Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和魂洋才 ニッポン ちゃちゃちゃ

先日、千夜千冊で有名な松岡正剛氏の「日本という方法」という講演会を聴きました。

とても興味のあるテーマで一度も時計を見ることなく講演終了予定時刻になりました。

じゃあ完璧にものにしたかというとそうでもない。
なじみのない言葉がぼんぼん登場し理解できたとも言えません。

エフェメラル、仮託、数寄、真、行、草、仕切り、仕立て....。

でも不思議なことに没頭できるのです。
これが今流行りのフロー体験でしょうか。
わかりそうでわからない、むずかしオモロの世界。

セミナーの内容についてはこちらの楽屋ブログ「苗代」という方法 松岡正剛さんに完璧にまとめられていますのでこちらをご覧ください。
このブログを書いた人は相当頭がよい。
短い文章に要点が全てつまっています。
松岡氏の編集術をものにしているのかな?

私がこのセミナーで受け取ったメッセージは
グローバリズムの世の中でこそ、日本の古来とってきた手法を
再認識し日本流にアレンジして時代のうねりを淡々とさらりとこなして行こうってことです。

今の日本はそのグローバルスタンダードをそのまま受け入れでしまいそうになって
世の中が崩れそうになっていると。
白か黒か?YesかNoか?善か悪か?
これは一神教の論理です。

これを日本流にアレンジして吸収しなければならないと。

昔はお隣に強大なパワーとして中国が存在し続けていましたが
その文化、文明の大きな波を受けつつも
日本流に受け流し、風土に調和させて吸収し、独自の文化にしてきたのです。

漢字も音だけ頂いて万葉仮名をつくり、
そこから進み古今和歌集では更に真名(漢字)に対して仮名までも作り出し
日本語をつくってしまう。ダブルスタンダードでいいんだと。

(双子のマナカナちゃんのお父さんはこんなことを頭にいれつつ名づけたてたのでしょうか。
ちょっと聞いてみたい。)


さらには中国の壮麗な庭園デザインを輸入し、すいて、ひいて、けずって
枯山水を作り出す。

枯山水って水をなくすことでイマジネーションで水の流れを感じるんですって。
こういうのって言われないと理解できない。
でも日本人ってのは理解できてなくてもそういったものに親和感があって良さを感じる。

以前中国人の友人が京都見物のあと言ってました。
日本の寺は退屈だった。

何もない。色もない。

これがいいのです。イメージするのです。

中国の庭園には滝があったり、いろんな奇石を集めたり、色とりどりで
飽きませんが何かしっくりこない。侘びさびがない。

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義
(2006/12)
松岡 正剛

商品詳細を見る

この本でもこんな例を挙げてます。

見渡せば花ももみじもなかりけり、浦の苫屋の秋の夕暮れ

新古今の藤原定家のこの歌では
何もないのにわざわざ「花ももみじもない」といって
満開の桜や真っ赤な紅葉をイメージさせてしまう。

これはすごいと。
確かにすごい。この日本風の見方を知っただけでもこの本を読んだ価値がある。
ちなみに私38歳です。
17歳で読んでたら今頃、セミナーする側にいたかもしれません。
いとくやし。

私が17歳のころ
アメリカ大統領はレーガンでした。
彼はソ連のことを悪の帝国と呼んでました。

ものすごい違和感を感じました。
こいつはアホかと。
こんな奴でも世界のトップにたてるのかと。

たぶん日本人の誰もがそう思ったでしょう。
二者選択では図れない世界があることを日本人は知っています。

松岡氏はいいます。
あいまいでいいんだと
アンビギュイティにメッセージを込めろと。

正直申して今の私には具体的にどうすればいいのかわかりません。
でもなんだかもうすぐわかってきそうな気がする。

日本をもうちょっと勉強してみます。
この本も読んでみたい。「日本という方法」
講演マインドマップも作ってみました。

意識した点。
イメージを増やした。

改善すべき点。
もっと大きな紙を使う。

img071.jpg

以上


スポンサーサイト

低い声でしゃべる

お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付きお金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
(2004/07/17)
神田 昌典

商品詳細を見る


私、語学の本が好きなんですが
このなんとも気持ちの悪い装丁の本も中身はなかなかのものでした。
先日の記事でこの本を読んだ際の
マインドマップもどきをアップしました。

