Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょーいいことって なあに?

「ねえパパァ!今日学校でチョーいいことあったんだよー!」

と小学校の娘がいいます。

普段は学校の話なんかあまりしてくれません。
こっちが聞いても
「別に」 とか 「フツー」とか なんか訳のわからない返事しか返ってこないのに
目を輝かせていいます。

「どうしたの?」

「来週から怪傑ゾロリが全部図書室に入ったんだよ!」

「来週からじゃなくて今週からでしょ。入ったんだから」

「ちがうの!今はあるんだけど見ちゃいけないの。来週から見ていいの。」

「図書委員が頑張ってくれたんだよ!全冊だよ、全冊! こんなだよ!」
と両手を広げて興奮気味。

今子どもたちの間では怪傑ゾロリが流行っていて
みんなで競って読んでいるようです。

先日もBOOKOFFで二冊買わされました。
本なら何でも買ってやるといったてまえ断れませんでした。

なにかそんなに面白いのかと思い読んでみました。
かいけつゾロリのきょうふのサッカー (ポプラ社の新・小さな童話―かいけつゾロリシリーズ)かいけつゾロリのきょうふのサッカー (ポプラ社の新・小さな童話―かいけつゾロリシリーズ)
(1993/12)
原 ゆたか

商品詳細を見る


まあほとんどマンガです。

時事ネタ、流行ネタ、学校ネタ、下ネタ、駄じゃれ満載。
チョー単純。

うんちの話のところは
「お母さんに見られないように折り曲げてかくそう!」なんて
折り曲げのための点線がはいっていたりします。

子どもたちにはたまらないんでしょう。

ただ過去のものは時の流れには勝てません。
私が読んだのは1993年のもの。
Jリーグ元年。
ミサンガがでてきたり、河童のかっこしたアーシンドなんていうサッカー選手がでてくる。
今の子どもたちはアントラーズのアルシンドなんてまったくわからないでしょう。

まあこんな本ですが
本を読むってことに関心をもってくれたのはなんとなく嬉しい気がします。

以上


スポンサーサイト

なぜだか泪がこぼれる本

先週はベトナム、シンガポールに出張でした。
子どもたちからはお土産を買ってきてくれとせがまれますが
時間もないし、喜びそうなものも見当たらない。

4歳の息子は今、ビールやジュースの王冠とワインのコルクを集めています。
ビー玉や小石なんかといっしょにリュックに入れていつも持ち歩いています。

でもって息子にはシンガポールのビールの王冠と
ベトナムのフランスレストランで飲んだワインのコルクをプレゼント。

8歳の娘には土産がなかったので
代わりに本を買ってあげるからと近所の大型書店に連れていきました。

そこで二人のために買ったのがこちら。

「好きなことはデザインです」といい
いつもノートにお気に入りの髪型やおしゃれな洋服の絵を描いている娘には

えんぴつ1本ではじめる イラスト手習い帖えんぴつ1本ではじめる イラスト手習い帖
(2006/05/17)
兎本 幸子

商品詳細を見る


これはいいです。
きちんとした技法にもとづいたイラストが簡単に書ける。

実は私もイラストに興味がありました。
マインドマップを書く際に絵を描きますがどうもしっくりこないので
ちょっと学んでみたかったのです。

最近オバケが大好きな息子にはこちら。

おじいちゃんがおばけになったわけおじいちゃんがおばけになったわけ
(2005/06)
キム・フォップス オーカソンエヴァ エリクソン

商品詳細を見る


デンマークのベストセラー。

泣きました。汗あせ
本当に泪がでました。
読んでる途中に顔を洗いにいきました。

私は本を読んで泣いたのはこれがはじめてです。
弱ってるかな?

以上

Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。