Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログのお引っ越し

Wordpressに引っ越しました。

最近更新をさぼっていますがぼちぼち再開します。

旧アドレスもやっとこさ1万アクセスとなったところで
新しいアドレスをよろしくお願いします。

↓こちらをクリック

状元への道 汗牛充棟 読書日記
http://zhuangyuan.wordpress.com
以上
スポンサーサイト

1000年忘れられた都市

GWに妻の実家から奈良散策に出かけました。

飛鳥駅を降りると
もうそこですぐに古代ロマンを感じるのです。

なんだろうかこの感覚。
古代人も同じ景色見てたんだろうとおもえる。
新緑の中をただ歩いているだけで朗らかな気持ちになってしまう。

高松塚古墳の壁画を見れば、
そこには間違いなく文化があったと理解でき
中国大陸の影響がみてとれます。
また上を見上げれば同じ星があったことがわかるのです。

でもなんでこんな奥地に都が?
渡来人はなぜここに居を定めたのか?
この本にに答えがあります。

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
(2013/10/03)
竹村 公太郎

商品詳細を見る

この本は人生に大先輩に先日紹介してもらったものです。
著者は元国土交通省のお役人だけあってデータに裏付けのある骨太の内容です。

当時、大阪はまだ湿地帯だった。
大和川を遡ると奈良盆地にあたり、そこにも湿地湖が広がり
船で盆地のどこまでも自由に行き来できたと。

シルクロードを辿ってきた人々が生駒山麓まで船で行けたんですって。
でそこに都を構えた。
シルクロードからダイレクト。
ロマンを感じます。

ではなぜ今も変わらぬ佇まいを残すことができたか?
それは1000年放置されてきたからだと。

あたりの資源を使い尽くし都が維持できなくなり
平安遷都が行われた。
それ以降、奈良は人々の交流軸から外れ、見捨てられたと。
人口激減。

平安以降はシルクロードは淀川をとおって琵琶湖までつながり、
さらには陸路の東海道までつながる。
果ては江戸まで人々が進んで行き、都市が形成されて行くんですって。
ダイナミック。

実家は淀川鵜殿のすぐそばでしたが
早朝に散歩しながらシルクロードからつながる京都を眺めるのもいとおかし。

奈良が再発見されるのは明治に鉄道が引かれるまで待たなければなかったと。
そして1000年の間に木々が再生した。
懐かしく感じるのはそのせいですね。

忘れられてたがゆえに今頃になってもなお古墳が出てきたりするわけです。

でもたまに悪い奴がいて古墳荒らしなんかやってる。
高松塚なんて南面大きな穴が開けられ宝物が取られた。
朱雀の壁画が見事に貫通しているのです。
ストライク!


以上

ノンフィクションもヤバイ

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊
(2012/10/24)
成毛 眞

商品詳細を見る


ノンフィクション書評サイト
HONZが出したお勧め本書評。
書評本でこれほど興奮したことはない。
パラパラめくるつもりで買ったのに、どのページも飛ばし読みできずに読み込んじゃいました。

読みたい本が増えすぎてやばい。
一気に買ったら危険なのでとりあえず備忘録としてチェックしておこう。

「歴史」を動かす―東アジアのなかの日本史「歴史」を動かす―東アジアのなかの日本史
(2011/08/02)
小島 毅

商品詳細を見る


「どこまでが日本で、いつからが日本なのか」

地図から消えた島々: 幻の日本領と南洋探検家たち (歴史文化ライブラリー)地図から消えた島々: 幻の日本領と南洋探検家たち (歴史文化ライブラリー)
(2011/05/20)
長谷川 亮一

商品詳細を見る


題名でももう勝ってる

毛沢東の大飢饉  史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962毛沢東の大飢饉 史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962
(2011/07/23)
フランク・ディケーター

商品詳細を見る


「世界大戦だといって大騒ぎすることはない。せいぜい人が死ぬだけだ。
(中略)人口の半分が生き残れば最善であり、三分の一が生き残れば事前である。」毛沢東

スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質
(2011/11/24)
ジェイ・バーレサン、ペニー・ルクーター 他

