Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心」 より 「金」?

10年後あなたの本棚に残るビジネス書10010年後あなたの本棚に残るビジネス書100
(2008/10/31)
神田 昌典勝間 和代

商品詳細を見る

長い電車に乗る前に本屋によってついつい買っちゃいました。

こういう本を企画するってのは楽しいでしょうね。
一度やってみたいですね。
でも100冊はちょっと無理。

読書の達人たちがフィルターをかけてくれて
いい本紹介してくれるのは効率がアップして助かります。

勝間氏がいろんなとこで紹介している神田氏の本も載っていました。
非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06)
神田 昌典

商品詳細を見る


勝間氏いわく
この本を読めば成功しないほうが難しい

この本で神田さんは言います。
数ある成功本というのは、既に成功した人が自分に言い聞かせる為のものだと。

だから心の成長が大事なんて話になるのだと。

「金」と「心」を二つ目指すのではなく
まず「金」をつかめ!
「心」はその後でよいと。

昔から莫大な富を築いた経営者はみんなけっこうえげつない。
東急グループを築いた五島慶太なんか強盗慶太だし
西武グループはピストル堤。

そんな日本のえげつない経営者がうごめいた激動の歴史に興味があるかたはこちら
持丸長者[戦後復興篇]―日本を動かした怪物たち持丸長者[戦後復興篇]―日本を動かした怪物たち
(2008/04/11)
広瀬 隆

商品詳細を見る


金のためならなんでもやるどーという豪傑たちの歴史が楽しめます。
この方たちは後世においては経営者の鑑みたいにいわれているケースが多いですが
その実、すごいことやってました。
法律だって、環境だって関係なし。

最近、コンプライアンスだとか、CSRだとかうるさいですが
これって既得権益者が今の支配の秩序を守るために編み出したものじゃないでしょうか?
昔はこうして天下とったから、下にこれをされると、自分があぶない。

環境問題も同じですよね。

以上
スポンサーサイト

ちょーいいことって なあに?

「ねえパパァ!今日学校でチョーいいことあったんだよー!」

と小学校の娘がいいます。

普段は学校の話なんかあまりしてくれません。
こっちが聞いても
「別に」 とか 「フツー」とか なんか訳のわからない返事しか返ってこないのに
目を輝かせていいます。

「どうしたの?」

「来週から怪傑ゾロリが全部図書室に入ったんだよ!」

「来週からじゃなくて今週からでしょ。入ったんだから」

「ちがうの!今はあるんだけど見ちゃいけないの。来週から見ていいの。」

「図書委員が頑張ってくれたんだよ!全冊だよ、全冊! こんなだよ!」
と両手を広げて興奮気味。

今子どもたちの間では怪傑ゾロリが流行っていて
みんなで競って読んでいるようです。

先日もBOOKOFFで二冊買わされました。
本なら何でも買ってやるといったてまえ断れませんでした。

なにかそんなに面白いのかと思い読んでみました。
かいけつゾロリのきょうふのサッカー (ポプラ社の新・小さな童話―かいけつゾロリシリーズ)かいけつゾロリのきょうふのサッカー (ポプラ社の新・小さな童話―かいけつゾロリシリーズ)
(1993/12)
原 ゆたか

商品詳細を見る


まあほとんどマンガです。

時事ネタ、流行ネタ、学校ネタ、下ネタ、駄じゃれ満載。
チョー単純。

うんちの話のところは
「お母さんに見られないように折り曲げてかくそう!」なんて
折り曲げのための点線がはいっていたりします。

子どもたちにはたまらないんでしょう。

ただ過去のものは時の流れには勝てません。
私が読んだのは1993年のもの。
Jリーグ元年。
ミサンガがでてきたり、河童のかっこしたアーシンドなんていうサッカー選手がでてくる。
今の子どもたちはアントラーズのアルシンドなんてまったくわからないでしょう。

