Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙の前にお勉強

最近は選挙、選挙となにかと騒がしいですが
わたくし個人的にはなんかもやもやとした感じが抜けません。

民主党ってそんなに人気があるのか?
メディアが報じるほど大勝することなんてありえるのかね?
なんか実感と違う。
政権交代って言ったってそれで何が変わるの?

このもやもや感を取りさるために
ちょっとお勉強をと思い何処かのラジオで紹介していたこの本を読んでみました。
日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか (中公新書)日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか (中公新書)
(2003/03)
加藤 秀治郎

商品詳細を見る


これは名著です。
まどろっこしい選挙制度を素人にもわかるようにすっきりと説明してくれてます。
読みやすい。

「民主政治は一つの取るに足りない技術的細目にその健全さを左右される。
選挙制度が適切なら何もかもうまくいく。
そうでなければ何もかもダメになる。」

と思想家オルテガが言ったとあります。

そんな大事なんですね。
いままであまり関心を払ったことがなかった。

小選挙区では二大政党制を生み出すとよくいわれますが
日本ではちょっと誤解されているといいます。

小選挙区でなんども選挙してるのに
これまでちっとも二大政党になってないじゃないかと。

二大政党制とは
二つの政党の議席数が伯仲していることを指すのではなく
少し得票数の差が大きな議席数の差となるように
人為的に多数政党を生み出すための制度なんだといいます。

二党で競り勝ったほうが明確な多数をしめるのだと。

得票数が一票でも勝ちは勝ち。
選挙区で一人しか当選しないのですから
比較優位の政党が圧勝する可能性がある。

過去の選挙で
新進党や民主党がいい戦いをしたのに
議席数では自民党にとおく及ばなかったのはそのためだそうです。

この間の郵政選挙はいうに及ばす
自民の圧勝が更に大きく議席を増やす結果となった。
(ちなみにこの本は郵政選挙の前に書かれています。)

ではなんのために小選挙区制を用いて二大政党をすすめるのか?

それは政権交代させるため。

国民の役割は
政府・政権の形成と選択にあり、
重要なのは、
現与党が不適切なときに、野党に転落させるメカニズムを持つことだと。

適切に政権交代を生じさせるには小選挙区が適していると。

政党は野党に転落しかねない恐れや
与党になりたい気持ちから
国民の意向を考えるようになるといいます。

そして与党は政権を担当し
野党はそれを監視する。

また日本は議院内閣制をもちいていますから
国会が総理大臣を決めるわけでそのためには
安定的な多数派が必要なわけで
であるからさらに安定多数が取りやすい制度が必要となるのです。

ただ日本の衆議院選挙は
小選挙区比例代表並立制というどっちつかずの制度なため
こうはすっきり行かないのが現実です。

比例代表制は少数者の代表を議席を得ることができるため
絶対多数が形成されにくく連立する結果となることが多い。

どっちかにするというのは世界の常識だそうです。

このほか参議院と問題、地方選挙とのからみ、
日本の政治風土など複雑な要素を選挙制度と結びつけて解説してくれます。
マスコミで騒いでいる細かいことについて
意義のあることなのか、まったく浅い議論なのかの区別がつけられるようになります。
名著ですね。

すっきりしたことは次のこと。

民主党の連呼する「政権交代」ってことばも
それなりに意義のあることだということ。

ダメなら次にまた換えればよい。

マニュフェストなんて真剣に読んでも意味がない。
どこもどうせみんなにいい事が書いてある。

ダメなら次に落とせばよい。

民主党支持者が圧倒的に多いわけでなく
小選挙区では比較優位でも圧勝になるということ。

でも比例はどうなるのかな?

