Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役人は仕事を増やすために存在?

上杉隆の40字で答えなさい  ~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」~上杉隆の40字で答えなさい  ~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」~
(2010/09/18)
上杉 隆

商品詳細を見る


今年もっとも旬な人、上杉隆。
ぶれないで、さらりと、ずばりと核心をつく。

問題 7.「官僚」の仕事とは何か?

無意味な仕事を勝手につくり、次にそれを守るために一丸となって、
(予算の)獲得に努めること。


イギリスのパーキンソンの名前も挙げています。

パーキンソンの法則
「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」
"Work expands so as to fill the time available for its completion”
パーキンソンの法則パーキンソンの法則
(1996/11)
C.N.パーキンソン

商品詳細を見る

役人の数をそのままにしていたら
如何にシステム化して効率化したって仕事を増やし続けるんですね。

それだけじゃなく、ほっておいたら人数も増えるとパーキンソンも言っている。

上司は部下に仕事をさせるとき
全ての情報へのアクセスを独占したいため
情報を二つに分けて部下に渡して仕事をさせる。

部下も増えるし、部署も増える。
このように自己増殖を続けるんですって。


問題 33.裁判員制度が始まった理由とは?

仕事が減って予算の獲得が難しくなった法務省が自分たちの仕事を作ろうとしたから。

やっと謎がとけたって爽快感があります。
何のためにそんなことと疑問に思っていました。
どんな答えを聞いてもなんかぴんとこなかった。

すっきりしたとしても税金は垂れ流し。
こまったものです。

役人ってのはどこでも同じです。
権益にしがみつく。

中国では役人汚職が後を絶ちませんが
解決法が一つだけあるといいます。

すべての規制をなくしてしまうこと。

規制があるから許認可権限がある。
権限があるから汚職がはびこる。

極端ですが核心をついている。

以上







スポンサーサイト

特捜検察って必要?

検察の正義 (ちくま新書)検察の正義 (ちくま新書)
(2009/09)
郷原 信郎

商品詳細を見る


最近何かと検察特捜部が話題になる。

小沢に宗男に村木など。

ちょっとかじってみてみたい。
検察本といえばやっぱり郷原さんかなと思い一冊選びました。

なにしろ元検事で検察批判するものだからテレビには出れないってんですから
かなり痛いところをついてるのでしょう。



検察特捜部の存在意義と時代背景の移り変わりとの関わりが興味深い。

まず特捜は政治検察として実績を積んできた。
政治システムの裏で巨利を貪る政治家たち。
巨悪を撃つという正義の味方としての検察。

昭電疑獄、造船疑獄とか教科書にものってる事件とか。

造船疑獄では指揮権発動で捜査中止となり、
正義の検察がさらにクローズアップされたと。

そしてロッキード事件。
元首相を追い詰める。
これがピークだったと。

その後、政治家の贈収賄事件は挙げにくくなったと。

55年体制の安定化により与党が圧倒的に強くなり
国会での質問や採決が形骸化したといいます。
つまり国会議員の職権と金銭授与の関わりを贈収賄と認定することが難しくなったと。

そして検察は別の方向へと進み始める。

一つは経済検察への展開。
経済事犯の摘発です。

ライブドアだったり村上ファンドだったり。

もう一つは政治資金規正法違反の摘発。

昔の巨悪の摘発と比べて摘発しにくい。
便宜はかってお金もらった贈収賄なら点を抑えるだけでOK。
ストーリーも単純見つけやすい。

それが経済事犯になるとそもそも何が悪いのかが見えにくい。
そこで検察がつくるストーリーが重要になってくる。
まずストーリーがあってそこにパーツをはめてゆく。

キーになるのは当事者の自白。
自白を導く割屋の登場です。

自白を取れる奴がヒーローになる。

最初っからきまってるストーリーにはめる自白をさせるんですから
無理が出てきます。

強制自白。
裁判で撤回なんてのもしょっちゅうです。


戦後システムの変わらないまま、変容する社会の無理やり合わせようとするから
ぎしぎし不協和音が生じてます。

ほとんどのケースが組織の自己保身が原因のような気がします。
正義のヒーローが存在するためにはいつも悪者が必要です。
いなくなったら作らないといけない。

出来た頃は存在意義があっても時代とともにいらなくなる。

そんな検察をどうしようかと「検察の在り方検討会議」なるものが作られました。

そこには郷原さんも選ばれています。
これは大きな一歩かも。

でもそれを作った大臣はしょうもない失言で更迭された。
これってもしかして..
裏で大きなものが...



