Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明国とは

翻訳と日本の近代 (岩波新書)翻訳と日本の近代 (岩波新書)
(1998/10)
丸山 眞男加藤 周一

商品詳細を見る


センセーショナルだった日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
のなかで紹介されていた本。
知の巨人同士のハイクオリティな対話です。

明治以来の日本はそれまでの鎖国からうって変わって
近代化した西洋諸国を手本として大発展してゆくわけですが
その媒介となったのが翻訳。

開国していきなり近代化したんですけど
なんでそれが大成功してしまったかというと
そもそも日本は翻訳文化があったのです。
対象がちがっただけ。
以前は中国でした。
それがヨーロッパに変わっただけ。

どんどんヨーロッパに留学して語学学んで
ありとあらゆるものを翻訳して持ってきます。

でもそれまで日本にはない概念を訳すっていうのは
大変なことです。

今みたいになんでもかんでもカタカナだとか略語にしてそのまま使っちゃう
のではないのですから。コンプライアンスだのCSRだの。

こんな例が載っていました。

「万国公法」という翻訳本が当時ベストセラーになったそうです。
その中の例。

原文の「all civilized nations」をどう訳したか?

耶蘇同宗ノ国

つまりキリスト教国家と訳したのです。

国際法はcivilized nationsのなかだけで通用するという文脈のなかでの翻訳だそうです。

キリスト教国家以外を文明国家とみとめず
ないがしろにしてきた構図を見事に翻訳しているのです。
征服したり奴隷にしたり、法律なんてものはキリスト教国とだけの約束。

そんな国際社会でに日本はよく生き残れましたね。
翻訳を通じて世界を見通せた人材がいてはじめて対応できたんでしょう。

今の世界をみたって結局は「耶蘇同宗ノ国」が世界を牛耳っており
構図は何も変わっていないようです。

でもそれを直接的には表現せずに
真実をオブラートに包んでしまっているのですよね。
今は。

以上


スポンサーサイト

「らしく」あれ

「見た目」で選ばれる人「見た目」で選ばれる人
(2009/03/18)
竹内 一郎

商品詳細を見る


先日ラジオで著者を知り、非言語コミュニケーションの妙について興味を持ちました。
「人は見た目が9割」のほうは大ベストセラーですが私は読んでいません。
この本が非言語コミュ二ケーションを扱ったものだったことすら知りませんでした。

ブライアン・トレーシーの本にもありましたが
コミュニケーションで言語の占める割合はった7%しかないといいます。
大部分は仕草や表情で通じるんだそうです。

私、けっこう無愛想なもので、いつもぶっきらぼうに過ごしておりますが
ちょっとはニッコリ笑顔なんてのも身につけなければいけません。

でもこれが自然であり、且つ真実に裏打ちされていないといけません。
これって修行がいりますね。

仕草や振る舞いなんてのは一朝一夕に身につくものではありません。
ですから手本を見つけるといいといいますが
それも上滑りではいけないと。

「らしく」しなさい。
「ぶる」んじゃないよ。


こんなコトバが講談師の世界にあるそうです。
らしくない話し方をする奴が一番お客に拒絶されるんですって。

このコトバ、胸にズーンと響きました。

というのも私身に憶えがあるからです。

今で言うシューカツのころの失敗の話です。

私バブル崩壊直後に就職活動し、時代のながれに押し流され、就職浪人しました。
一年目の活動のころ、私は自信満々でした。

学生時代は海外一人旅で見聞をひろめて、スポーツもこなし、学歴もまあOK。
そしてなにより大学二年生から大手商社でスーツ着て営業のアルバイトしていたので
企業で面接なんて全然楽勝だと思っていました。

若い先輩方々の受けは良かったのですが
人事部長クラスになるとまるで評価されないのです。
そして最終面接で落ちまくりました。

あるとき人事部長さんに言われました。

「君には学生らしいハツラツさがない。」


社会人ぶって落ち着い言い回しで淡々と語るのがいいと思っていました。

学生らしくなく、ただぶっていただけだったんです。

失敗を悟った私は、活動を切り上げ、一年先送りしました。
二年目は後がなく、必死でしたので、自然と振舞えました。

以上





ネットで放牧って?