ちなみは私は天邪鬼。

以上


スポンサーサイト

時代の終わり

ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)
(2008/05)
辻井 喬上野 千鶴子

商品詳細を見る


リーマンショック以来、何だか一つの時代が終わったような風潮があります。
こちらはこれより前の時代の終わり、つまりバブル崩壊とともに
消えていった大経営者の回顧談です。

辻井 喬、本名 堤清二、元セゾングループ総帥。
もう80歳過ぎですって。

私は西武線で育っており、いまもそこにいますので
セゾンの本丸、西武百貨店には愛着があります。
ちょっと街にでるというと池袋って感じ。

堤さん曰く、西武の全盛期は75年から83年くらいだといいますから
私が中学一年生くらいまでです。
そのころは百貨店が大衆消費社会をリードしていた。

そこからバブルを迎え、多角化を推し進め
ついには崩壊するのです。

その過程において堤清二はセゾンに君臨しつつ
時代の先端を切り開いてきていたのです。

パルコなんかもあったし、
美術館も流行ってた。
CMも話題になった。

その君臨してた堤さん
実は、自分がオーナーだという意識がなかったそうです。

親父さんに反発していながらも
社長になって
旧態依然としたそれまでの組織を変革して
新しい業態を開拓してゆくチャレンジャーの意識だったそうです。
はたから見たら独裁者に見えましたけど。

でも父親が凄すぎたから
いつまでもその巨像の影響から逃れられなかったんでしょう。
父の肖像〈上〉 (新潮文庫)父の肖像〈上〉 (新潮文庫)
(2006/12)
辻井 喬

商品詳細を見る

なにしろ強盗慶太と並び称されたピストル堤ですからね。
ミカドの肖像 (小学館文庫)ミカドの肖像 (小学館文庫)
(2005/03)
猪瀬 直樹

商品詳細を見る

こちらに勇姿が載ってます。

そんな最前線を突き進んでいた堤さんに対して
上野女史がつっこみをいれる。

「価値の定まらない前衛芸術に、価値を見出すのは成り上がりの新興ブルジョアジーだ!」
うーキョウレツー!

答えて曰く
「旧エリートに対する自己差別化かもしれません。」
さすがかっこいい。

でもそんな堤さんも時がたち、バブルがすすみ、社内で祭りあげられてゆく。

セゾン崩壊の原因にもなったリゾート開発で
視察に訪れた堤さんは、あまりに立派な殿堂のような建物にびっくりしたそうです。
自分の想像を超えた豪華さだった。

でもそれは周りの取り巻きが
堤氏は立派にしないと満足しないからと意をくんで立てたものだったのです。

上野氏いわく
「権力の追随者というのは、権力者の意向を過剰に汲み取って
権力者の意向以上に突出しがちなものなのです。」

こうして時代がまた終わり主役は去っていったのです。

そして今は次の時代の崩壊をしずかに語っているのです。

以上






夢破れて40歳

トワイライト (文春文庫)トワイライト (文春文庫)
(2005/12)
重松 清

商品詳細を見る


重松清の本はずっと読みたいと思っていましたが
本屋で手にとってぱらぱらめくってはいつも棚に戻してました。
なんか子どもとオッサンのステレオタイプお涙頂戴話のイメージがしてやめていました。

先日幻冬舎の見城徹の本を読んでいましたら
重松氏も角川出身で見城氏の部下であったと知りぐっと興味が深まりました。

でもって長崎への家族旅行に持って行きました。

先週の滝山コミューンに続き、こちらも団地のお話。
著者も一歳違い。重松氏は1963年、原氏は1962年。
同じ時代を生きているのです。
滝山コミューンのなかにも、このトワイライトからの抜粋があります。
読んでいて思い出した。

うまい小説はノンフィクションよりも真実に迫れるような気がします。
団地で一緒に子ども時代をすごした仲間たちが
30年を経て再会する。
それぞれの人生を生き、それぞれの悩みを抱えつつ。
転職、リストラ、病気、結婚...。

再会するのは40歳弱のとき。
これを書いていたときの重松さんと同じ年。
そして今の私とも同じ。

60年代末から70年代の日本は輝いていた。
理想の未来があった。
目標があった。

高度成長とともに団地ができて
万博があって未来が見えた。

その子どもたちが次第に壁にぶつかり、現実と調整をつけながら
いつのまにか夢をわすれてゆく。
この時代の日本と同じように。
高度成長から低成長→バブル→失われた10年。