以上












せろん調査はいらない!


最近、世論調査がむかつく。
どうでもいいことで何度もやるな!
しかも新聞の一面で報道するな。

何%だとかダウンだとかアップだとかそんなもんは
聞き方次第でどうにでもなるし、前日の報道だって影響するでしょ。

こうしたことがわかってるくせに
世論調査の数字がさも大事なように報道する。
それってどういうこと?

輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書)輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書)
(2008/09)
佐藤 卓己

商品詳細を見る


そもそも「世論」って言葉の意味があいまいになってしまっているそうです。

昔は二つの言葉があった。「よろん」と「せろん」
輿論と世論と書きます。

福沢諭吉いわく
せろん(世論)は世上の雰囲気
よろん(輿論)は責任ある公論

英語で言ったら
せろん=popular sentiments
よろん=public opinion

それが普通選挙法成立などで政治の大衆化がすすみ
「輿論の世論化」が生じたといいます。

さらに決定打となったのは戦後の「当用漢字表」制定。

GHQは日本語ローマ字化を提唱しましたが
そこまで至らずとも「文化の民主化」を旗印に「当用漢字表」をつくらせた。

そんでもって「輿論」の「輿」の字が消えちゃった。

当用漢字に反対する人は「輿論」と「世論」とでは全く意味が異なるとして
「輿」の字を残そうとしたが結局消えてしまった。

その後、「世論」の「世」を「よ」とも読むように変わっていった。

で意味もぐちゃぐちゃになってしまった。

しかもGHQは民主化というお題目は唱えながら
戦前の軍事プロパガンダの専門家を
戦後輿論研究へと横滑りさせたと。

さらには戦後情報局の面々が戦後広告界を指導したんですって。

GHQおそるべし。

民主化に名を借りた愚民化政策大成功!

以上


検察の正義は時代のけじめ?

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
(2007/10)
佐藤 優

商品詳細を見る


最近話題の検察。

小沢、宗男、村木など話題は盛りだくさん。

民主党代表選挙中も構わず、というか恣意的に権力誇示を続けるこの組織に
ついてあらためて興味が沸いてきました。

積読の奥のほうからこの本を引っ張りだしてきて読んでみました。

やっぱり佐藤優はただモンじゃない。
特捜検事を向こうに回して一歩も引かない。

私講演会場で一度ほんものを見たことがありますが
目が凄い。

あんな人と取調室で何日も二人きりだったら
特捜側が参っちゃいそうです。

実際まいちゃったようです。

この本では担当検事が佐藤氏にかなりのシンパシーを感じで
佐藤氏もそれを認め、お互いが相手を尊敬しつつ渡り合う熱のこもったやりとり
が再現されています。

佐藤氏の凄いところは担当検事の人物を讃えつつ
検察にはびこる思想の恐ろしさを淡々と暴いてしまうところ。

検事さんいわく

「これは国策捜査は『時代のけじめ』をつけるため必要なんです。
時代を転換するために、何か事件を作り出して、それを断罪するのです。」

こんな発言を実名で書いちゃう。

その時代ってのは誰が決めんのか?