まあこんな本ですが
本を読むってことに関心をもってくれたのはなんとなく嬉しい気がします。

以上


ラジオもいいねえ

私最近、勝間さんのラジオ番組BOOK LOVERSにハマッてます。

毎日お昼に勝間さんがゲストを招いて、オススメ本を紹介する番組です。
といってもお昼時にラジオなんて聞けませんからpodcastでダウンロードして電車で聞いています。
ハイスピードにして聞いています。

何がいいって、声がいい。
ゲストの皆さんの声がいい。

著者の方々の声を聞く機会ってのはめったにありませんが
皆個性的ないい声しています。

特に良かったのは生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
で有名な福岡伸一さん。
声だけでファンになりました。

小飼弾さんの声は見た目とのGAPにびっくり。
怖いイメージがあったのであまりの軽妙なトーンでずっこけました。
ただし内容は深い。

皆さん本を紹介するのが本当に楽しそう。
全部の本が読みたくなる。聞きながら今すぐ購入するなってクリックできたらやばいです。

また意外性のある本も紹介してくれてどんどん興味が膨らみます。

「図で書く」で有名な久恒啓一氏が紹介してくれたのは寺島実郎氏の本。

私これまでまったく寺島氏に興味はありませんでした。
どちらかというとあまりすきではなかった。

でも久恒氏曰く、「現代の論客NO.1」との言葉で印象が180度転換。

なんでも寺島氏は毎日必ず夜11時から1時まで机に向かい勉強するらしい。
そして世界中を飛び回り、自分の足で一次情報を獲得し分析するのだと。
グローバルな視野を持ち、世界史的に物事をとらえ日本のグランドデザインを描ける人だと絶賛。

でももって今度は寺島氏のラジオ番組も聞いてみることにしました。
月刊 寺島実郎の世界

これもかなりいい。
今月はオバマの分析。

アメリカが力を急速に失っているなか
多様性、自由な社会、誰にでもチャンスのある国だというアメリカの優位性を体現しているのが
オバマだといいます。

なんだかんだいって黒人が大統領になれる国アメリカ。
やっぱりすごいよねって誰でも思ってしまう。

こうしたことを狙い、ゴリゴリの保守層までオバマに流れて
アメリカの威信を取り戻そうと必死になっているそうです。

そして純粋黒人ではないオバマの黒人性を利用していると。

このあたりの白人たちのご都合主義を知りたいかたはこの本が面白いです。
嘘だらけのヨーロッパ製世界史嘘だらけのヨーロッパ製世界史
(2007/02)
岸田 秀

商品詳細を見る


閑話休題。

まあともかく

この勝間和代のBook Lovers (ブックラバーズ)
聞いているだけでびんびん脳が刺激され
読みたい本や知りたいことがどんどん浮かんでくる触媒の役目を果たしてくれます。

一度おためしを


いまのところゲストは想定の範囲内なので
本好きゲストが本好きゲストを紹介するなんて試みもおもしろいかも。
勝間さんなら誰でもこなせそうです。

この番組がタモリの「笑っていいとも」みたいな長寿番組になってくれることを期待しています。

以上

情報洪水におぼれる

佐々木俊尚氏の講演をききました。
題してインフォコモンズ~究極のウェブ世界。

ネットに今起こっている問題や今後の方向を怒涛のようにしゃべりつづてくれた。
私は未だにネットの住人とは言えずこちら側のリアルな世界に生きていますので
こうして向こう側でおきていることを解きほぐしてくれるのはホント助かります。

情報大爆発時代においては
かつて提唱されたようなナレッジマネジメントなんてものはもはや不可能で
マネージできる限界を超えたといいます。

ではどんな情報が特に爆発しているのか?

