Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘヴン 現実ってなんだろうか?

ヘヴンヘヴン
(2009/09/02)
川上 未映子

商品詳細を見る


ラジオでトークを聞いて以来気になっていた作家。
いたるところで絶賛されてます。

いじめがテーマのこの小説、
生きることの価値観がゆらぎます。

いじめられていじめられてでも何も出来ない。
苦しくても抜けられない。

でもなんでいじめられているの?

どうしていじめるの?

なぜ自分は戦わないのか?

なぜなら...

みんなそれぞれ理由がある。

でもそれってそう思っているだけ。

相手のことなんて結局なにもわかっていない。

自分のことだってホントはわかっていない。

でもわかっているつもりにして納得する。

大きな大きな苦しい苦しい悩みにはそれなりの理由がある..
はず...

人間はつくづく精神的な動物だと思います。
物理的現実なんてあったってないに等しい。
心が歩いて世界を作っているのです。

大きな物語がない現代、ひとは世界をこころのなかに閉じ込める。

そんな心に拘泥するのです。

読んでいてどうしようもない不条理を感じる。
でもなんか薄いぼやけた明かりも遠くにみえる。

考え出したらとまらない。

そんな小説でした。

以上









スポンサーサイト

談合小説 日本は変わるか?

鉄の骨鉄の骨
(2009/10/08)
池井戸 潤

商品詳細を見る


談合小説。
政官財の三角形。

でもシリアスな社会派タッチではありません。
爽やかでピュアな4年目社員を主人公にすえて
ドロドロガチガチ社会を軽快に描く。
うまい!

さすが直木賞候補作。

私は鉄鋼業界にいますのでこんな世界をごく身近に見ておりますので
非常に興味をもって購入したのですが
果たしてゼネコン談合を扱った小説にどれほどの読者がつくのか
要らぬ心配をしてしまいます。

談合問題はむずかしい。

悪なのか?
必要悪なのか?
あるいは社会保障システムなのか?

擁護派はいいます。
安値入札で劣悪業者がはびこり安全がたもたれない。
競争を激化させ中小業者が路頭に迷う。

倫理的にはどうであれ法律違反なんですからいけません。
ただこのニッポンここからがややこしい。

法律では禁じられているのに皆が犯してることがたくさん。
しかもみんなが知っている。
談合、カルテル、政治家の金...。

でもある日突然糾弾される。
マスコミではとんでもない悪党扱いされてつるし上げられる。
みんな最初から知ってるのに。

そして誰かがスケープゴートになり
ちょっとたってほとぼりが冷めるとまたなんとなくはじまる。

これが戦後日本の安定社会では繰り返されてきた。
必要悪だなんていいわけのもとで。

でもこれも変わるんでしょうね。
ネットで世界がフラットになって日本の論理がつうじなくなる。

しかも政権が交代しました。
旧政権とどっぷりやってた建設業界は予算がつかずにボロボロ。
談合やるだけの案件もありません。

これは構造改革なのか?
時代の潮流なのか?

はたまた民主党に資金が還流するシステムができれば
再度同じことが繰り返されるのか?

要注目です。

談合ってのもやって利益が得られなければ機能しませんから
建設内需に閉塞感がある将来、きえゆく運命でしょう。

ただ別の業界でまたはじまるでしょう。
そうして変革後の社会の膠着がまた始まり活力が落ちてゆく。

この繰り返し。
長い歴史を大きな変革なしにやってきた日本の宿痾ですかねえ。

以上













日米対決 究極の愛のかたち 

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)
(1968/09)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


「皇軍相撃の事態必死となりたる情勢に痛憤して、....
軍刀を以って割腹自殺を遂げ、麗子夫人も亦夫君に殉じて自刃を遂げたり。」

こちらは日本代表。
三島由紀夫の「憂国」より。

2・26事件に際し、決起した友人らを撃つべき立場となった近衛歩兵は
懊悩を重ねた上で、新婚の妻とともに死を決意。
最後の交わりの後、割腹自殺。
美しすぎる日本男児。
享年30歳、妻23歳。


さてアメリカ代表はこちら。
草原からの使者―沙高樓綺譚 (徳間文庫)草原からの使者―沙高樓綺譚 (徳間文庫)
(2009/01/06)
浅田 次郎

商品詳細を見る

より 「星条旗よ永遠なれ」

アメリカの退役軍人のお話。

軍人が現役を退いても軍人であり続けるように
男は命ある限り「男」であり続けたい。

とビーチ沿いの星条旗カフェに集まり、軍人時代の武勇伝や
現在の夜の健在ぶりを語り合う。

若い頃から大砲を撃ち続けているとだんだん弾が減ってきて
最後の一発の時にはザーメンの代わりに星条旗がポンッと飛び出すんですって。

ある日、若い恋人を持つルイスがなくなった。

「朝の光の中に横たわったルイスの遺体は...戦場に斃れた兵士のようでした。
鍛え上げられた肉体は生けるがままで、少しも死を受け容れている様子がなく
自慢のコックもいまだに天に向いて聳りたっていたのです。

そしてそのコックの先端に、
掌ほどの星条旗が勇ましく翻っていた。」

最後まで男であり続けたのです。
享年69歳。
恋人42歳。(次の男を捜しにゴーン!)

