が来れば、様々な機器が同時に破損し
何重もの安全装置も破損の可能性がある。

すると安全対策の「とめる、冷やす、閉じ込める」が働かない可能性が大いにあると。

まさにそれが起こっています。


この危険性が指摘されているなかで念頭があるのは福島でなく
静岡県の浜岡原発です。東海地震の危険からです。


なんでこんな地震大国日本に?
と思いますが原発が計画されたころは地震の静穏期であったそうです。
っていったって周期なんだからいずれあることわかるだろ。

ちなみに今は活動期だそうです。

柏崎刈羽原発なんて豆腐の上の原発って言われてるそうです。

ああコワ。

危険なのはよくわかったし
耳慣れなかった語句の意味もわかった。
軽水炉、放射性物質、プルサーマル、ヨウ素、半減期...

でも今どうすればいいのかはまだわからない...。

以上



アメリカから見た世界経済

ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方
(2010/08/27)
リチャード・ヴィートー、仲條 亮子 他

商品詳細を見る


ハーバードではどんな授業をしてんのかな?
世界経済を地域ごとに解説してくれます。

興味深かった点を備忘録としてかいておこう。

【アフリカ】

著者はアフリカの経済発展をルネッサンスと呼んだ。
数百年ぶりの復興。

【中国】

1994年まで中央政府は地方政府から財産税を徴収できずに地方より貧しかった。
北京が金を握ったのはそれから。

(結構最近だな。)

1994年に人民元は$1=5.7元だった。
その後8.3元で固定され2005年まで変わらなかった。

(今よりも元高だったんだ。)

【インド】

中国は昔から統一されていたがインドは何十という別の王様が支配して分裂していた。

インド経済発展の基礎ができたのはワシントンコンセンサス以降。
今のシン首相が財務大臣の時にハーバードのMBAを雇った。

(結局インドもアメリカ指導か。)

【メキシコ】

アメリカはこの100年どこの国よりもメキシコとの関係に配慮している。

【南アフリカ】

ムベキ大統領はエイズはウィルスによる病気でなく社会病だと認識している。

【サウジアラビア】

石油ショックまでは貧しかった。

2008年世界銀行が選ぶ外国企業のビジネス環境ランキング世界16位。
(去年私も訪問してスマートさにびっくり)

【ドバイ】

リーマンショック後、人口が三分の一も減った。

【日本】

貯蓄率はGDPの15%あったが今は2-3%とアメリカ並み。
高齢化が原因。

円レート
円高は実体経済に打撃をあたえ通貨下落の方向にすすむが
海外配当などで経常収支が黒字なので、こちらは引きあげる方向に働く。
よって為替は読めない。

(アメリカの意思で動いているんじゃないんだ。)

小泉・竹中は日本を売り渡していない。

(そうなんだ)

以上














Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。