それはマスコミに登場するにはちょっとマニアックだったり、専門的だったりするうような
ミドル領域の情報だといいます。

ネットによって情報発信のコストがかなり安くなったので
特定分野に特化した情報をターゲティングした層に流すことが可能になった。

佐々木氏はRSSやメルマガによってネット関連記事を読むらしいのですが
一日1000-1500の記事が配信されるとのこと。

それをチェックするだけでも二時間くらいかかるらしいのですが
実際本当に必要とする情報はかなり少ないとのこと。

そこで今の必要となるのは
その人にあった情報をいかに的確に流すかという方法。

AMAZONなんかで
「この本を買った人はこんな本も買ってます。」とかいうのが進んだモデルだそうです。

つまり共通の興味だったり、同じ地域に住んでいたり、同業の人だったり
この情報共有圏の人にあった情報を提供する。

アメリカではこれがかなり進んでいてSNSでコミュニティにいる人の
行動がバンバンメールで送られてきて情報があふれかえって収集つかないそうです。
誰々が何を買いましたとか、何を評価しましたとか。

でもその共有圏にある人がなにか買ったり、何かを評価したりしても
それが信頼できるとも限らない。

今度はその信頼できる情報をその中から探さなくていけない。
それを見つける方法をつくるのが今後のカギであるとのこと。

確かに私なんかコンピュータを妻と共有してますから
化粧品かったり、オークションで洋服かったりなんかもしますので
いらないメールがいっぱいきます。

AMAZONだってリアルの本屋やブックオフで手にはいらなそうな本しか買わないので
推薦図書がちょっとずれている。リアル世界で買ってる本やログにないですから。

MIXIもいろんなコミュに入ってますが
興味のある分野でも年齢層が微妙にずれてて違和感を感じる場合が多い。

また同じ趣味でも時が経てば興味もかわってゆく。
例えば私はここ5,6年は中国語にはまってますが
入門者時点を今とでは興味の対照は習得レベルによってかわってゆく。
それを同じ中国語学習者としてくくってもあまり得るものがない。
コミュニティを規定するのも難しい。

ネットの住民とリアル世界の住民との情報共有をどうおこなうかってのも
今後の課題ではないでしょうか?

これが年齢層でかなり分断されてるように感じます。
これに貧富の差まで入ってきて、情報共有圏といってもどんどん細分化されて
袋小路におちいるのではないでしょうか。

インフォコモンズ (講談社BIZ)インフォコモンズ (講談社BIZ)
(2008/07/17)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


以上

スクール・アーティストってなんだ?

これからの時代を拓く教育とは ――スクール・アーティスト:井出良一先生の教育改革

こんなセミナーを聞いてきました。
娘が公立小学校二年生なので教育には関心があります。
先日も授業参観を終えたばかり。こちらのほうは正直かなり退屈だった。

この井出先生は天性の教育者なんだとおもう。
教育についての講演がそのまま授業になっちゃって
話はいろんな方向にバンバン飛んでいって興味は尽きません。

ポップコーンを作りながら科学の原理について教えてくれる。
初めから教えてくれない。
まずは考えてみよう。

なんでポップコーンははじけるの?
ポップコーンってトウモロコシなの?

どこで採れるの?アンデス?
いつから人は食べてるの?インカ帝国?
こんなとこからエタノール自動車の話やら穀物相場の高騰の話までとんでゆく。

もっともっと知りたくなる。
子どもたちはこうして考える力が身につき
気づいたら知識もいっぱい。
もちろん学習への意欲も湧いてきます。

先生はこれを「ふり積もる授業」と呼ぶそうです。いい言葉です。

忘れていいんだよって子どもたちには言うといいます。
覚えなくていい。
でも知識が降り積もっていつのまにやら地層ができちゃっている。

そしていろんな引き出しができてくる。
そんな引き出しから必要なときに必要なものを出してきて組み合わせる。
それが創造という作業なんだと。

まさに現代が求めているクリエイティブな人間をつくる教育。
そして物事の本質を読み取れるエリートを育てるのだと。

アッパレです。

ただ問題はこれが井出良一氏という個人のアーティストの作品にとどまってしまっていること。
しかも先生は既に定年を過ぎてしまっているのです。もう今年が最後だとのこと。

この教育を世間ひろくに知らしめるため
セミナーのファシリテーターをしていた梶山寿子さんは本を書きました。
スクール・アーティスト―井出良一先生たったひとりの教育改革スクール・アーティスト―井出良一先生たったひとりの教育改革
(2008/06)
梶山 寿子

商品詳細を見る

今日娘のバレエを送り迎えの間に読みました。
月に一回学校以外で教室を開いているそうです。
こんど夏休みにでも参加させてみようかな?