あまりにくだらないのですが
男の寂しさがしみる小説でした。
浅田次郎おそるべし。

以上




白人にとってのオバマ

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
(2009/06/10)
辛 淑玉野中 広務

商品詳細を見る


お客さんに頂きました。

「オバマに対する見方が面白かったよ」と

辛 淑玉さんのお話にこうあります。

オバマはハワイやインドネシアで育ったから
アメリカ黒人の歴史的な傷つき方をほとんどしていない。
ダブル(ハーフ)だということもあって白人が投票しやすい。
もっというなら
仕返しされる心配をしなくていい。


こういう考えは浮かびませんでした。
逆にいうと一般的な黒人が大統領になろうとするときは
仕返しを恐れて投票しないということなんですよね。

大統領はともかく
そういう関係の民族グループが隣り合って、交じり合って社会を形成している。
緊張感があります。

ただアメリカの場合、わかりやすくてよい。
黒人だってヒスパニックだってアジア人だってみればわかる。

日本はわかりにくいから陰湿でいやらしい。
見ただけでは全くわからない。

でも辛 淑玉が帰化して首相になったら
やっぱり仕返ししてやろうとか思うわけですよね。
それほどまでの差別が現存しているのでしょう。

これも辛 淑玉の話ですが
戦後まもないころ、ガード下で傷痍軍人が物乞いしてたといいます。
国からお金を支給されていながらとんでもない奴だと侮蔑していたといいます。

でもそこには別の真実が。
朝鮮人軍人は国籍条項から除外され福祉を受けていなかったと。

国籍や民族が都合よく使われるわけなんです。
どこかで線をひく。
でもこれは生まれてきたものには出自は選べないわけです。

以上






2009マイベストランキング

年末になりますと一年の締めくくりとして
各種ランキングが発表されますが
こちらはちょっと遅めのランキング。

2009のベスト5を紹介します。(読んだ順)
ちなみに2009にでた本でなく読んだ本です。
186冊中の5冊。
ブログの記事と合わせてどうぞ。

赤めだか赤めだか
(2008/04/11)
立川 談春

商品詳細を見る

コーチングの天才

落語の世界って別世界。
噺家は書いてもすごいんです。

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
(2008/11/05)
水村 美苗

商品詳細を見る

日本語が亡びるとは?

ウェブの時代も日本語を大切に。

ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る

インドで生き抜く

世界は広くて深くて濃い。
さあ書を捨てて世界へ。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
(2004/06)
米原 万里

商品詳細を見る

激動の歴史を生き抜く女たち

歴史のうねりの中では人生ははかなく短すぎる。

トワイライト (文春文庫)トワイライト (文春文庫)
(2005/12)
重松 清

商品詳細を見る

夢破れて40歳

小説は事実よりも真実をえぐりだす。
人生つらいね。

というわけで今年もよろしくお願いします。

以上

速読ってダメなの?

ビジネスマンのためのクオリティ・リーディング (創元社ビジネス)ビジネスマンのためのクオリティ・リーディング (創元社ビジネス)
(2009/10/16)
三輪裕範

商品詳細を見る


2010年の読書生活はどうしようかなと手にとって見ました。

クオリティ・リーディングとは考えることを中心とした批判的読書のことを意味し
その対極にあるのが最近はやりの速読術であるといいます。

と批判されつつも私、失礼ながらこの本もフォトリしてみました。

いわく速読術は要旨やポイントをつかむエッセンス獲得読書であり
論理思考力や批判的思考力は身につかないと。

フォトリを習った私もそれは認めます。
ただしフォトリなどのテクニックで本をどんどんこなしている人は
エッセンスの獲得だけで済ましているとは思いません。
その次があるのです。

本は無数にあり、読むべき本と時間のロスになってしまう本と玉石混淆であります。
そこでまず本の全体をスキャンするようこなしてゆき、
読むべきところはしっかり読むのです。
もちろん読む意味を見出せないものは読みません。

このテクがあるおかげで
心置きなく興味を持った本を購入することができますし
未読の本がつみあがっていてもストレスになることはありません。
ホント助かっています。

クオリティ・リーディングをするのはもちろん大事ですが全部やってたらしんどいですね。
著者も読むべきでない本を決めているそうです。

ジャーナリストの書いた本と口述筆記本。
納得です。
深みがないですもの。

いい本を見つける方法もしっかり伝授。

新聞第一面最下段の書籍広告を見よ!

ここは広告代金もそんなに高くはなく中小出版社でも出せる。
だけども安くもないので
出版社一押しの書籍を渾身の力を込めて掲載してくるんですって。

これから毎日見てみます。

以上












Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。