お金の話は本を読んでいただくとして
私が面白かったのは著者のいう英語が上手になる方法。

専門分野のテープを60分3本聴いてマネしろといいます。
声のトーンも感情も真似して
体を揺さぶってその人になりきれと。

体を揺さぶってっていうのが英語には大事みたい。
からだを揺さぶる英語入門からだを揺さぶる英語入門
(2003/02)
齋藤 孝

商品詳細を見る

こちらの本でも同じ主張をしています。

英語を話す時は立ち上がれ、そして歩けといいます。
そしてでかい声で腹から声だせと。

これを実行してみなきゃいけませんが
なかなかはずかしくてできません。

出来そうなのはこちら
神田本ではこういいます。

ただ単にワンオクターブ声を下げて話せと。

アメリカのセールスの世界では鉄則なんですって
低い声で話すのが。

これはいいかも。

私も昔から疑問に思ってました。
なんで外人は低い声でしゃべるんだろうかと。

でもそれが英語らしく聞こえるんです。
外人もわざとやっているんですね。

高い声だと間抜けです。ベッカムみたいに。

あしたから低い声でかっこつけてやってみます。

以上




ブロークン・イングリッシュ

はじめての課長の教科書はじめての課長の教科書
(2008/02/13)
酒井穣

商品詳細を見る


最近話題のこの本を読んでみました。
「今、読むことを最も課したい一冊」
と帯にもあるこの本は発売当時から気になっていました。

ただこのタイトルの本を買うのはちょっと恥ずかしい。

理由はふたつ。

ひとつは
課長って響きが軽い。それを教科書で勉強するなんて。
読みたいけど、読んでるところを見られたくない。

もうひとつは
私はその課長にすらとどいていないこと。

そんなわけでちょっと遅れましたが
今度著者のセミナーを申し込んだので読んでみました。

なかなかの内容でした。
こうした中間管理職って日本に特有のものだったんですね。

本の本筋のところは他の皆様がいろいろ評価してますでしょうから
スキップして、私が興味を抱いたところをご紹介します。

課長のキャリア戦略(第5章)で英語について触れられています。

私は語学が好きで今も英会話に通ってますが
これからは外国市場を相手にするので英語は必須だと。

でもネイティブ並みになる必要はないと。
なぜなら
世界のビジネス現場で最も話されている言語は
ブロークン・イングリッシュだからです。

これはすごく納得する。
ただこのことを改めて文章で言われてみてやっとはっきり認識した。

確かにそうなんです。
私が仕事で話す相手はほとんどアジア人。
中国、韓国、インド、シンガポール...。
彼らはみんなブロークンイングリッシュの達人です。

私もブロークンはそこそこいけますが
そこから脱皮すべく今年からはじめて英会話個人レッスンに行ってます。

そこではネイティブの元弁護士や元経営者なんかからビジネスでよく使う表現なんかを
教えてもらっています。

でも問題はそうしたフレーズを使ったとき、
相手が理解してもらえるのかという問題があります。

非ネイティブ同士の会話だとかみ合わない時に
どっちの語学力に問題があるのかわからないことが多いのです。

これで吹っ切れた。

ネイティブ表現はいくら学んでもきりがないのでそこそこにします。
これからは文法のAccuracyを目標に英語を磨こう。

それともうひとつこの本で主張してたのは
他の言語はやる必要はないと。

最近中国の発展から中国語を習う人が増えている。
ただ今後10年間で中国は英語ができる人口世界一になるそうなので
わざわざ勉強する必要がないと。

これには中国語学習者として反論があります。

英語が話せるひとが中国に増えても
話せない人が十何億人いますよ。

中国の歴史文化を知るためには中国語は欠かせません。
それを理解なしで表層的なビジネスのみになると
えらい目に会う可能性が大きいですね。
いい悪いは別にして中国は侮れません。

中国にご興味のあるかたはこちらもどうぞ。
中華 状元への道
以上







マインドマップ風

ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) (アスキームック)ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) (アスキームック)
(2008/06/30)
遠竹 智寿子月刊アスキー編集部

商品詳細を見る

札幌出張の帰りに空港で購入。
本を4冊持って行き、帰りには3冊未読で残っていたのですが
朝からずっとしゃべりっぱなしで疲れてしまい、軽いものがよいと思い購入。
【MindMap】「マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本」がかなりキテる件で絶賛されており気になっていました。

これまでも何冊かマインドマップの本を読み
試していましたが何かしっくり来なかったんです。

3月にフォトリーディング講座を受け読書のかたわらマインドマップを書いていまして
4ヶ月で60枚以上書いているのですが何か吹っ切れるものがないのです。

その理由がわかりました。

私が書いていたのはマインドマップでなく
マインドマップ風のものだったのです。

本物ではないってことです。
韓国で和食を食べに行きましょうと誘われ
刺身にコチュジャンと韓国のりで食べたのを思い出します。
これは和食ではない。

では本物のマインドマップと何が違うか?