その前に私自身も井出方式で子どもに物を教えてみよう。
私の曽祖父も大正期にけっこう名の知れた教育者でした。
私にもできるはず。

以上

P.S.
井出先生は音楽の授業で
シューベルトの「ます」を中国語で唄うらしいのですが
こちらについては中国語ブログに書きました。
シューベルト 「ます」中国語版

記憶の不思議な仕組み

今日は錦糸町のお客さんに行きました。
午後一番の訪問だったので昼飯は何を食べようか?と朝から考えていました。

すると脳からビビッときました。

あそこ行ってみようよ!
あのタクシーの運ちゃんがすすめてたラーメン屋!

でも店の名前も知らないし
場所も知らない。

運転士さんが絶賛してたのは「純レバ丼」とかいうもの。

そこで「錦糸町 純レバ」でググってみましたら一発ヒットしました。
菜苑

だからなんなの?と言われそうですが、
実はそのタクシーに乗ったのは今から10年以上前のことなのです。
紹介されて数日後探しに行きましたが見当たらず
当時はネットも一般的でなく、それっきり忘れてました。

それが今朝急に思い出しました。
記憶っていうのは不思議なものです。

脳っていうのは情報がインプットされると
いろんな格納庫に記憶をしまっとくらしいのですが
刺激されると必要に応じて出してくる。

こうした出来事に記憶はエピソード記憶というらしいのですが
感情をともなうと記憶がしっかり刻まれるそうです。

あの夜はなにかの飲み会の後だった。
タクシーをひろうと良くしゃべる運転士さんと仲間がよくいく
旨いラーメン屋さんの話になりました。

そこに純レバ丼が出てくる。

いやあー旨いんだよ~!純レバ丼!最高だね。

「いやあー」の声が裏返ってしまうほどの恍惚の語りで
私の心は動かされました。
絶対食ってやる!純レバということばも初耳で妙に新鮮に響いたんです。
食いたい欲求と純レバのイメージが結びつきしっかりと脳に格納されていたのです。
それがビビビと錦糸町に反応した。

10年も経っちゃいましたがやっと食べることができました。
純レバ

旨かった。

脳の仕組みを知りたい方は池谷裕二さんの本がいいですよ。
だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法
(2001/12)
池谷 裕二

商品詳細を見る

勉強する勇気がわいてくる。


海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
(2005/06)
池谷 裕二糸井 重里

商品詳細を見る

私はめったに対談ものは読みませんがこの二人の天才の掛け合いは絶品です。

以上





速読の意義とは?

寺田昌嗣氏のセミナーに行ってまいりました。

著書の
フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
(2008/08/01)
寺田 昌嗣

商品詳細を見る

については以前に記事にしました。
なぜ本を読むのか?

このセミナーは速読の技術を学ぶセミナーではありません。
そもそも速読ってなんなんだ?
そしてなんのためにやるのだ?
なんてことを講師の経験に基づいて解き明かしてくれる。

速読に夢をみるな!
速読の本当のところを知ってくれ!

レベルの高い本は速読できませんよ。
できるはずないでしょ。


いきなりズドンとついてくる。

一冊10分を公言する講師もドラッガーの本を読んで
下読みに90分、内容理解に更に数時間を費やしたといいます。
経験知が足りてませんからと、さらっといいます。

こういう言葉がホントためになる。

私もドラッガーの
ドラッカー名著集2 現代の経営[上]ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
(2006/11/10)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る

を「経営の全てがわかる」と言われ、譲り受け、喜び勇んで読んでみた。

私の場合は寺田式フォーカスリーディングではなく、フォ〇リーディング。

内容の意味はわかるが深さがわからない。
記述内容が経験と交差していないので表面的事象しか伝わってこない。
これが経営の要諦の全てだといわれてもピンとこなかった。

講師のように経験をつんだ方でも熟読を要するというのはちょっと嬉しい気がしました。
私も実は講師と同い年なんですが、経験知はまだまだ足りません。

では深い読みができない速読ってのはなんなんだ?

