Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済徴兵制ってなに?

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
(2010/01/21)
堤 未果

商品詳細を見る


本は読んでないのですが堤未果さんの講演を聴きました。
クーリエ・ジャポン × 六本木ライブラリー講演会 「堤未果 貧困大国は変わったか」

アメリカのすさんだ状況に驚きました。

911以来、テロとの戦いに勝利するために軍事費を増額し
その代わりに教育、医療、福祉が削られた。

削った予算を効率的に運用するために市場原理が導入された。
補助金カットで民営化促進。

例えば教育。
助成金がカットされ学費はどんどん上がる。
学資ローンを借りる。
払いきれずに退学というパターン。

学資ローンを利用するのは以前から行われていたが
今は金額が大きすぎて大変。
貧乏人ははなから大学をあきらめる。

でもそこに愛の手が。

軍隊です。

学資応援キャンペーン。

今応募すれば学費出してあげますよ。
なんて。

貧乏人を狙い撃ちするんですって。

学校側から生徒の個人情報もらってリクルート。
なんでそんなリストが流出するかって?
リストを政府に提出しないと補助金もらえないんですって。
凄いシステムです。
中国政府の人権抑圧を責めることできませんね。
ネットの監視も凄まじいらしいし。
facebook流行も陰謀?

学費援助、国内勤務OKなんて言われて応募しちゃったらさあ大変。

予算足らずで援助を削られおまけにイラク行き。

イラクにいったらいったで軍事費たらずに
防弾チョッキも自費負担なんてこともあるとか。

そんなのわりにあいません。
でも一つだけ安全な職務があるそうです。
それはリクルーター。

ノルマはあるけど国内勤務。
戦争行くのがいやですから必死にリクルートします。
そこでどんどん若い兵隊が集まってくるんですって。

人呼んで「経済徴兵制」

日本も戦前貧困のよりどころが軍隊だったようですが
まだ神の国を信じて軍隊行くほうがいいような気がします。
なんか一見合理的に判断して自己責任で嵌ってゆくアメリカに不条理を感じます。


こうして集められて戦地に赴いた若者は
怪我をしたり、精神を病んで帰国することも多いそうです。

でも医者にかかれない。

なんで?

医者が足りないから。

医療の世界も民営化が進んでおり、オバマさんで話題の医療保険も民間保険会社が請け負う。
民間保険会社は被保険者が治療を受ける病院を指定するそうです。

すると患者をあつめてくる保険会社の立場が強くなる。

そして病院経営に口を出すようになるのです。

コスト削減、利益率向上...

間接人員を減らして、患者回転率を上げろ。

超過勤務に次ぐ超過勤務の果てに医療事故
さらには訴訟を起されるケースも。

医者が訴訟に備えて保険をかける。
保険会社は二度おいしい。

こんな事情で医者を廃業する人が増えているそうです。
はなはだしきは自殺なんてことも。

そんでもって医者が足りない。

恐ろしい民営化スパイラル。

こんな道をどこかの国も進んでいるのでしょうか?

以上


























スポンサーサイト

民族、宗教、そしてサッカー

サッカーが世界を解明するサッカーが世界を解明する
(2006/05)
フランクリン フォア

商品詳細を見る


サッカーってのはある意味、戦争なんだなということを思い知らさせてくれる。

選手のファンも命がけ。
時にはホントに戦争にも。

セルビアのレッドスター・ベオグラード。
現グランパス監督、ストイコビッチもいたところです。

レッドスターのファンか武装して組織化されてると。
民族紛争の敵、クロアチアのチームとの試合なんてのは
ほとんど戦争並みだといいます。

乱闘がスタジアムに広がりフィールドまでなだれ込み
サポーターに警官隊まで入り混じる。
選手は最後にヘリコプターで避難したんですって。

試合前から乱闘するつもりで投石のため石が用意され
攻められたときには酸で火傷させる仕組みまでセットされてたと。

すごすぎる。

そいいやキングカズもクロアチア行ったよな。

俊介の行ってたセルティックの話もでてきます。

セルティックとはケルト人のチームという意味。
つまりケルティックってこと。

そのセルティックのライバルがグラスゴー・レンジャース。

この両チームのダービーマッチは強烈だと。

民族対決に宗教が絡み
カトリックのケルト対プロテスタント、
イングランドのアイルランドへの抑圧の歴史と
独立運動まで一緒くたになり戦うのです。
蔑みと恨みがぶつかりあう。