小山龍介さんと松村太郎さんの対談を聞きました。
デジタルノマド(遊牧民)としての新しいキャリアの可能性

わたくしはどちらかというとアナログ人間でデジタルの世界にはいると
まだ構えちゃってリラックスできないのであります。
とくにモバイルは苦手、親指タッチができないし、ケイタイがなるとドキッとする。

そんな私ですがこのデジタル・ネイティブのお二人の話はぐっと聞き入ってしまいました。

松村氏は5つのわらじ履いて同時進行しているとのことですが
その秘訣としてこんなことを。

「趣味を仕事的に行い、仕事を趣味的に行う」

こうして楽しく過ごしつつ幅を広げ、技を磨いてゆく。

自分の興味を掘り下げていって
それをデジタル空間に「放牧」する。

餌やって丹念に育てるんでなく、放っておくのです。

そのうち、どこからともなくプロデューサーがあられれて
放牧したものを見つけて育ててくれる。
偶然の出会い。
でもその偶然が必然への変わって行く。

そんな放牧の場としてtwitterを紹介してくれました。
twitterって何?

ただ自分が今何してるってのを短くコメントするだけ。
どこが斬新なのか?どこが良いのか?というのは私には実感できませんが
お二人によるとこんな感じ。

ブログでは労力がかかりすぎるしシンドイ。
SNSでは関係性が濃すぎてこれもまたシンドイ。

twitterは140文字しかかけないので気楽。
いちいちコメントに返答しなくてスルーしてもいいのでライトな感覚。

たしかにブログですと
読者にどう読まれるかも気にしつつ書いているうちに
だんだん純粋さがなくてってきます。

純粋さってどこにあるのか?
それは子どものころの自分にあるんじゃないかと。

中学生ぐらいになってくるとだんだんコミュニティに巻き込まれてゆき
社会性を身につけてゆく。
つまり本来の自分を衣で覆ってゆく。
社会的自分しかいなくなる。
自分ってどんなだったっけ?

あらためて自分の興味を探ってみるといいですよって、松村氏。
自分興味史を幼少時代から振り返る。
それ系統立てて整理してみると本当の自分が見えてくるそうです。

そして興味の赴くままに
デジタルのネットの世界に放牧してみる。
放牧する場所を求めて遊牧する。
松村さんは自分はデジタル・ノマド(遊牧民)だといいます。

まず手始めtwitter登録してみました。
こんどは自分興味史をつくってみよう。

以上






あきらめろ

人間の覚悟 (新潮新書)人間の覚悟 (新潮新書)
(2008/11)
五木 寛之

商品詳細を見る


久しぶりに五木寛之さんの本を読みました。

五木さん曰く、覚悟とはあきらめることだといいます。
あきらめる とは 明らかに究めることだと。

今の世の中は不景気真っ只中で暗いムードが漂っていますが
でもこれは国自体が下り坂なんだからしょうがないといいます。

戦後の日本はずっと上り坂だった。
所得倍増に、列島改造。
目標に向かって、みんなで上り続けた。
一種の躁状態であったといいます。

それに比べ今の日本はピークをすぎ経済も停滞、下り坂。
いわば鬱の状態。

こんな時、若者たちは抑圧される。
なぜなら個々人の人生においては上り坂の真っ最中。

エネルギーに満ち溢れて上昇志向をもつ若者と
下降の時代にいきあたり、うだつのあがらない自分に閉塞感をいだいてゆく。
そして心の病に。

こんなときは時代をみきわめ、あきらめることが肝心だといいます。
ギブアップするのではなく、受け入れる。
そのうえで前にすすむ。

なんかこの本読んでて「ポトスライムの舟」を思い出しました。
ポトスライムの舟ポトスライムの舟
(2009/02/05)
津村 記久子

商品詳細を見る


芥川賞受賞。

そこそこ学歴も教養もありそうなアラサー女性が
非正規雇用につきながら日々を送る。独身。

ふとしたことで目標を見つける。
ピースボートで世界一周。生活の延長線上にないとっぴなもの。
費用は年収と同じ。


それからの生活のなかでの葛藤が静かに描かれる。
仕事、家族、友人、結婚。
そして淡々と物語は終わりを迎えるのです。

これが今の時代なら、まさに鬱ですね。
「三丁目の夕日」の時代なら、いろんな葛藤があったって
みんなでなんとなく同じような目標にむかって進んでいるうちに
時代がどんどん後押ししてくれてなんでも解決されてしまって
考えることなんて必要なかったんじゃないかな?

まさに今の時代を写し取って芥川賞受賞にいたったのです。

作者の津村さん、今週号の東洋経済によると、会社勤務のかたわら小説を書いているとのこと。
芥川賞候補となったことで、小説をかいていることを会社に知られることとなったと。
そこで社内をまわって、雇用をつづけてもらうよう上司を説得したといいます。
小説家では食べてゆけないといってまわったそうです。

これもいまの時代らしいですね。
小説家なんて芸術家の一種で、書きたいものが抑えられなくて
社会に相容れないものっていうイメージがあります。
それが会社勤めにしがみつくなんて。