わたしのは黒一色、雑、イメージなし。
これでは脳が活性化しないそうです。

まずはセントラルイメージでカラフルな絵を描く
そして太い枝をカラフルに
文字もしっかり丁寧に

すると全能が動き出して全ての潜在能力を使い尽くせるんですって。

ということでやってみました。

【使用前】
お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付きお金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
(2004/07/17)
神田 昌典

商品詳細を見る
をフォトリしながら書いたもの。
img070.jpg

ソフトウェアで以前作ったマインドマップ風はこちら
「了」のエッセンス


【使用後】
img069.jpg
ジェラルド・カーティス氏の「日本の政治の行方」と題する講演会をまとめたもの

内容はともかく
イメージの与えるインパクトはかなり強くなりました。

マインドマップを100枚書くと別の世界へワープできるらしいので
とりあえず続けてみましょう。

やっぱりマインドマップ風のものは数にいれちゃだめなんですよね。

以上







立ち向かう楽観主義

先日、子どもたちを連れて小金井公園に行った際、
車の中で岳父と学校教育についての話になりました。

岳父は京都の出身ですが出身高校の堀川高校が今注目を浴びているらしく
急速に実力をアップさせ京大合格率全国トップになっているとのこと。
堀川の奇跡

なんでも当時の名物教育長が大改革を行い大成果を挙げたと。
でその教育長さんはその成績を買われて今は京都市長に当選したとのこと。

でもってその門川大作さんの本を買ってみました。
かくて教育は甦った―市民ぐるみの京都市教育改革の実践かくて教育は甦った―市民ぐるみの京都市教育改革の実践
(2008/05)
門川 大作

商品詳細を見る


昨日小学校の体育館に子どもを遊ばせながら
私は読書。

魅力のある方です。
言葉がいい。

堀川高校を改革するキャッチフレーズ
「すべては君の『知りたい』からはじまる」

知りたいってのがないと頭に入りません。

「人間の能力の差は5倍まで、やる気の差は100倍の結果を出す」
ノートにメモしちゃいました。

この方の好きな言葉
「立ち向かう楽観主義」
私の座右の銘にいただきたい。

教師の改革にはインセンティブを導入し
予算も校長裁量に。

更には地域と家庭、学校が協力しあうコミュニティを活用する。

こんな例を引きます。

ある中学校で長いつめにマニュキュア塗った茶髪ギャルがいまして
反抗的で学校も休みがち。

彼女を体験学習で保育園に連れていった。
いやがる彼女はなんとか髪を黒くすることには同意したそうです。

ただそれでも心配なので教師が付き添っていった。

そして研修スタート
その中学生は子どもたちに近づいていった。

その時保母さんが叫んだ。
「長いつめで子どもたちに近づかないで!」

見ていた教師は青くなり
全ては終わったと思ったそうです。

せっかくやる気になった中学生を否定してしまったと。

でもしばらく固まったあと中学生は言いました。

「つめきり貸してください。」



私、柔軟体操をしながら本を読んでいましたが
このくだりを読んで
不覚にも目が潤んじゃいました。

以上

四次情報

「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))
(1984/01)
立花 隆

商品詳細を見る

先日紹介した日垣氏の本の参考文献として載ってましたので
読んでみました。

立花隆というと以前一世を風靡しましたが
いまはなんかかげ薄いですね。

宇宙からの帰還 (中公文庫)なんかは興味深い本でした。
宇宙人って本当にいるんだなって。

この「知のソフトウェア」は1984年出版の本ですが内容が全然古くない。
ネットのない時代にこれだけ情報処理するのはまさに超人的です。

この本の中でショッキングだったのはこんなところ。

情報の落差について触れた部分でこういいます。

新聞記事なんてものは四次情報だと。

一次情報とは自分で目の前で見ている情報。
二次は見て来た人からとる情報。

現場を見てきた人から取る情報を記者が書いたとき
それを読むならそれは三次情報。

だいたいは三次情報はデスクで編集されているので事実上は
四次情報だと。

もちろん現場に近いほど、つまり次数が上がるほど情報の質は落ちると。

ということは新聞記事や雑誌記事について
書いてあるブログなんかそれは5次情報ってことです。

自分自身で経験したことを書くように努めます。

以上

鉄と温暖化

鉄が地球温暖化を防ぐ鉄が地球温暖化を防ぐ
(2008/06/27)
畠山 重篤

商品詳細を見る


まあこうした本は業界の人しか読まないでしょう。
私も業界人なんですが
先日業界紙に広告記事が載ってました。

鉄鋼会社といえば二酸化炭素輩出量ランキングで上位を独占し
京都議定書関連では悪者扱いです。

そんななか救いともいえる題名で興味を持ちました。

私この本をブックオフで買いました。
2008年6月30日発行の本がどうしてもう古本屋に出てるのか?
早すぎるでしょ。

もちろんすぐ読んで売った人もいるでしょうが
考えられるのはこんな感じ。

この本1238円というのでちょっと安い。
これは業界のPRの一環でしょうからいっぱい刷ってる。
でおそらくいっぱい献本してる。
すぐ売られる。

最近私が疑っているのは出版社から直接ブックオフに流れるのもあるんじゃないかと。
ダイレクトだといろいろ問題あるので
おそらくブローカーを一社間にいれて
例えば誤字のあるものとか。
結構誤字や数字の誤りが発見できることもあります。