夢を見て、何とか頑張って、バブルで成功して、浮かれて、ディープに落ち込む。

人生は大きな時代の流れに翻弄されているのです。

私はこの年代より7歳若いわけですが
同じ時代背景おいて、人生のステージが違うゆえ、ずいぶんと違った感じかたになります。

生まれたのは70年。つまり万博の年。
当然記憶なし。

小学校、中学校のころ日本はすでに目標をうしないつつあったし
自身の将来への夢もこれといってなかった。
バブルは学生時代。
社会は浮かれてましたが自分の実感としてはとくに感慨なし。
社会に入ると失われた10年の始まり。
最初っから悪いと厳しいのが当たり前に思えてくる。
社会人としてバブルで浮かれてドーンと落ちたのに比べたら知れたものです。

対する重松世代は
万博で素晴らしい未来を夢見て
社会人としてバブルになり、成功したと思いきや、暗黒の10年。
この間に結婚して子どもができ、社会の変化に家族も揺られてゆく。

大きな時代に逆らえないのです。
ただ時代は違えども人生のステージにおける悩みは
かなりリアリティをもって突き刺さってくるものがありました。
つらいねえ、40歳。

以上






コミューンって何?

滝山コミューン一九七四滝山コミューン一九七四
(2007/05/19)
原 武史

商品詳細を見る


装丁がかっこいいです。

でも娘に言われました。

「パパはなんで1974読んでんの? 1Q84じゃないの?」

そういわれてみればそうですね。
早く1Q84買わないといけません。

閑話休題。
といいますか閑話しかしてませんが。

滝山コミューンと聞いただけではなんのことかわかりませんが
当時東京郊外の団地にある小学校で民主主義コミューンが作り上げられたのです。

この団地は西武線沿線とはいっても駅からは遠い陸の孤島にあります。
私も同じ西武線なので親近感が湧きます。

ただ私は団地ではありません。
団地は昔から大嫌い。
無機質で怖い。

その怖さを著者も感じていたのです。

どのクラスの子も大体同じような家庭背景をもち
みんな同じような間取りの家に住んでいる。

あるクラスを核として全校的に理想の民主主義を作り上げてゆく
そのクラスの代表委員が裏で先生にコントロールされつつ
校内の委員会の委員長ポストを独占する。
そして生徒会も牛耳ってゆく。

そのクラスの指導の下
班に分けられた子どもたちが減点方式の競争を強要される。
だめな班はボロ班と呼ばれ攻められる。
だめな奴がいると連帯責任。
ソビエト式だそうです。

みんなの明るい学校とかいった空虚な目標のために
そのみんなが自主的に民主を体得してゆくというのです。

そしてその理想に反する対象にたいしては
自己批判や自己変革を要求して激しく迫れとおしえられるのです。

ここまでゆくと文化大革命の紅衛兵の世界です。
1974ですから時代もダブっています。
世界がイデオロギーでおかしくなっていたのでしょう。
でもそれはいったい何を目指していたのでしょうか?

私は著者より少しあとの生まれで
場所も団地のないところですのでこうした激しいものはまったくなく
班活動も委員会も生徒会もありましたが何の意義も感じず
たんたんとやらされていたような記憶しかありません。

私も選挙して生徒会副会長になりましたが
当時何をしたかまったく記憶にありません。
なにもしなかったんでしょう。
生徒の自主性は良し悪しは別にしてなんもなかったような覚えがあります。

この著者は、ある若い先生に率いられたコミューンに強烈な違和感を感じていました。
ただ彼がその違和感から逃避するオアシスとなっていたのが
超有名受験塾、四谷大塚であったというのがまた恐ろしい。
これも一種のコミューンでしょう。

こちらは高度成長産業社会をささえる企業戦士になるための。

以上









Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。