Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆ミステリー

新世界 (角川文庫)新世界 (角川文庫)
(2006/10)
柳 広司

商品詳細を見る


原爆開発現場におけるミステリー。
開発責任者や原爆落としたリトルボーイのパイロットまで登場。

開発の成果として勝利を勝ち取った終戦パーティの夜、一人の男が殺される。

一発で20万人を殺した原爆開発した現場で
一人の男の死をめぐり繰り広げられるミステリー。
シュールなお話。

一発で世界を変える。

ゼロアワー。
爆発実験で圧倒的に巨大な光を目にして悟る。

「...世界は以前同じではない。」

ここまで無数の実験が行われてきた。
宇宙が爆発してしまうのではないかという恐怖までいだきつつ。
放射線の影響を調べるためには人体実験まで繰り返しながら。

なんのために。

ナチスを倒すために
ユダヤ人を毒ガス室に送り込んだナチスは原爆も開発していた。
ユダヤにゆかりのある科学者はナチスよりも早くと実験を繰り返す。

時にナチスと同じようなことをやりながら。
ただこれは組織の命令、上長の命令、大義のために。

そして開発成功。

1発20万人。
個性なんて無意味。
一瞬の消滅。

著者はオッペンハイマーに語らせる。

「これまでの人類の歴史は、想像力が現実に先立つものだった。
原爆の誕生は人間の想像力を無効にしてしまった。」

神の領域に手出しているような。

こうして誕生した新世界で人々は二度と原爆を落とさなかったけれど
平和利用とかなんとかいって原子力発電を進めていった。
神の火。

そしてこの事態。

何十万人を殺戮する爆弾を開発するってほうが
動機として大義があるような気がする。

原子力発電っていったって所詮、お湯沸かすだけ。
そんな単純なことにするために神の領域まで突っ込まなくてもいいのでは。

以上











スポンサーサイト

布団にくるまりミステリー with fever

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
(2007/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る


二日間、発熱のため家で寝てました。
インフルエンザ陰性ということでとりあえずはほっとしました。

医者の帰り、
寝ながらでも軽く読める本をと思い本屋に。

なんか哀愁の漂うきれいな題名に惹かれこの本を手にしました。

「あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、
必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。」

と背表紙に。

うんこれがいいでしょう。
発熱のときに徹夜は困るけど。

初日は辛くてほとんど進まず。

二日目は途中ロングな昼ねをはさんで一気読み。
夜も家族から部屋で隔離を命令されてましたので
静かに寝ながら。

完全に騙されました。

必ず二度三度読み返すなんて
私ミステリーでしたことありませんけど
こちらはそうしないわけにはいきません。

驚きの結末。

まあ読んでみてください。
私も熱が出てなければ読まなかったでしょう。
普段でしたら、「元私立探偵」なんかが出てきた時点で買いません。

そんな私がお墨付き。

読み終わったらこちらを読むと
著者の頭の良さがわかるかも。

ことばと文化 (岩波新書)ことばと文化 (岩波新書)
(1973/01)
鈴木 孝夫

商品詳細を見る



以上


Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。