これも津村さん流の時代へのあきらめなのかもしれません。

この小説は私は興味深く読みましたが
爆発的に売れるとは思えませんから。
どういう読者層を想定してるんでしょうか?
おそらく主人公と同じような生活をしている人はよまないんだろうな。

五木さんの本では
蟹工船ブームについてコメントがありました。

あの本は実際貧困にあるひとが読んでいるのではなく
今後貧困に陥ることを漠然と不安に感じているひとが読んだのだろうと。

以上








激動の歴史を生き抜く女たち

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
(2004/06)
米原 万里

商品詳細を見る


ロシア語通訳にして作家の米原万里さんの作品。
大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
同じく大宅賞受賞の佐藤優さんのことを高く評価していたといいます。

自壊する帝国 (新潮文庫)自壊する帝国 (新潮文庫)
(2008/10/28)
佐藤 優

商品詳細を見る


佐藤氏のこの本では、それまでなじみのなかったロシアという国家が
人間個人を通して色濃く伝わってきました。

米原さんのこの本でも
共産主義全盛時代のソ連衛星国とよばれた各国が、
生身の人間の個性と人生を通して
個別の文化をもった魅力的な存在として伝わってきます。

東欧、中欧諸国のそれまでのイメージといえば
暗い、冷たい、堅い、怖い、静寂...無機質なコンクリートみたいなものです。
当時ミステリー小説で描かれていた冷戦物の東側の描き方です。

それが米原さんにかかると
躍動感あふれた個性として浮き上がってゆく。

1960年に米原さんは小学生時代、チェコのプラハのソビエト学校にいた。
お父さんが共産党なんですね。

その友達は世界各国から集まっており、
なんと50カ国の子どもたちが揃っていたと。
ソ連全盛時代の輝きが世界を魅了していたんでしょう。

リッツァはギリシャ人、アーニャはルーマニア、ヤミンスカはユーゴスラビア。
みんなが自分の国を愛し、はつらつとして、泣いて笑って、元気いっぱいに生きている。
ちょっと共産国家の矛盾に気づきつつも、無邪気に子ども時代をすごします。
そしてそれぞれの人生を歩み、大人になった。

この三人の人生が凄い。
ギリシャの青い空を愛していたリッツァは国に戻っていない。
アーニャはチャウセスク以後も生き抜いている。
ヤミンスカは民族紛争の激動のさなかに。

それぞれ80年代、90年代の大激動を生き抜き、矛盾
を抱えながらもひたむきに生きている。
女は強い。

共産主義が崩壊していったのは80年代末から90年代初頭で
すでに過去になりつつあり、資本主義全盛も去年終わった感があり
時は確実に過ぎてゆきます。

主人公たちが小学生だった60年代からの30年間は歴史からみると
たった一ページかもしれませんが
人生においてはあまりに長く、重要な30年であり
個人は激動に飲み込まれ、もみくちゃにされつつも生き抜いきたのです。

時の無常さを感じさせられました。

登場人物の個性もいきいきと描かれているし
それぞれの国家の文化歴史民族への洞察も深い。
共産主義の理想への郷愁と矛盾とその崩壊が淡々と背景にあり
短編集ながら大河小説のスケールの大きさがありました。

いっきに米原さんのファンになりました。
でももうお亡くなりになってしまいました。
さっそくもう一冊買いました。
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
(1997/12)
米原 万里

商品詳細を見る


東欧もので一つ思い出しました。
この小説も凄かった。
内容はほとんど覚えてませんが
かなりショックを受けたことが印象に残っています。
悪童日記 (ハヤカワepi文庫)悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
(2001/05)
アゴタ クリストフ

商品詳細を見る


以上











天才になる法則はあるのか?

天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る


この本のプルーフ(見本)を読みました。
マインドマップ的読書感想文で興味を持ち
講談社のキャンペーンに応募しました。
ブログでこの本の紹介をすることを条件にプルーフをもらうのです。

世の中には桁外れの成功を収めた人がいますが
そんな彼らの成功は人々の語りぐさになります。
天賦の才であったり、血のにじむような努力であったり。

でもそんな本人に起因する理由より、もっと大きな影響を与えている外部の要素があるのです。
ウソでしょ?ってほどの単純な理由だったり、どうしようもない環境だったり、そんなものが
重なりあって桁外れの天才を生み出すんですって。

モーツァルトもビートルズもビル・ゲイツもロックフェラーも あいつも こいつも。

どんな要因?
知りたいでしょ。
では本書を買ってください。

なんていってプルーフをもらった優越感を演出してますが
実はこのプルーフで読ませてもらったのは9章立てのう2章だけ。

第一部:好機         チャンスに恵まれるってことです。
  第一章 マタイ効果     誰でも持っている人は更に与えられて豊かになるんですって。
  第二章 1万時間の法則  天才のマジックナンバーです。

もっと知りたいので私も買うしかないのです。

でも二章まででも十分楽しめました。

天才の誕生が、偶然性をもった好機に恵まれたことが原因ってことは、
資質に恵まれていなくても、好機が訪れ、波に乗ればいけるかも?
もちろん波に乗るための日々の努力は欠かしません。
なんて自分を鼓舞できる良書でもあります。今をチャンスに!