商品詳細を見る


世界史を変えた。

ビジュアル 1001の出来事でわかる世界史ビジュアル 1001の出来事でわかる世界史
(2012/02/23)
ダン・オトゥール他

商品詳細を見る


きっと美しい本に違いない。

本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)
(2012/02/29)
青木一郎

商品詳細を見る


こっそり読みたい。

エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)
(2011/07/07)
石井 彰

商品詳細を見る


777円は安すぎると。

大停滞大停滞
(2011/09/22)
タイラー・コーエン

商品詳細を見る


国家繁栄の条件
無償の土地
イノベーション
賢いながらも教育を受けてこなかった子どもたち

エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)
(2012/04/05)
アニー・ジェイコブセン

商品詳細を見る


UFO!
最近聞かないなこの言葉

名画の言い分 (ちくま文庫)名画の言い分 (ちくま文庫)
(2011/06/10)
木村 泰司

商品詳細を見る


うんちくを語りたい

アイ・ウェイウェイは語るアイ・ウェイウェイは語る
(2011/11/02)
アイ・ウェイウェイ、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト 他

商品詳細を見る


このおっさんはマジすごい

パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱パンドラの種 農耕文明が開け放った災いの箱
(2012/01/26)
スペンサー・ウェルズ

商品詳細を見る


農耕は人類にネガティブな影響もあたえた

ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)
(2012/04/14)
山内 一也

商品詳細を見る


働きバチの脳内ウイルス?

寄生虫のはなし わたしたちの近くにいる驚異の生き物たち寄生虫のはなし わたしたちの近くにいる驚異の生き物たち
(2010/12/25)
ユージーン・H・カプラン

商品詳細を見る


世界人口の四分の三は寄生虫に感染

動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド
(2011/12/21)
テンプル・グランディン、キャサリン・ジョンソン 他

商品詳細を見る


「人は抽象化されるほど過激になる」

砂
(2011/07/29)
マイケル・ウェランド

商品詳細を見る


チリの砂丘は「ファ」の音がでる。

友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学
(2011/07)
ロビン ダンバー

商品詳細を見る


中国少子化政策で生まれる3700万人の余剰男性

わたしを宇宙に連れてって―無重力生活への挑戦わたしを宇宙に連れてって―無重力生活への挑戦
(2011/10/26)
メアリー・ローチ

商品詳細を見る


宇宙でうんちはどうやって?


追記を表示

部下は外人と思え!

最近、ジェネレーションギャップのあまりの隔たりにうなりたくなるので
ちょっと学習でもしてみるかといくつか読んでみました。

明日、本の整理を予定しており、ブックオフにいく前に
気になるフレーズをメモっておきます。
ホウレンソウはいらない!―ガラパゴス上司にならないための10の法則ホウレンソウはいらない!―ガラパゴス上司にならないための10の法則
(2011/11/10)
本田 直之

商品詳細を見る


ガラパゴス上司にならないため、ってのがいいですね。
でももうなってるかも。

帯にはこうある。
「何度も同じことで怒るプレイングマネージャーにならないために。」

うまいよね。これで買っちゃった。

でその答えは?

「若手部下は外国人と思え」


人を育てる期待のかけ方人を育てる期待のかけ方
(2011/08/16)
中竹 竜二

商品詳細を見る


「あなたの期待は、部下や子ども、あるいは自分自身の成長や成功を阻んでいるかもしれないのです。」

ドキっ。

部下を育てる「ものの言い方」 ―人を変える組織を変えるリーダー必須の条件部下を育てる「ものの言い方」 ―人を変える組織を変えるリーダー必須の条件
(2011/09/26)
井上 健一郎