時々の一般国民の基準だといいます。

その基準にもとづき法律の適用基準を弾力的に運用して
つまり適用基準を大きくさげて事件をつくり断罪する。

これって恐ろしいことです。
先日鈴木宗男氏が実刑確定の際に言っていましたが
青年将校の正義と同じだと。

正義の基準を勝手に描いておきながら
自分たちは国民全体に支持される絶対正義だと思い込んじゃってる。

寒い。

その正義のためなら事件をつくるのもいとわない。

佐藤氏のみたてによると

「『はじめに事件ありき』ではなく、まず役者を決め、
それからストーリーを作り、そこに個々の役者を押し込んでいきます。」

そして最後に主役のための真っ黒い穴を用意して
ジグソーパズルのようにはめ込むんだといいます。

取調べだってこんな感じ

弁護士さんいわく

「特捜の調書は『早い者勝ち』でいちばん最初に自白した者の話にあわせて
ストーリーを作って、他の供述はそこに押し込みます。」

そうやって正義の守り神として君臨してきたんですね。

それがちょっとほころび始めてますけどね。


ところで佐藤氏が断罪されて時代のけじめってのは
どんな時代の変化だったのか?

佐藤氏いわく

ケインズ型の公平配分の論理からハイエク型の傾斜配分への論理への転換のために行われたと。

公共事業などで中央の金を引っ張って公平配分する政治から
新自由主義への転換。

それが正義だったわけです。
当時は。

そして新自由主義が行過ぎると

ホリエモンや村上ファンドが断罪されるのです。

そして今は?

実際はどうかは別として
旧来型の政治家の代表として小沢一郎が狙われ

一方では新自由主義の権化、木村剛も断罪されるのです。


結局、正義は検察の気分しだい。

法律なんてどこへやら。

今の村木事件における大阪地検だって
検察の正義を担保するためのトカゲの尻尾きりでしょ。

大阪ってとこがみそですね。
中央じゃない。

以上

















旬な男 小沢一郎

いま旬な男といえば小沢さん。

そこで前に読んだ本をざっと再読。
小沢革命政権で日本を救え小沢革命政権で日本を救え
(2010/06/17)
副島 隆彦佐藤 優

商品詳細を見る


副島隆彦氏と佐藤優氏というこわもて二人の刺激的な題名に惹かれて
菅政権誕生直後に購入。

鳩山政権崩壊の真実と帯にあります。

日本を救えるのはアメリカにものを言える小沢さんしかいないとのことですが
菅政権発足直後に反小沢で固められもはやこれまでと思い、
この本の賞味期限も一瞬にして切れてしまったかと感じました。

ところがどっこい
まさかの代表選挙で立候補。

でもって再読してみました。

今読むとすごい。

最近の出来事を予見している。

6月時点では暫時撤退。
9月の代表戦まで雌伏せよと。

小沢一郎の敵はメディアと検察だと。

6月に読んだ当時がわかっていても実感がわきませんでしたが
代表選挙中の今読むとあまりのあからさまの小沢バッシングに怖くなります。

連日テレビでバッシング。
政治と金、政治と金。

新聞も反小沢。
中立なんてどっかに飛んでった。
世論調査ってどんだけ信じられるわけ?

今度は雑誌がお色気スキャンダル報道。

アメリカメディアもバッシング。

検察もあからさま。
この時期に宗男事件を引っ張り出して政治と金に焦点をあて、
村木さんで検察の非もみとめ、逆に誠実さをアピール。

これらのことはすべてこの本に書いてある。

最近日本って単純になりすぎてる気がする。
善か悪か。
そんな簡単なものじゃないでしょ。

その悪をたたく正義の検察はなんでもあり
メディアの正義も錦の御旗のごとく。

気に入らない政治家を引き摺り下ろすならもっと
スマートやってほしい。

陰謀って昔はもっと奥ゆかしいものだったんじゃないの?

だれでもわかるほど攻撃してトラップかけて
単純であほなハリウッド映画のよう。

ここまでやると判官ひいきの日本人は立ち上がるんじゃない?

小沢さんを一番よく知ると思われる人はこの人。
これが真実なんでは?
わが友・小沢一郎わが友・小沢一郎
(2009/08)
平野 貞夫

商品詳細を見る


なぜ誤解されるのかがよくわかります。
平野さんいわく小沢一郎ほどカネにきれいな政治家はいない。


以上










Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。