こんな本を思い出しました。
他力 (講談社文庫)
自分だけでは何もできない。でも風が吹くまで鍛錬する。
愛に生きる―才能は生まれつきではない (講談社現代新書 86)
教育と努力で天才は育つ。

今回のプルーフ(見本)プレゼントキャンペーン、これは勝間さんが考えたのか
講談社の方が考えたのかわかりませんが
ホントにうまいキャンペーンだと思います。

本の紹介をほっといてキャンペーンの批評をするのは反則かもしれませんが
いたく感心しましたのでちょっと。

マーケティングのバイブルといわれるこちらを網羅的に実践しています。
影響力の武器[第二版]影響力の武器[第二版]
(2007/09/14)
ロバート・B・チャルディーニ

商品詳細を見る


第1章 影響力の武器
第2章 返報性-昔からある「ギブ・アンド・テーク」だが・・・・・・
第3章 コミットメントと一貫性-心に住む小鬼
第4章 社会的証明-真実は私たちに
第5章 好意-優しい泥棒
第6章 権威-導かれる服従
第7章 希少性-わずかなものについての法則
第8章 手っとり早い影響力-自動化された時代の原始的な承諾

目次は以上ですがこれを一つ一つ取り入れています。
例えばこんな感じ。

◆返報性- 

プルーフ頂いたからブログに書くだけでなく買わないとって思っちゃいます。
もちろんもらってなくても買ったでしょうけど。

◆コミットメントと一貫性- 

ブログに書くことで私としてもコミットメントしているわけで
すでに応援団になっています。

◆社会的証明- 

すくなくともプルーフ数量分はブログにアップされるのですから
社会的に認められていることを演出できる。

◆好意- 

プルーフありがとう。

◆権威- 

勝間さんが認めて、訳してるんだったら・・。 あのαブロガーが認めるんだったら・・・。

◆希少性- 

プルーフは数量限定です。私のは118番でした。

ブロガーたちが自らコミットメントしてたくさん記事をアップして、
話題になっていっぱい売れて、いつの日ティッピング・ポイントを超える。
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1)
そして社会現象になって更に記事がアップされる。
費用対効果抜群のスパイラル効果がありそうです。


私の記事はぐずぐずしていて
発売間近になってしまいました。
夏休みの宿題の気分です。

以上



地方都市の風景

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


本屋大賞受賞!
本には色んな賞がありますがこの本屋大賞は売れ行きへの影響度は抜群だそうです。

書評なんかも絶賛していますので興味はありましたが
いかんせんイメージが暗すぎて買う気が起きませんでした。

先生の子どもを生徒が学校で殺すってのはちょっとえぐい。
しかも陰湿な復讐劇が静かに進行するってのもきついですね。

私は勧善懲悪ハッピーエンドがすきなのです。

でも先日本好きのお客さんから頂いたので読んでみました。
やっぱり暗かった。
みんなが不幸になる。
ストーリー展開は早くいろんな仕掛けがつまってあきさせませんが暗すぎる。

無機質な地方都市で普通の家族のちょっとした不幸がだんだん静かに
個人を壊してゆき、連鎖的に回りも壊れてゆく。

地方都市の無機質な感じはよくできていて
小説に出てくるハッピータウンとかいうショッピングセンターがそれを象徴していると思います。

ジャスコのあつ街では凶悪犯罪が多いなんて
衝撃的な帯をつけていたこの本を思い出しました。


ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 (新書y)ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 (新書y)
(2004/09)
三浦 展

商品詳細を見る


地域のコミュニティが壊れ
知らない他人同士が車で行き交う。
商品と情報があふれかえるけでなにか充実感が足りない。
核家族が単体で完結してしまい、お互いの期待のベクトルが噛みあわない。
閉塞感の打破のため、何か刺激を求めて、想像が肥大化する。
何かが崩れだす。

面白いくって一気に読みきりましたが
エンターテイメントを追求するあまり、だんだんリアリティをうしなちゃった感は否めません。

普通の生活が一つのボタンの掛け違いで
スパイラル的に破綻していくミステリーとしては以前に読んだこっちのほうが
リアリティを失っていない分良かったかな。
シンプル・プラン (扶桑社ミステリー)シンプル・プラン (扶桑社ミステリー)
(1994/02)
スコット・B. スミス

商品詳細を見る


以上



Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。