商品詳細を見る


追い込み型上司は部下を「なぜなぜ」攻撃する。

本質を追求しようとしたって、問題に直面している部下は、
冷静な思考はできません、ですって。

ご機嫌な職場ご機嫌な職場
(2011/08/26)
酒井穣

商品詳細を見る


「昨日の背伸びは今日の当たり前」

これが組織として身につけば

明天会更好

明日はもっとよくなるかも。

以上



「大不況には本を読む」読了

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
(2009/06)
橋本 治

商品詳細を見る


この読書ブログもすっかりほったらかしてしまい
企業風にいうなら11年度下期は更新していませんでした。

今日は4月1日新年度ということで仕切りなおしといきます。
読み終わった本をいつかブログにアップしなければとおもいつつ
今週はいそがしいから来週になどと先送りで六ヶ月。

いつか載せなきゃ本が机の上に積みあがり、数えてみたら50冊以上。
いつかいつかとおもうゆえにブックオフにも売りにいけない。

ブログをはじめたころは備忘録のつもりで気軽に書いていたのが
続けていくうちになんかまともなことを書かなきゃいけないモードになってしまい
ペースが落ちました。3.11の後は起こったことが重過ぎてさらにモードがヘビーに。

4月からは初心に返り
テキトーに、気になったところや思いついたことつらつら書いていこうと思います。


てなことで本日はこちら。

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
(2009/06)
橋本 治

商品詳細を見る


橋本治の本は20年以上ぶり。桃尻娘以来。

文学者が本と経済を語る。

本が売れない時代といいます。
昔は不況に強いはずがまったくだめ。
活字離れが進んでます。
これいかに?

本は基本的に「過去のこと」を書くものだといいます。
経験したという事実がないとかけないと書けない。

高度成長を経てオイルショックのころまで来ると
日本人は、もう過去のことはわかりきっているから、いいと、
今までのことを振り返らなくなったと。

それまでは過去のやり方を踏襲して
成功のあとをついて目標を追いかけて成功した。

こうして豊かになると、豊かさを謳歌することが第一目的になり
過去を捨てる。
未来に備える経験値としての過去を捨ててしまったと。
そんな人間は壁にぶつかった現在の先にある未来を構想する力なんて持ち得ないと。


いっぽう出版側も「いい本が売れない」と嘆きつつ
「いつの時代の基準」でいい本なのかを考慮しないと。

若者からしたら「他人のうっとうしい過去」かもしれない。
活字離れにはそれなりの理由があるといいます。

こうした状況を理解しつつも
それでもなお、本を読めと著者はいう。

近代150年にいろんな壁にぶつかって今ここまできた。
なんで今こんな閉塞感があるのか?

過去の選択を振り返り、いかにいい加減なルートを通ってきたかという
認識することが重要なんだといいます。


ひとつ、著者がいう選択しなかった道をご紹介。

1985年プラザ合意。
円高の始まり。

輸出で世界を席巻してた日本。
円高で苦しんで、コスト削減、品質改善などで今もまだなんとかやっていますが
2012年の今、いよいよ苦しい。

そこで著者はいいます。
1985年の時点で円高だから輸出はもういいやって
生産調整しちゃう選択もしたらよかったのでは?と。

カネはあったし、品質はいいものは高くても売れただろうし
農業輸入だって押し付けれらないし
工場海外移転もないし
労働力の安い途上国に追いかけらもしないし
資源も足りなくならないし...。

確かにひとつの選択ではある。

過去の延長でがんばろうとしてるから苦しいのかも。


まあ正解なんかわからないから
本を読んで考えましょう。

以上











Appendix

本読みの必須アイテム

本があふれてしょうがない。
どこしまおう? そんなあなたに。
場所を取らずにスリムで
スタイリッシュ
「ロング書棚」

最高のイスでゆったり読書を楽しみたい。



「アーロンチェア」

満員電車は倍速で耳から!

Voice Treck V-51
PCダイレクト接続

カチッと!


アフィリエイト・SEO対策

おすすめ本

ブログ内検索

Extra

プロフィール

zhuangyuan

Author:zhuangyuan
「キーワード」
鉄、中国語、英語、読書三昧、
フォ〇リーダー
一男一女、一嫁,
大和魂を持つ親中派Japan
世界とつながりたい
mixi ニックネーム Zhuangyuan

Welcome!

click please

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogranking

こっちも読んでね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。