試合の日は救急病院が大忙しになり死者も出ると。

そんなイギリスではフーリガンも暴れまくり
サッカーといえば貧乏人のスポーツと蔑まされていたそうです。
サッチャーでさえ敵視していたと。

グローバル化で仕事を海外に取られた労働者は益々過激化していった。

そのグローバル化が更に進むと
サッカーが世界のビジネスとされた
フールガンのメッカだったチェルシーはユダヤ系ロシア人に買い取られ
外人選手と集めどんどん強くなり、観客席に貴賓席が増やされ儲かる商売になっていきます。

そしてかつてのフーリガンの親玉は
今やコンサルタントになってるそうです。

若手サポーター達の正しい敵のやっつけ方を指導してる。

この戦争のようなサッカーですが
戦争のようだからこそ、本当のの戦争を回避できている面もあるそうです。


スペインのバルセロナ。
メッシのチームです。

バルセロナはカタルーニャ地方にあり歴史的に自治を求めて
独立気運が高いところです。

バルサはその象徴みたいなものです。

かつて独裁者フランコ将軍は大のレアル・マドリッドのファンであった。
彼の治世下、バルサの会長は逮捕、処刑されたそうです。
またカタルーニャを征服すると、クラブの建物を爆撃したといいます。

だけどクラブを潰さなかった。
政治的エネルギーをスポーツでガス抜きするために。

それはまんまと成功したのです。

サッカーは生半可な気持ちじゃサポーターになれませんね。

しかし日本は平和だなあ。

以上























希望が経験に勝利する。

先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!
(2008/10/02)
小林朋道

商品詳細を見る


朝日新聞の一面下段の広告で見て即買い。

題名に打たれました。

鳥取環境大学の先生が生徒たちとの研究中に起きるエピソードを楽しく紹介してくれます。

この動物大好きおじさんは突拍子もないことを言い出す。

駅前にヤギを放し飼いにしよう! なんて

人間は草食動物を見ていると心地よく感じるのだと。

そのわけは?

ホモサピエンスは数十万年の歴史のなかで、開けて見渡せる環境に暮らしてきた。
そこに草食動物がいることは、危険な肉食動物がそばにいないことを知らせる信号といえると。

なんかロマンを感じる。


このおじさんは珍しい動物の生態や珍しい動物そのものの発見のためなら労をいとわない。

ナガレホトケドジョウとかいう、一般人にとってはなんの興味も沸きそうにない
ドジョウを探しに、谷川に100回近くも足を運ぶ。

そんな心を心理学者の言葉を引用して紹介してくれます。

「フィッシャーマンは、九日間一匹も釣れなかったとしても、
十日目の朝になるとまた水辺への進撃を開始する。
これこそ、希望が経験に対して偉大なる勝利を収めたことの証でなくなんであろう。」

希望が勝利をおさめる。

いい言葉だなあ。

なんか思わぬ勇気をもらってしまいました。

シマリスの生態を知りたいという希望を持ち続けて
韓国の山奥にこもり、ついには蛇の頭をかじるところを目撃するのです。

なんでかじるの?

それは読んでのお楽しみ。

以上


2010年読書ベスト5

あけましておめでとうございます。

こういうのは年末にやるべきなんでしょうが
いまさらながら2010年に読んだ本のなかで面白かったものベスト5。(順不同)

読んだ本の合計は126冊でした。
フォトリ講座から離れるにつれ毎年減っているのが気になるところ。
語学への興味と反比例で読書が減ります。

それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤陽子

商品詳細を見る

日本切腹、中国介錯

一つ一つ判断しながら意外にも民主的に戦争を選んだのです。

無境界家族 (集英社文庫)無境界家族 (集英社文庫)
(2002/10/18)
森巣 博

商品詳細を見る


地球がひとつになるとこういう家族もありなんですよね。

東京セブンローズ〈上〉 (文春文庫)東京セブンローズ〈上〉 (文春文庫)
(2002/04)
井上 ひさし

商品詳細を見る


言葉は庶民のなかに生きている。

偉大な才能がまたひとつ消えました。

昔、言葉は思想であった昔、言葉は思想であった
(2009/10/22)
西部 邁

商品詳細を見る


言葉は思想から生まれるが思想が堕落し言葉も形骸化する。

日本史の誕生―千三百年前の外圧が日本を作った (ちくま文庫)日本史の誕生―千三百年前の外圧が日本を作った (ちくま文庫)
(2008/06/10)
岡田 英弘

商品詳細を見る


政治的脚色のない日本の歴史。

今年はもっとたくさん読みたいものです。

以上

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。