Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を変えるために

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になったマイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
(2007/09/21)
ジョン ウッド

商品詳細を見る


世の中にはスゴイ人がいるもんです。
このジョン・ウッドさん並大抵の男じゃない。

マイクロソフトのエリートの立場をなげうって
途上国に本を送るNPOを立ち上げて
突っ走って突っ走ってその結果がこれ。

Room to Read これまでの成果

図書館 7040カ所!

休暇で行ったネパールで空っぽの図書館を訪問することで物語が始まります。
子どもたちに本を読ませて識字率を高め、自立させたい。

こんなことを思う人はたくさんいるでしょう。
途上国を旅するとそんな思いになるものです。
でもたいていは思うだけ。
普段の生活の喧騒に戻れば自分のことで精一杯。

ジョンは違います。
超高級をなげうって、
さらには美しい彼女もほっておいて
正に人生かけてのめりこむ。

しかもマイクロソフトで鍛えた営業魂でどんどん寄付をあつめ
ネットワークをつくり、実行していく。

自分の生活なんかはそっちのけ。

あるときアメリカに帰国したとき
車で移動中に警官に職務質問された。
車両登録証が切れていた。
申請書を探すためにトランクを開けるとこんなかんじ。

子どもの本がつまった箱
荷造りのガムテープ
散乱する書類
空のペットボトル
ガットの切れたテニスラケット
ランニングシューズ
クリーニングに出す洋服
洗濯物入れっぱなしのバッグ
中身を見たくないので封を切っていない銀行残高証明

なんだか悲しくなって目が潤みました。
これほどまでにして
途上国の子どもたちのために奮闘する。

不可能が可能になって
どんどん結果が現れてくる。
スゴイ。

そんなジョンからの世界を変えるためのアドバイス

考えることに時間をかけ過ぎずに
飛び込んでみること


なんか仕事がしたくなってきた。

以上





スポンサーサイト

ノンフィクション 勝手にベスト10

現代プレミア (講談社MOOK)現代プレミア (講談社MOOK)
(2009/05/16)
佐藤 優

商品詳細を見る


最近ビジネス本比率が高くて、気分を変えたいとおもっていたところいい本がありました。
ノンフィクションの達人たちが100冊づつ選びます。
しかも編集が佐藤優。

先日窃盗でつかまってマスコミから消えた高橋洋一さんとの対談も載ってます。
佐藤優のインテリジェンスとしての衝撃の推理だけでも
本屋でチラ見するといいですよ。買いたくなります。きっと。


久しぶりにノンフィクションが読みたくなりました。
こういう企画は楽しいので私も便乗して100冊は挙げるのだけでも無理なので
ベスト10を選らんで見たいと思います。順不同。


不当逮捕 (岩波現代文庫―社会)不当逮捕 (岩波現代文庫―社会)
(2000/03)
本田 靖春

商品詳細を見る

ひよらない男の本です。

王道楽土の戦争 戦後60年篇 (NHKブックス)王道楽土の戦争 戦後60年篇 (NHKブックス)
(2005/11)
吉田 司

商品詳細を見る

戦後の世界も明治時代の怨恨がめんめんと続いています。

北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)
(2002/05)
中嶋 嶺雄

商品詳細を見る

文革は戦争だった。

コリアン世界の旅 (講談社プラスアルファ文庫)コリアン世界の旅 (講談社プラスアルファ文庫)
(1999/01)
野村 進

商品詳細を見る

韓国、朝鮮でなくコリアンとは?

湾岸戦記 (学研M文庫)湾岸戦記 (学研M文庫)
(2002/12)
村松 剛

商品詳細を見る

フセインは必要なのです。

宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)
(2000/07)
高沢 皓司

商品詳細を見る

拉致。あの時代の雰囲気。

東京漂流東京漂流
(2008/01)
藤原 新也

商品詳細を見る

80年代のすさんだ社会を冷たく描く。今を見通す書。
アメリカ素描 (新潮文庫)アメリカ素描 (新潮文庫)
(1989/04)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

文化と文明って。

私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)
(2000/06)
広瀬 隆

商品詳細を見る

日本の閨閥もすごい。官僚も世襲です。

天皇の影法師 (日本の近代 猪瀬直樹著作集)天皇の影法師 (日本の近代 猪瀬直樹著作集)
(2002/09)
猪瀬 直樹

商品詳細を見る

八瀬童子。悠久の歴史。

こうして本を挙げてゆくのがだんだん楽しくなってきました。
きりがないのでこのへんで。

以上



My Pleasure!

福島正伸氏の講演「どんな時も自分らしく働く」を聞きました。

講演回数五千回で常に聴衆を感動させるという福島さん。
さすがにいいお話でした。

どんな仕事でも、手法と姿勢によって成功できるといいます。

環境や条件のせいにせず、
自立型姿勢によって切り開いてゆく。
手法は100万通りあるんだよって。

深いお話で感心しっぱなしでありましたが
私が特に印象にのこったのはライトタッチのこのお話。

どんな仕事にも自ら積極的に望まなければいけない。
YesかNoかをはっきりさせよと。
これがあいまいになると「やらされ感」が出てくる。

「オレの反対だけど命令だからしょうがない。」
「こんな目標はじめから無理だけどやるしかない。」などなど。
やらされ感・・・。

こんなときはこんな風に答えよとおしえてくれます。

「君の今年のノルマは売り上げは10%アップだ」
答えて曰く 「そんなの冗談じゃない!ボクなら20%アップにしてみせます。」

こうするとやらされ感が消え、自発的目標ができる。チャレンジ!

「コピーとってきて!」
「My pleasure! 世界一のコピーをとってきますよ!」

福島さんは「御意!」と一言答えるそうです。

うーんいい感じ。
さっそく応用して試してみよう。

コーチングの本にもこんなことが載っていました。
「ほめる」技術「ほめる」技術
(2002/06/24)
鈴木 義幸

商品詳細を見る


企業のマネージャー研修において
「どんなときにモチベーションの下がる時か」とアンケートをとると
最も多いのがこんな答え。

「上からああしろこうしろと言われた時」

もうひとつこんな例が
コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくるコーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
(2002/07/24)
伊藤 守

商品詳細を見る


「人にとって管理されすぎること、自発性を奪われることは、何にも増して害です。」

これらの本はコーチングの本ですから上司の立場からどう指示すべきかを解説するのですが
受けての方だって、福島式ならストレスもふっとびます。

My Pleasure!
御意!

以上

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。