速読はあくまでも技術であり、ツールだといいます。

人生の目的をめざしてどう生きるのか?
どう成長するのか?
を探るためのツールだと。

時間はコストであり、コストをかけずに成果を得る。
つまり時間をかけずに多くの本に接し、広範囲に理解の領域を広げる。
そして深く読むに値するものを見つけるのだと。

目標を持ち、可能性を広げ
現在可能なことと、その未来の可能性との間に横たわるGAPを埋めるプロセスとして
ツールとしての速読を利用せよ!


了解しました!

P.S.

速読技術についてもちょっとした演習がありました。
目を動かすということについて意識する練習。

その演習でいい言葉を教えてくれました。
イチローの言葉だそうです。

普段、何気なくやっていることを意識してやる。

そうすると何事でも理解が深まり進歩してゆくそうです。
たとえば本を読むときの目の動きだとか。

これからはリラックスを意識して本を読もう。
呼吸だとか表情だとか。

寺田氏の言葉に対する感性ってすごい。
知のベースがあるから、ふとした言葉に深く感じる。

以上



ロシアが尊敬する日本とは?

佐藤優氏の公開講座を聴いてまいりました。

三島由紀夫研究会が主催しているのですが「ロシアから吉野へ」という
好奇心をくすぐられる題名でした。

この人の知性はすごい。
圧倒されました。
ロシア、共産主義、キリスト教、久米島、アイヌ、神学、
インテリジェンス、新自由主義、ファシズム、古事記、三島由紀夫...。

多方面への深い洞察と知性を駆使して重層的に日本を語る。
私にはキャパオーバーでちょっとまとめられません。
日本を愛しており、憂いているということはよく伝わりました。

彼は諜報の仕事でロシアにいたのですが
いろんな分野の手ごわい男たちと意見を戦わせる。

その時に日本というものをまず相手にわかってもらう必要がある。
そこで彼は三島由紀夫の小説を持っていったそうです。

三島由紀夫はロシアでも人気があるらしく
ロシア語翻訳本も多く出版されているとのこと。

その中で「憂国」という短編を選んだそうです。花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

日本人は国を憂いて命をも捨てる。
こうした姿がロシア人に畏敬の念を抱かせるというのです。

いまの日本人はチャランポランに見えるけど
実は侮れない芯のとおった民族なのだというのを知らしめるのだそうです。

佐藤さんはこんなことを外交の最前線で考えて実行していたのです。
こんな貴重な人材をつまらないことで失脚させては
国益を失っているに等しいですね。

ただ今は精力的に執筆活動をなさっているわけで
ロシア人相手に日本を語っていたのを
今は当の日本人相手に真の国益を教えてくれているのです。

新自由主義のもと、資本主義が猛威をふるい
社会がばらばらになり
世界ではあらたな帝国主義が頭をもたげ争いをはじめているなか
日本人はあらためて、古代神話を振り返り
同朋意識を強くもって、世界に対峙しなければならないとおっしゃっていました。

この講座を聞く前にお勉強をと思い
これを読んでみました。

国家論―日本社会をどう強化するか (NHKブックス 1100)国家論―日本社会をどう強化するか (NHKブックス 1100)
(2007/12)
佐藤 優

商品詳細を見る


難しいけど深くて面白い本です。
今の世界金融危機なんて、マルクスも見通してた必然の結果なんですね。
そこに国家はどう絡んでくるべきなのか?

おすすめです。

佐藤さんのすごさがわかるのはこの本
自壊する帝国自壊する帝国
(2006/05/30)
佐藤 優

商品詳細を見る


以前こんな記事も書きました。
本音と建前
ソ連時代の複雑な言論事情が面白い。
以上


Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。