まあこんなことは本の内容とは関係ないですね。

内容はというと。

海に鉄があると海藻が繁殖する。二酸化炭素を減らす。温暖化が防げる。

森には鉄分がいっぱいあるそうで
落葉が堆積してバクテリアが分解しプロセスを経て鉄分と
一緒になり海に流れ出ると
植物プランクトンや海藻が繁殖するんですって。

でも開発が進んでコンクリートで護岸工事が行われそれが海に流れなくなる。
すると海が枯れる。

だから鉄を海に撒けば温暖化は解決するんだということです。
でも間違えちゃうと氷河期に戻っちゃうかも。これはもっと怖い。

鉄鋼作るのに発生する二酸化炭素量と海藻が吸収する二酸化炭素量との比較は
でていなかった。

やっぱ神の見えざる手に任せたほうが良いのでは。
宮崎駿映画みたいに自然にしっぺ返しを食います。

著者は「もののけ姫」はたたら製鉄を自然破壊のように描いていたが
実際鉄は海を再生させるので、こうした観点を持つと別も物語が出来たはずだといいます。


以上


裏社会

反転―闇社会の守護神と呼ばれて反転―闇社会の守護神と呼ばれて
(2007/06)
田中 森一

商品詳細を見る


この本は買ってからしばらく積んでありました。
先日大学時代の友人たちと旨い中華をほおばりながら本の話になった際
私以外の二人は既にこの本を読んでいました。
大阪出身の二人はこの本の背景が良く理解できるらしく馴染みやすかったとのこと。

読んでみて
大阪で仕事したくねえなあって思いました。ディープすぎる。
ヤクザ、在日、同和、政治家、警察、検察、金、ゼニ、マネー、なんぼやねん?
興味本位で覗いてみたい気持ちはやまやまですけど
長くいたら嵌ってしまいそうで恐ろしい。

私は中国語と中国の歴史が大好きですが
中国で働きたくありません。
人間関係のしがらみに絡めとられて抜け出せなくなり悪の道に落ちる。
なんてのが容易に想像できるからです。

なんかこの世の中、支配階級はみんなつながっている。
支配されるよりは支配側のほうがいいですけど
これも疲れそうだなあ。

しかしこの著者は他人の悪行を実名でばらしまくって大丈夫なんでしょうか?
しかも超大物の。

たぶん大丈夫なんです。
きっと今回ばらしたことより、ばらしてないことの方が100倍多いから。

なんか圧力かけたら小出しにばらされる。
でもこの田中さんはこの辺の駆け引きうまそうですから。
そんなバカなことはしないんでしょう。

知ってるけどばらさない。
でもいつでもばらせると思わせる。

こわいねえ。

戦後のどさくさからの裏と表のつながりを知るにはこちらもどうぞ。
東京アンダーワールド (角川文庫)東京アンダーワールド (角川文庫)
(2002/04)
ロバート ホワイティング

商品詳細を見る


以上






コンピューター

思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


以前から気になっていたのをやっと読みました。
いつも本屋で手に取るのですが
ぱらぱらめくると、なんか軽そうだなあと躊躇していました。

この方の文章はすごい。
軽いタッチの短い文章に薀蓄がつまってる。
どのエッセイにも広範な知識に裏づけされた表現があふれています。

1983年に出た単行本ですが
コンピュータについてこんな内容の文章があります。

産業革命で工場の仕事が機械に代わった。

機械に仕事を奪われた人間は機械が手を出せない事務所に仕事を見つけた。

この状態が200年続く

コンピュータ登場

この聖域がつぶれる

そこで記憶と再生を重んじた社会から創造的な知性を重んじる社会に変わる。

1983年といえば私中学一年生。
当時読んでも何の興味も沸かなかったでしょうが
そんな昔からこんなこと言われてたとはビックリです。

ITバブルのころ
トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))
(2000/03)
トム ピーターズ

商品詳細を見る

この本を読んで衝撃を受けました。

これから10-15年でホワイトカラーの90%は消えてなくなると。
この本は時代背景もありかなり現実みを帯びており、
ショッキングでした。

じゃあそれから8年今は...。
ううっ。

はやく消されないように知識を蓄えて
クリエイティブなアウトプットができるようにならんと。

以上


Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。